通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
地域批評シリーズ25 これでいいのか茨城県 がカートに入りました
+ ¥270 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯付属。●注文確定日から1〜2営業日以内に発送●プチプチ又はフィルム袋にて防水梱包。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

地域批評シリーズ25 これでいいのか茨城県 文庫 – 2018/5/25


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
文庫, 2018/5/25
¥1,012
¥1,012 ¥248

本まとめ買いクーポン
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 地域批評シリーズ25 これでいいのか茨城県
  • +
  • 茨城「地理・地名・地図」の謎  意外と知らない茨城県の歴史を読み解く! (じっぴコンパクト新書)
  • +
  • 地図で楽しむすごい茨城
総額: ¥3,542
ポイントの合計: 43pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

魅力度ランキングで毎年最下位の茨城県。PRが下手なのか、知名度が最下位なのは何が原因なのか県民気質とともに解明していきます。

最近、茨城県というと事あるごとに取り上げられるネタが「都道府県の魅力度ランキング万年最下位」である。
当の県民にしてみれば、半ば慣れっこになっているが、いつもいつもビリだといわれて気分がいいわけもない。

茨城県は本当に魅力が無い県なのだろうか? その答えは間違いなく「否」だ。
何といっても茨城県は「恵み豊かな土地」である。
農業出荷額は北海道に次ぐ全国2位。
県南部には肥沃な関東平野が広がり、米、野菜、果実が豊かに実る。

さらに豊かなのは農産物だけではない。茨城沖は寒流と暖流が交わる好漁場で、海産物は魚種多彩にして質も一級品。
東京はおろか日本の台所を支える国内屈指の農林水産県として、県民もこの点では大きく胸を張っている。

また、もともと弱いといわれていた観光にしろ、観光客入込数では全国のトップ20に入っている。
とくに近年はダメ空港といわれ続けた茨城空港が好調。
さらにインバウンド需要が滅法高く、世界最大の旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」の「外国人の興味関心が高まっているエリア」で全国2位にランクイン。
定番観光地である偕楽園や水郷の他、国営ひたち海浜公園のお花畑は、「死ぬまでに一度見ておきたい絶景」と外国人に大絶賛されているというから驚きである。

さらに茨城県は、都会に近いわりに自然が豊富、家も広め、企業進出が進んでいて雇用の不安が少なく、所得(収入)も高めと、良いとこだらけ。移住者の反応も上々だ。
ただ、それでいて魅力に欠けているというのは、おそらく日本人へのPR不足や、「農業王国」や「訛りの強さ」によって生じる「田舎っぽさ」が抜けないことが要因なのかもしれない。 本書は茨城県の特徴を解説すると共に、県内で発生した(している)さまざまな問題点を取り上げつつ、取材やデータ検証をもとに茨城県の本質を探った。そして茨城県の飛躍を願い、僭越ながら将来への提案もさせていただいた。 県民にすれば、「いじやける」指摘や意見も多々あるだろうが、最後まで是非お付き合い願いたい(※巻頭より抜粋)

内容(「BOOK」データベースより)

47都道府県の魅力度ランキングしている「地域ブランド調査」で、万年最下位の茨城県。もともと水戸黄門と納豆以外にピンと来るイメージがなく、「いばらき」なのに「いばらぎ」と誤って呼ばれたりするなど、知名度は確かに低かった。だが、そんな不名誉な印象とは裏腹に、茨城県は豊かな地域資源を誇る「豊穣の地」である。農業工業の産出額は全国上位。道路、鉄道、空港と各種インフラも整備され、国内外からの観光客も増加中。近年はNHKの人気朝ドラの舞台や人気アニメの聖地になったり、茨城出身の横綱が誕生したりと、明るい話題も振りまいている。にもかかわらず、ずっと最下位のままってどういうことなのよ!?本書は、茨城県各地の問題点や課題にズバッと斬り込み、負のイメージに隠された茨城県の本質をあぶり出すと共に、その進むべき未来を探っていく!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 319ページ
  • 出版社: マイクロマガジン社 (2018/5/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4896377494
  • ISBN-13: 978-4896377491
  • 発売日: 2018/5/25
  • 梱包サイズ: 15 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 323,167位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう