通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
地底の魔術王 (少年探偵) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、多少の傷み・小口ヤケがある場合がございますがご容赦くださいませ。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

地底の魔術王 (少年探偵) 単行本 – 2005/2

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 648
¥ 648 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 地底の魔術王 (少年探偵)
  • +
  • 透明怪人 (少年探偵)
  • +
  • 青銅の魔人 (少年探偵)
総額: ¥1,944
ポイントの合計: 60pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

天野勇一君の町に、奇妙なおじさんがひっこしてきた。少年たちの前で、ふしぎな奇術をつかう魔法博士はいった。「わしの住む洋館には『ふしぎの国』があるのだよ。」ある日、洋館をたずねた勇一君と小林少年。ところが、博士のおこなう大魔術の舞台にあがった勇一君が、見物客の目の前ですっかり消えてしまった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

江戸川/乱歩
明治27(1894)年10月21日、三重県名張町(現名張市)に生まれる。本名、平井太郎。早稲田大学在学中から、英米の推理小説を片っぱしから読む。卒業後、貿易会社、古本商、新聞記者などたくさんの職業を経験する。大正12(1923)年に『二銭銅貨』を「新青年」に発表。筆名の江戸川乱歩は、推理小説の始祖エドガー・アラン・ポーから取っている。その後、数多くの推理小説を精力的に書く。昭和11(1936)年「少年倶楽部」の求めに応じて書いた『怪人二十面相』がたいへんな人気を博し『少年探偵団』『妖怪博士』など少年少女に向けた作品を発表する。昭和40(1965)年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 209ページ
  • 出版社: ポプラ社; 文庫版 (2005/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4591084175
  • ISBN-13: 978-4591084175
  • 発売日: 2005/02
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 13.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 167,532位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
昔のは表紙がおどろおどろしくて、家に置いておくのがためらわれたものです。
それにくらべ本書はなんとも格好がいい。
本棚のカラフルな背表紙が多い中、ひときわ存在感を放っています。
気になってつい、手に取ってしまう。
そんなシリーズです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
見事な勝利だったと思ひます。それにしても、大がかりな舞台設定をした犯人には、本当に御疲れ様と言って上げたい。物語の最後近くまで、大風呂敷に色々と場面をつくりながら、詰めの甘さから敗北を喫してしまひ、またしても無に帰してしまったからです。いつものやうに豪華な美術品を公開予告して奪はうといふやうな邪悪さもなく、積年の明智探偵と少年探偵団への凝った仕返しイベントを遂行したかっただけの意図だったのに。魔術と誘拐と恐怖を等分に混ぜた奇術師+猛獣使ひの二十面相が最後に、警視庁に車で直行してしまふ終り方は、ある意味で衝撃的でした。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 投稿日 2010/12/20
形式: 単行本
雑誌連載当初の題名は『虎の牙』といったそうですが,冒頭から,虎の毛風の頭髪・口ひげをたたえた異装の怪人物が登場します。もちろん二十面相の変装ですが,今回は「盗み」は無しです。
その怪人が,小林少年を初めとする少年探偵団と明智小五郎に嫌がらせをするために,手の込んだ仕掛けを存分にくり広げます。

ストーリー自体は単純であり,また手品のタネや作品中に使われているトリックは他作品でも使われており,「使い回し」が目立ちますが,それは大人の目で見たときの話しです。
「手品」「紙芝居」「怪人」「怪屋」「地下の迷宮」などなど,当時の―そして今の少年も―を夢中にさせるアイテムが,これでもかとばかりにちりばめられています。
少年探偵団シリーズの愛読者なら,自分が団員になったつもりでトリックを見破る快感を覚えるに違いないと思うのです。

少年探偵団と明智側vs二十面相の抜きつ抜かれつの対決,未知のトリックに対する期待と既出のトリックを看破する征服感―
少年読者をとりこにしてやまない魅力をたたえた作品の一つであると思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック