¥3,850
通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに
Kindle版は今すぐお読みいただけます。Kindle無料アプリがあれば、さまざまなデバイスで読書が可能。 在庫状況について
この商品は、サンワコーポレーションが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。
土地と住宅―関連法・税制・地価の動向解説 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


土地と住宅―関連法・税制・地価の動向解説 (日本語) 単行本 – 2010/7/1


その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本
¥3,850
¥3,850 ¥3,250
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

本書は、土地と住宅それぞれについての関連法をわかりやすく概説した上で、税制や地価、住宅ローン金利などについて解説したものである。不動産取引の専門家にとってはもちろん、これから住宅を新築したり中古住宅の売買を考えているひとにとって必要十分な基礎知識を得ることができる必携書。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

荒木/清三郎
1933年生れ、56年中央大学経済学部卒業。東京都庁に勤務、建築行政・都市開発事業を担当(建設局参事)。再開発プランナー。現在は、(協)街づくり総合研究所客員研究員及びNPO首都圏定期借地借家権推進機構特別調査役として、市街地整備の業務に携わっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません