通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
在特会とは「在日特権を許さない市民の会」の略称です... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 神戸ブック
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 少し擦れ、軽いヨレが見られますが、その他特に大きな損傷などなく概ね良好です。【検品担当者より】中古品の為、できる限りの確認作業を心がけておりますが、もし見逃しがあった場合はご了承下さい。※土日、祝日出荷作業は行っておりません。2営業日以内にゆーメールにて発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

在特会とは「在日特権を許さない市民の会」の略称です ! (SEIRINDO BOOKS) 単行本(ソフトカバー) – 2013/12/24

5つ星のうち 4.3 56件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 263

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 在特会とは「在日特権を許さない市民の会」の略称です ! (SEIRINDO BOOKS)
  • +
  • 大嫌韓時代 (SEIRINDO BOOKS)
  • +
  • 反日韓国人撃退マニュアル (晋遊舎ブラック新書014)
総額: ¥3,694
ポイントの合計: 79pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



レビュー100件以上ストア開設!
レビュー件数が100件以上で、★★★★以上の自己啓発・英語・レシピ本などが探せます。 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

目次
序章 京都朝鮮学校公園不法占拠事件と不当な賠償判決
・朝鮮学校の抗議活動に対して約一二〇〇万円の賠償判決
・裁判の報道から見るメディアの問題点
第1章 時代の必然で誕生した在特会
・日韓翻訳掲示板で韓国人を相手に大論争
・ネットと『マンガ嫌韓流』でタブーが解禁された!?
・既存の保守に対する不満から始まった「行動する保守運動」
・自民党の崩壊と楽観視する保守を憂えて在特会結成
・在特会は何を目指して運動しているのか!?
・日本で暗躍する韓国系・朝鮮系組織の実態
・カルデロン一家に対するメディアの報道姿勢に喝
・伝説となった秋葉原の外国人参政権反対デモ
第2章 反ヘイトスピーチ勢力と戦う在特会
・メディアの印象操作は「ネット右翼」からヘイトスピーチへ
・新大久保デモで新宿警察署は不当拘束
・反ヘイトスピーチ勢力との戦い
・人権擁護法案とヘイトスピーチ規制法案
・問題はヘイトスピーチではなく民族紛争
・『東京大行進』直後に靖国神社放火未遂事件発生
・ヘイトスピーチを上回る「ヘイトクライム」を問題視すべき
第3章 反日激化の韓国に立ち向かう在特会
・日韓基本条約に関する問題とそれを起因とした疑念
・日韓合邦化は断じて植民地政策ではなかった
・日韓基本条約締結時から現在まで続く日本の失政
・ミュージカルを史実にする韓国の国民性
・韓国の反日を助長させる歴史教育
・韓国の根強い差別意識、その歴史背景には何がある!?
・日本に対する横暴がどんどん激化する韓国
・「日米韓」の枠から外れつつある韓国は敵国なのか
・「日米韓」が終焉を迎えた後の極東アジアの情勢は
・反日が止まらない韓国との断交は可能か
・GHQの認罪教育によって左翼が激増した
・中韓の横暴に対して北朝鮮と手を組むのはありなのか
・積年の恨みを果たしたい韓国と弱体化する日本
・韓国の悪い部分を報じないメディアの問題点
最終章 在特会のこれから
・在特会が直面した苦境が生んだ結束力
・運動すると様々な圧力を掛けられるが「心、強くあれ」
・日本を思う若き指導者よ、私の前に出よ!

内容(「BOOK」データベースより)

在特会に関わる人は、私も含め一般の人たちです。しかし今までタブーとされてきた在日問題に斬り込んでいるからヘイトスピーチと言われ反発される。私達は今までの常識をひっくり返そうとしているのです。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 223ページ
  • 出版社: 青林堂 (2013/12/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4792604834
  • ISBN-13: 978-4792604837
  • 発売日: 2013/12/24
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 56件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 349,238位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 アマゾンカスタマー トップ50レビュアー 投稿日 2016/8/9
形式: 単行本(ソフトカバー)
わたしは普通のおばさんですが、今や普通の日本人の一定数が在日コリアンの方の特権に気がつきはじめています。
これは、在日コリアン優遇の逆差別であり、日本人や、在日コリアン以外の人種が、在日コリアンから差別を受けていると言ってもいいでしょう、
その特権とは、実名ではない通名が、公的に許されていること、日本人は、実名でしか口座開設もできないのに。
通名で預金口座を開けること以外に、通名は何回か簡単に変えられること、犯罪をおかしても、朝日新聞では、日本人かと思われる通名でしか報道しないこと、外国人でありながら違憲にあたる日本の生活保護が受けられること、重罪犯でも、半島に強制送還されないこと、韓国籍なのに、韓国の徴兵制をまぬがれていること等・・
在日の方々がこのような特権があることを、もっとオープンにして、その是非を徹底討論することができるようになればいいのですが・・・特権を、隠しておこうとすること自体、税制などの、美味しいうまみがあるということでしょう。
在日特権は、不当だと、最初に声を挙げた著者は、勇気があるひとです。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
これからの日本の行く末を改めて考えるのに役立ちます。
巷で流れる情報の取捨選択を間違えないようにしてほしいです。
本著を読むことで、少しでも現状と未来を憂慮するようになれれば、著者の願いもかなうのではないでしょうか?

マスコミの偏重した報道により、
被害をこうむっているだけでなく、
真実が知らされることがほとんどありません。
くれぐれも誤った歴史認識を持たないように願うばかりです。
日本は世界に誇れる、単民族が同じ土地で暮らした、優れた伝統を持つ素晴らしい国です。日本人としての自信と誇りを取り戻さなければならないと思います。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
在特会の主義主張、行動は知っていた内容なので、
私にとっては特に新鮮なものではなかったです。

驚いたのは、在特会を叩いている日本のマスコミが一度も在特会を取材していないことですね。
叩くという結論ありきでも、最低限、形だけの取材でもしろよと感じました。
仮に取材するまでもない連中だとしても、ジャーナリストとして失格でしょうに。

一方、韓国のマスコミは、日本のマスコミと同じく在特会を叩いてますが、
それでも取材はしています。

韓国のマスコミにも劣る日本のマスコミにはあきれました。

さらに、日本のマスコミの「厄介なことは報道しない」という隠蔽体質が、在特会を生み出したというのは見逃してはならない事実だと思います。

ろくに取材しない、都合の悪いことは報道しないマスコミに存在価値はあるのでしょうか。
1 コメント 580人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
お断りしますが、わたしは右翼ではありません。ふつうの馬の骨の弁護士です。毎日アクセク働いています。
日本人です。で何とも気になるのが、最近の、韓国人・韓国政府の、いわれなき日本国および日本人攻撃。

おもむろに立ち上がったのがこの著者たち。内容は、一つ一つの論点を取り上げて、反論する体裁ですが、わかりやすいのですぐ通読できるでしょう。

在日教師がたくさんいる学校内の書店とかでは、この本は入荷させない・読ませない・みたいな扱いになっています。

「悪韓論」なども同じで、反日の在日教師に、ブロックされています。

この本にはまともなこと(著者がデモの現場で配ってくれるマニュアルとか資料の集大成)が書いてあります。これが在日によって抑圧されている。

この国の表現の自由は、どうなっているのでしょうか?

在日朝鮮人・在日韓国人だけが、事実ねつ造して、日本人に向かってケンカ売って、言いたい放題。
彼らだけに表現の自由・言論の自由が保障されているかのごとき、腐ったマスコミの扱いはおかしいです。

顔写真を出して出版するのは、法廷で原告被告のいさかいを、日常的にみている人間としては、勇気のいることだとわかります。この点だけでも、敬意を表します。
コメント 478人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー