¥ 1,296
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
在日特権と犯罪 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

在日特権と犯罪 単行本(ソフトカバー) – 2016/10/8

5つ星のうち 4.9 48件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 1,200

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 在日特権と犯罪
  • +
  • アメリカ人が語る アメリカが隠しておきたい日本の歴史
総額: ¥2,916
ポイントの合計: 88pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

元刑事・外国人犯罪対策講師が、
未公開警察統計データからその実態を読み解く!

凶悪犯罪から生活保護不正受給まで、
警察内部でさえ明らかにされていなかった
詳細データを一気に公開!

一方的な外国人優遇は日本に何をもたらすのか?

〈目次〉
第一章 国際感覚を取り戻せ
第二章 移民国家日本の歴史
第三章 「犯罪特権」と「嫌韓」
おまけの第四章 日本の今後と外国人

内容(「BOOK」データベースより)

凶悪犯罪から生活保護不正受給まで、警察内部でさえ明らかにされていなかった詳細データを一気に公開!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 229ページ
  • 出版社: 青林堂 (2016/10/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4792605679
  • ISBN-13: 978-4792605674
  • 発売日: 2016/10/8
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 48件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 7,472位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
在特会がこれほど必死になって在日特権の廃止を訴える一方で
なぜ在日側はたいしたものではないと言いながらも、この特権を意地になって手放そうとしないのか
この本を読めばその理由が全て分かります。

特別永住許可をはじめとした在日特権がどのような形で在日犯罪に関わり、日本国内で最も高い
在日コリアンの犯罪率の原因になり、これを廃止しないでいることで日本人がどれだけ危険に
晒されているのかを詳しく解説しており、本当に恐ろしくなってきます。

日本人大学生にリンチを加えて半殺しにしたしばき隊の在日コリアン3人は起訴もされず
未だにデカい顔で日本に住み続けていますが、在日特権の無い他の外国人が加害者であれば
こんな事件を起こせば確実に国外退去処分になっていたはずです。

日本人が安全に暮らせる世の中を実現するために、一人でも多くの人に在日特権の恐ろしさを
理解してもらい、これを廃止するよう世論を盛り上げて行く必要があると思います。
コメント 473人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
ヘイトではなく、事実列挙。
韓国人と結婚する日本人女性には読んでもらいたい一冊。
どういう民族なのかがよくわかる。
コメント 297人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
本書にはマスコミには報道されていない、憂慮される事実が列挙され、通訳を兼ねる現場の捜査官だった著者の危機感が伝わってくる。
数多くの在日重罪犯も強制送還されず、在日コリアンは「通名」という偽名が許されており、朝日新聞などはそれが紙面上、現在にまでまかり通っている。他の外国人の場合、加害者であれば必ず国籍まで紙面に記載されるというのに。
「通名」は公文書、つまり、運転免許証、口座名義、健康保険証などまでに使われ、事実上在日特権として許されている。しかも、通名の変更可能であるゆえ、幾通りも使い分けられる。これだけでも、振り込み詐欺の温床に有利だろう。ここ数年は本名併記の傾向になりつつあるようだが・・・。
また、生活保護の不正受給者の筆頭は、在日コリアンであり、次いで中国人だが、多額に及ぶ国民の血税を食いつぶしている。審査そのものが、在日に甘い現状は由々しきことだ。本来外国人に生活保護が支給される事が、違憲であるにもかかわらず・・・。
さらに問題なのは、在日系企業(パチンコ業界など)の税金逃れの姑息さで、現役の議員を押さえていて改革に踏み込ませない権力の悪用だ。
本書は、正確、綿密なデータを基にしている点で、他の嫌韓本と一線を画しており、その上で今後への提言が記されている点が秀逸だ。
追記・在日の帰化条件のなかには、当然のこと本
...続きを読む ›
1 コメント 380人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 富士と桜 トップ50レビュアー 投稿日 2016/10/14
形式: 単行本(ソフトカバー)
10年前から桜井誠氏が主張し、マスコミがひたすら隠してきた“在日特権”というタイトルで本が出たことは大きい。

保守論客や活動家はかねてから主張していたが、元外国人犯罪捜査官という立場の実務家からこの“在日特権”の真実と詳細が出てきたことは大変意義のあることで、一般人も初めてその存在に気付き、氏の言うように驚きと怒りに燃えるであろう。また日本人の美徳とされる和の精神とか穏便にとかはこの問題には通用しないことを知るべきである。

また自民党代議士の長尾敬氏を通じて「在日」外国人犯罪の検挙状況等が明るみに出てタブーが破られた。「来日」外国人犯罪のデータだけで実態が見えなかった在日の犯罪が明らかになり、本書にその詳細データが乗せられており如何に在日の犯罪率が高いかがわかる。

ネット掲示板でもエビデンスが求められるが、反対派との論争、一般への説明にもこのような根拠があると役に立つ。菅沼光弘氏の著作と並んで有用だ。
広く一般日本人が事実を知ってこの危機的状況に気付いてほしい。
コメント 295人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 waka 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2016/10/12
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
「余命三年時事日記」などで、終戦直後、在日朝鮮民族の一部が「戦勝国民」を名乗って、2000人以上の日本人を殺害して駅前の土地を強奪し、役所に大挙して職員を監禁して脅したり暴行を加えたりして在日特権を得たことや、それらを誤魔化すために、自分らは戦時中に日本に強制連行された被害者だという物語を創作して、当時を知らない日本人に負い目を持たせた、といったことが、徐々に知られるようになった。

そして日本で生まれ育った在日2世や3世までもが帰化しないのは、「在日特権」があるからだということも知られるようになった。
在日朝鮮民族が持ついわゆる「在日特権」には、<在日朝鮮民族固有の「特権」><一般外国人にはない「特別永住者」としての「優遇」><日本人にはありえない外国人としての「メリット」と「裏ワザ」><民族団体の組織力で勝ち取った生活保護手当受給者資格と、その「扶助」>という4つの要素があり、またこれらが複合して、脱法あるいは発見されにくい違法行為を実現可能にする隙間が生まれているという。
・他の外国人が万引き1件で滞在資格更新ができなくなり、強制送還される一方、特別永住者は殺人犯であっても強制送還された者はいない。また滞在資格が世襲制で、資格更新に審査なし。
・複数の通名申請と変更届けで、複数名の保健証が入手可能。
・扶養控除では架
...続きを読む ›
1 コメント 283人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー