新品:
¥880
ポイント: 9pt  (1%)  詳細はこちら
無料配送: 8月5日 木曜日 詳細を見る
最速の配達日: 明日8月 4日, 8AM-12PMの間にお届けします。 購入手続き画面でご都合のよい時間帯を選択してください。
在庫あり。
Kindle版は今すぐお読みいただけます。Audibleなら、オーディオブックで今すぐお聴きいただけます。 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 Amazon.co.jp
販売元 Amazon.co.jp
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
在宅ひとり死のススメ (文春新書 1295) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


在宅ひとり死のススメ (文春新書 1295) 新書 – 2021/1/20

5つ星のうち3.9 383個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
Audible版, 完全版
¥0
Audible会員 - 無料体験
新書
¥880
¥880 ¥435

よく一緒に購入されている商品

  • 在宅ひとり死のススメ (文春新書 1295)
  • +
  • おひとりさまの老後 (文春文庫)
  • +
  • おひとりさまの最期 (朝日文庫)
総額:
当社の価格を見るには、これら商品をカートに追加してください。
ポイントの合計: pt
一緒に購入する商品を選択してください。

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 文藝春秋 (2021/1/20)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2021/1/20
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 新書 ‏ : ‎ 216ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4166612956
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4166612956
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.9 383個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.9
星5つ中の3.9
383 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2021年1月26日に日本でレビュー済み
カスタマー画像
5つ星のうち1.0 騙されてはいけない
ユーザー名: スター、日付: 2021年1月26日
本人が「在宅ひとり死」を望んでも、

保護責任者遺棄致死罪がある。

生きてるうちは、
世話しない=虐待の罪になる。

(本人は何ら義務を負わないのに関係者が一方的に責められる)

法律は、
それを関係者に「許さない」事を忘れてはいけない。

本書の著者は、
腐乱死体になるのは孤独な男性ばかりで、
その点、
女性は友達がいるから平気だなどと、
たかをくくっている。

本当に浅はかな考えで、けしからん。

高齢で耳が悪くなると、
電話やインターホンに気付かなくなる。

居眠りも増え起きれなくなる。

たとえ、
毎日、訪れる人がいても、

「死んでいるかもしれない」と、

騒がれる度に、

弁当の宅配業者、
民生員、
警察、
市の高齢福祉課、
ケースワーカーなど、

安否確認に時間を取られ、

孤独な高齢者をなんとかせねばと、
親族に連絡したり、責任追及。
(税金も無駄)

親族が当日に見に行けない距離の場合、

その町に住む親戚が責任を追及される。

警察が窓ガラスを割って入る度に、
修理代がかさむ。

警察沙汰で、
近所から嫌な目で見られる。

本人が誰の世話にもならないと頑固で、
相カギを誰にも渡さず、

電話とインターホンに出ない度に、

「死んでいるかも」と、
地域が一体となって警察沙汰にする。

繰り返すと、

保護責任者遺棄致死罪になるぞと、
警察から親族に脅しが入る。

たとえ本人も親族もそれで良くても、

民生員も高齢福祉課もケースワーカーも、
そんな高齢者をそのままにすると、

「職務怠慢」のレッテルを貼られる。

だったら山や海で死ねば良いのか?

そうすると、
遺体の第一発見者にトラウマを植え付け、
警察沙汰で時間を無駄にさせる。
(税金も無駄)

ひとりで死ぬのは、
勇気ではなく、独りよがりの逃げです。

死ぬのは、
家族の目が毎日届く家か、
病院か老人ホームにしましょう。
このレビューの画像
カスタマー画像 カスタマー画像
カスタマー画像カスタマー画像
719人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2021年2月7日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
358人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
ベスト1000レビュアー
2021年2月15日に日本でレビュー済み
292人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2021年1月31日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
266人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
ベスト1000レビュアー
2021年1月29日に日本でレビュー済み
249人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2021年2月13日に日本でレビュー済み
148人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2021年2月22日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
86人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2021年2月7日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
51人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告