中古品:
¥677
お届け日 (配送料: ¥257 ): 5月23日 - 24日 詳細を見る
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 1998年初版 カバー付 比較的きれいな商品です。アマゾン専用在庫です。丁寧な梱包いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


国際法社会学の理論―複雑システムとしての国際関係 (日本語) 単行本 – 1998/12/1


その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥677
¥5,720 ¥620
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

本書は、社会学を社会科学全体の中で位置づけし、社会学が他の社会科学に対してどのような役割を果たしているか、どのような貢献をしているかを明らかにした。法学が他の社会科学とは異なり、社会の実態を象徴するシンボルの科学であることを明らかにし、法社会学を、実態(政治、経済、社会など)とシンボル(文化、理念、法など)との相互作用によって機能する社会についての、インターディシプリナリーな科学として構成した。その際、社会システムおよび法システムをそれぞれ独立のシステムとして、概念構成したうえで、両システムの相互作用を特定した。同じことを国際関係における国際法についても行い、国際法の社会学(Sociology of International Law)という独自の学問を構築した。国内法と国際法の関係として、日本国憲法第9条と国連憲章(特に第7章の集団安全保障システム)の関係をとりあげ、両システムに所属する日本の行動がどのようになるかを考察した。また、国際法と国際政治の関係として、「核兵器使用の違法性」と「核抑止の論理」の関係をとりあげた。

登録情報

  • 出版社 : 東京大学出版会 (1998/12/1)
  • 発売日 : 1998/12/1
  • 言語 : 日本語
  • 単行本 : 285ページ
  • ISBN-10 : 4130311611
  • ISBN-13 : 978-4130311618

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません