通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
地政学で読む世界覇権2030 がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 johkaibon
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 安心のAmazon管理センターから迅速発送。全品消毒クリーニング済。第1刷、帯あり。書き込み無し。多少のスレ、小傷があるものの、比較的綺麗で良好な状態です。※新品ではございませんので、商品によっては、読む分には支障のない程度の使用感がある場合がございます。何卒ご了承下さいませ。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

地政学で読む世界覇権2030 単行本 – 2016/1/29

5つ星のうち 3.3 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,592
¥ 2,592 ¥ 1,390

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 地政学で読む世界覇権2030
  • +
  • ドイツ帝国の正体――ユーロ圏最悪の格差社会 (ハヤカワ・ノンフィクション)
総額: ¥4,428
ポイントの合計: 134pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

中国、欧州、ロシアは次々に自滅。
世界は確かに破滅に向かっている。
しかし、アメリカだけがそれを免れる。
気鋭の地政学ストラテジストが、2030年以降の世界地図を読み解く。

ベストセラー『100年予測』著者のジョージ・フリードマンが1996年に設立した影のCIAとも呼ばれる情報機関「ストラトフォー」。
影のCIAとも呼ばれるその機関で、著者はバイス・プレジデントまで上り詰めた。
ウォール・ストリート・ジャーナル、ブルームバーグ、AP、フォーブスなど、多数のメディアが彼の分析に注目している。
『100年予測』やランダース『2052』、英エコノミスト編集部『2050年の世界』、カプラン『地政学の逆襲』、トマス・フリードマン『フラット化する世界』につづく未来予測の新機軸。

●2030年までに、いったんは米国中心主義が薄れる。
●しかしその後、ロシア、欧州、中国は次々に自滅し、アメリカは世界で圧倒的な超大国になる。
●世界各地で紛争が勃発し、アメリカのライバルたちは疲弊する。
●地理的に離れているため、世界で起きる紛争はアメリカに影響しない。
●地形のおかげでアメリカはすでに必要なものをすべて手に入れている。
●アメリカの人口構成が若返り、ふたたびキャッシュを生み出す。

内容(「BOOK」データベースより)

影のCIA「ストラトフォー」元幹部による衝撃の未来予測。中国と欧州は消滅、ロシアは自壊、イランは中東を混乱に陥れる。その時、アメリカは…気鋭の地政学ストラテジストが、2030年以降の世界地図を読み解く。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 496ページ
  • 出版社: 東洋経済新報社 (2016/1/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4492444254
  • ISBN-13: 978-4492444252
  • 発売日: 2016/1/29
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 14.2 x 3.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 165,663位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
タイトルだけを見て買ってしまいましたが損しました。他の方も書いていますが、今更ながらシェールを背景とした米国覇権を主張する、目新しさも内容の深みもない本です。
また、私は国粋主義者でもなんでもないですが、「日本が南京で25万人を殺害した」などと、史実にない(少なくとも議論は別れている)ことを平然と事実かのように書いている点には驚きでした。そういうレベルの人が書いた本だと認識するべきでしょう。
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
アメリカが世界の警察をするブレトンウッズ体制により地政学が無効化されて平和が訪れ、ブレトンウッズ体制が終了する後に世界は地政学が支配する混沌とした世界に戻る、という内容の本です。
現在の平和な時代には地政学が何故に軽視されるようになったのかが理解できます。
そして、将来、アメリカが世界の警察を辞めた後の時代にどれほど地政学が重要になるのかが理解できます。
アメリカの覇権が終わったら混沌とした多極化した世界に移行するという内容の本はいくつも出ていますが、これは同内容を地政学から捉えています。
この本を読み終わって、アメリカが戦後どれだけ偉大なことをしてきたのか理解したら、アメリカを悪者になんてできなくなるかもしれない。アメリカが世界の警察を辞めた後の世界は第二次世界大戦の前に戻ると言っています。
世界のサプライチェーンは分断され、自国の利益は自国の軍隊が守る必要が出てくる。タンカーを守り切るための軍隊を持てる国などそうそうない。たとえば日本や中国は中東の石油を入手できなくなる。
第二次世界大戦以前の帝国主義の復活。自国の利益を守るために植民地を確保し、サプライチェーンを確立する。そのための軍事増強、そして国家間の衝突の激化。中国は世界のサプライチェーンを維持できずに内部崩壊する。日本はアジアに手を出し始める。
アメ
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
本書はアメリカは何もしなくてもその地政学的条件から2030年以降、「偶然の超大国」として現れると予測している。
「何もしなくても」というところがミソである。
本当に実現するかどうかではなく、アメリカの「影のCIA」ストラトフォー(出身者)が「こう予測している」ということが大事である。
なぜなら、この予測に基づいてブレーンたちが政策立案し、それを政治家が良かれ悪しかれ実行に移していくからである(ちなみに、このストラトフォーという組織は、『100年予測』で有名なジョージ・フリードマンが設立した機関であり、出身者には『地政学の逆襲』を書いたカプランなどもいるらしい)。
敷衍すると、アメリカ伝統の引きこもり政策「モンロー主義」が復活するということでもある(この間、言われ続けていることではあるが)。
アメリカが極東地域から手を引いたときに備えて、必要以上に対米従属しつづける日本が「永続敗戦」レジーム(≒奴隷天国?)をいつまで続けるのかを考えるにあたっても一助となる本だろう。
この間の、オバマ外交、とくにシリアに対してはなぜ地上軍を投入しないのかと失政を指摘する声が多かったが、この本のような思考=モンロー主義復活も背景にあるのかもしれない。
ちなみに著者・ゼイハン本人は、ネオリベ、小さい政府支持、環境エネルギー志向と自分の立
...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
シェールガスがあるからアメリカ勝利の方程式完成、他の国のように滅亡には向かわない=アメリカは腕組んでるだけで国は安泰なんだってさ。
すげー。どこの国にも楽観主義者はいるのだった。
この本、米国初版が2014年11月らしい("The Accidental Superpower: The Next Generation of American Preeminence and the Coming Global Disorder")。2014年の真ん中あたりから原油相場は1/3以下に崩れている。著者も書き進めちゃったし、グダグダになりながら米国初版、んでそのまんま邦訳なうって感じなんだろうか。
そりゃ先の話原油の値段が永続的に戻って米帝復活も「あるかもしれん」けど、そういう話って「ないかもしれない」、相場に支配される覇権って。そもそも米国は自国に油田を前から持ってた。シェールでも採算が合わなかったらアウトっていうだけで。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告