この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

地名論―Genius loci,Tokyo 大型本 – 2000/11


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
大型本
¥ 8,500
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

過去、『東京人』、『都市へ』、『町』、『都の貌』……と、 “都市”にこだわり“都市論”を写真によって表現し続けてきた高梨豊氏が、 今回、「ピーカン、順光、湿度なし」を原則に、 約6年の年月をかけて東京を新たな視点で撮り続けた。 本作品集は、アサヒカメラ誌上にて発表された作品に未発表分を加えて完成した。

『八〇年代、東京の街は大きく変わった。「界隈」はおろか、地上げなどで、 町内までもズタズタになった。一九九四年からはじめたこのシリーズは、 「地名」をたよりに始められた。…… 「界隈」を失った東京を「地名」を軸にとらえようとしたもので、 いわば〈面〉から〈点〉への視点のシフトであり。 空間にかわる時間的なアプローチである。マチを水平に歩くのではなく、 地ベタを垂直に歩行するのである。……』 (著者あとがきより)

内容(「MARC」データベースより)

ピーカン、順光、湿度なし。予感と記憶の古層へ写真家は都市を垂直に歩行する-。「地名」を軸に、「界隈」を失った東京の姿を映し出す写真集。94年以降の写真80点あまりを収録。


登録情報

  • 大型本: 168ページ
  • 出版社: 毎日コミュニケーションズ (2000/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4839904383
  • ISBN-13: 978-4839904388
  • 発売日: 2000/11
  • 梱包サイズ: 28.4 x 21.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 551,875位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう