この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

地方を殺すのは誰か 単行本(ソフトカバー) – 2009/1/27

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 232
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

わが国は民主主義国家、法治国家であるはずなのに、現実には封建的、
社会主義的な因習、矛盾に満ちている! たとえば、規制緩和によってバス事業は
参入自由、退出自由になったにもかかわらず、不採算路線を廃止しようとすると
「けしからん」といって怒られてしまう。その結果、公営交通が赤字垂れ流しの一方で、
民間資本のバス会社はイバラの経営を強いられ、破綻に追い込まれている。

そのほかにも、金融庁の「金融検査マニュアル」による貸し剥がし、
郵政民営化によって生まれた「郵便事業」が行おうとしている独占化、
地方だけが割を食う「オープンスカイ政策」など、中央の官僚たちが進める政策によって、
地方の多くの企業が退場を余儀なくされているのがいまの日本である。
本書は、鹿児島で陸運・海運・航空・観光・ホテル・放送など幅広い事業を展開する
気骨の経営者が、理不尽な圧制と闘う現実を描きつつ、地方が繁栄する方策を示した書。

内容(「BOOK」データベースより)

中央集権官僚体制、金融検査マニュアル、民営化、規制緩和、不公正な競争…負け組のレッテルを貼られた地方の企業は座して死を待つのみなのか?既存体制と闘う気骨の経営者が語る、地方の繁栄なくして日本に未来なし。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 263ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2009/1/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569706193
  • ISBN-13: 978-4569706191
  • 発売日: 2009/1/27
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13.2 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 878,374位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(3)

トップカスタマーレビュー

2013年7月14日
形式: 単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年10月24日
形式: 単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年2月16日
形式: 単行本(ソフトカバー)
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告