¥ 1,836
通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
国際金融資本がひた隠しに隠すお金の秘密 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

国際金融資本がひた隠しに隠すお金の秘密 単行本(ソフトカバー) – 2012/5/22

5つ星のうち 4.2 12件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2012/5/22
"もう一度試してください。"
¥ 1,836
¥ 1,836 ¥ 1,657

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 国際金融資本がひた隠しに隠すお金の秘密
  • +
  • マネーの正体
総額: ¥3,888
ポイントの合計: 118pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「私に一国の通貨の発行権と管理権を与えよ。そうすれば、誰が法律を作ろうと、そんなことはどうでも良い」
マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドはこう語った。つまり、お金さえあれば世界支配は実現可能だということだ。これはハッタリでもホラ話でもない。お金にはこの大言壮語を裏付けるだけの重大な「罪」が山ほどある。それこそが、お金を悪用する仕組みを編み出した国際金融資本やごく少数の覚醒者だけが知る「お金の秘密」である

どうして人類は、マネーの奴隷に成り果ててしまったのか! ?
ユダヤ人をはじめとする世界寡頭権力が利子で儲ける銀行業などで本領を発揮するのは「寄生」という共通の本能が共鳴し合うためである。彼らの貪欲さはとどまることを知らない。宿主は懐にお金が入るたびに悦に入るが、それも束の間。経営者なら事業資金、個人は家や車のローンで借金をして、金融機関などの寄生体にお金を吸い取られていく。税金は政府の借金の利払いに充てられ、これまた寄生体に吸い寄せられる。国内の各種寄生体に収まったお金は最終的に国際金融資本や世界寡頭勢力の掌中に収まる。宿主は金の卵を産む養鶏場のニワトリのごとく酷使され、卵を産まなくなれば寄生体に「廃棄処分」されるのだ。

内容(「BOOK」データベースより)

現役金融マンが見つけたマネーシステム=仮想現実世界の恐ろしいカラクリ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 320ページ
  • 出版社: 成甲書房; 初版 (2012/5/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4880862908
  • ISBN-13: 978-4880862903
  • 発売日: 2012/5/22
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 2.5 x 13 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 119,113位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
冒頭からつまんね~w
どっかから切り取って来たような文章の寄せ集めで目新しさゼロ。
この著者、ホントにディーラーか?
結局(つまんないから斜め読みなので見落としたかもだが)「秘密」って利子だけじゃん。
ユダヤが生んだ驚異の手法「サヤ取り」など、あっと驚く秘密に言及してるかと思えば、そうでもない。
当たり前過ぎて、斜め読みすら苦痛だった。
本間裕あたりの認識と比較しても、あまりにお粗末。
お金が信用で成り立ってるのは常識だし(基軸通貨である)米ドルを刷る権利の戦いが血みどろの歴史なのは、それが権力に直結するからでもある。
そんなことは分かった上で、なお「お金の秘密」を知りたい向きには、読むだけ時間の無駄。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
「お金とは何なのか」、このことが読み終えて見事に腑に落ちている。現代人はすっかり馴らされてしまっているのだが、「お金」にまつわりつく様々な「いかがわしさ」に気づかされる。

日本でお金としての基本機能を有する最古のお金は、和同開珎に先立つ「無文銀銭(むもんぎんせん)」であった。銀の塊を細かく分割したもので、価値を記した文言のない秤量貨幣である。この段階では、実質価値と名目価値の乖離はほとんどなく、したがって国家の統制とは関わりなく流通する。次に登場する和同開珎は当初は「銀銭」だった。ところがわずか3ヶ月で和同開珎は「銅」銭となる。「無文銀銭→和同開珎(銀銭)→和同開珎(銅銭)」の変遷において、無文銀銭の実質価値(重量)を1とすれば和同開珎(銀銭)の実質価値(重量)は1/2〜1/3、さらに銅の価値は銀の1/50なので、和同開珎(銅銭)は 実質価値において無文銀銭の1/100〜1/150となっている。にもかかわらず、国家の統制によってその名目価値は等しいとされる。三段階をふむプロセスは、国家が民を「お金のいかがわしさ」に馴れさせるためのプロセスだったのである。国家はこのプロセスを通して、和同開珎(銀銭)の段階では2〜3倍、和同開珎(銅銭)の段階では100〜150倍のシニョレッジ(通貨発行益)を獲得できたことになる。さらに現在の1万円札はといえば、ほぼ1/500である
...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
良本。物質世界に偏り過ぎな現代人と精神と物質のバランスを大切にする古代人。時間を直線的に見るユダヤ、キリスト教、今という時間を見るアフリカの人々、歴史を中心に、幅広い観点からお金について分析がなされて勉強になった。今まで自分がお金について違和感を感じていた部分がなんなのかよくわかった。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ロスチャイルドやそれを中心にした金融史の本を読み漁っていた中でこの本と出会いました!
それまでいろいろな著書によって信用創造や景気循環理論について取り上げられていたけれど、この本のように宗教や時間、エンデの物語など様々な観点から核心に迫るという試みには感嘆するばかりです。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
通貨は公共財に似てさに非ず。私益を目的とする商品の一種に過ぎないことを明確に解明した画期的な著書である。惜しむらくは今後通貨のたどる道を明らかにしていないことだが、
これはこの時点で一旦読者に考えさすべきであるから、本書は(上巻)とすべきであった。下巻はむろん通貨と園独占発行体の今後の命運を語るはずで、われわれはそれを待つのみ。
通貨の人類社会に対する作用の最も重要なるは、財貨と財貨の交換を媒介する触媒作用ならむ。ゆえに、財貨交換の量に応じて触媒の必要量が決まり、財貨交換の必要性と有用性に応じて、通貨量と通貨の賃貸料すなわち金利が決まる。
富は不公平によって生まれて社会に偏在するが、通貨には価値(富)保存機能もあるゆえ富を代替する。欲望に限界なきため、社会に偏在する富は限界なく膨らみ、これ代替をする通貨の量も果てし無く膨らむ。これを可能ならしめたのが信用創造である。問題は、触媒としての有用性からくる必要量をはるかに超える通貨を、富の代替品として信用創造してしまったところにある。
右を要するに、通貨はパチンコの出玉換金用景品と等しいのである。換金用景品は実質価値がほとんどないが、景品がほしいのではなく、それが代替する富がほしくて、人はパチンコをしに行くのである。その景品が次回のパチンコにも使え、周辺商店での買い物にも使えることから、人は直ちに換
...続きを読む ›
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー