中古品
¥ 450
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆表紙に若干の使用感があります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

地方上級・国家一般職[大卒]・市役所上・中級 論文試験 頻出テーマのまとめ方 2017年度 単行本 – 2016/3/4

5つ星のうち 1.9 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,000 ¥ 451
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

論文試験に頻出のテーマの基礎知識と論点をわかりやすく整理。どう考えてどう書けばよいのか、論文のコツを出題例を基に詳しく解説。

内容(「BOOK」データベースより)

最新知識を簡潔に整理・解説。過去の出題をテーマ別に分類。答案の書き方・考え方を提示。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 285ページ
  • 出版社: 実務教育出版; 2017年度版 (2016/3/4)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4788975661
  • ISBN-13: 978-4788975668
  • 発売日: 2016/3/4
  • 梱包サイズ: 21.2 x 14.9 x 1.9 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 1.9 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 183,077位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 1.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
 情報量はほどほどにあり、そこは評価できる。
 ただ、例題の模範解答は知識の羅列のようで、実際の試験で同じ内容が書けるかと言われると、難しい部分がある。特に対応策や政策提言などに関しては内容が薄い。求めていた内容と違うものであった。
 こういった本を購入する際は実際に書店へ足を運ぶのがおすすめ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
早めに買って読み込むべき。文字が小さく、情報量が多い。
参考論文は私にはレベルが高くて、同じようやものは書けないと感じた。「論文の秘伝」という参考書の方が親しみやすく、書き方もわかりやすかった。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本は洋泉社の「公務員試験受かる勉強法落ちる勉強法」におすすめの参考書として紹介されていましたが、実際 公務員試験の論文対策の役には立たないと思います。

何故なら、取り上げられているテーマのほとんどが、批判的な論調で取り上げられているからです。表現の自由が保障されている以上、行政への批判は許されますが、公務員試験に合格する論文としてふさわしいかは別問題です。

また、著者は公務員として働いたことがないどころか行政に関しては全くの素人です。その為、掲載されている模範解答は批判的な割には解決策が抽象的で、いかにも批評しかしない評論家のような文章です。
例として、東京特別区の災害対策について、釜石市の取り組みを特別区でも行えと結論づけるのはかなり乱暴な印象を受けます。また、特別区のワークライフバランスの取り組みを論じるのに、終始ブラック企業を批判した挙げ句、解決策は企業を厳しく罰することだと結論づけるのは、自治体の役割を無視した独りよがりな文章(法律の授権がなければ条例で罰則は制定できない。つまり、特別区が独断でブラック企業を罰することは不可能。)で、もはや論文になっていません。

新聞ダイジェストの「公務員論文頻出テーマ」または、TACの「公務員 論文試験の秘伝 」の方で勉強するのが賢明です。特に、「公務員論文
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
解答の文章が筆者のとても偏った思想が反映されたものが多数あり、多くの人に受け入れられるとは思えない。また、筆者は論文の学者としては有名らしいが、公務員の論文としては素人だと思う
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告