この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

国際法を物語る 2 国家の万華鏡 (Gleam Books) 単行本 – 2019/4/1


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2019/4/1
¥ 1,080 ¥ 1,928
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

激しく動揺する世界にあって、国家のあり方も大きく変容している。

問われているのは…
◯「イスラム国」が突きつける「国家」の存在意義
◯グローバル時代の”国境の壁”の意味
◯国際的に確立してきた「自己決定権」と沖縄
◯平和の少女像から考える「在外公館の不可侵」
◯「慰安婦」問題が問う国家責任の取り方
◯国際紛争において国際裁判所は何ができるか?
◯国際法を守らない国に守らせる方法はあるのか?

さて、国際法という器に、何を注ぎ込むべきか。

〈目次〉
1 国家と主権-「イスラム国」の残響
2 領域主権と国境管理
3 自己決定権と沖縄
4 エストニアと強制失踪
5 外国国家を裁けるか-国家免除という桎梏
6 国家管轄権の魔法陣①
7 国家管轄権の魔法陣②-権能から義務へ
8 在外公館の不可侵-「平和の少女像」
9 国家責任のとり方-「慰安婦」問題
10 国際裁判の展開
11 国際法を守らせる仕組み
12 国際法と災害
13 核兵器禁止条約と国際法


登録情報

  • 単行本: 129ページ
  • 出版社: 朝陽会 (2019/4/1)
  • ISBN-10: 490305957X
  • ISBN-13: 978-4903059570
  • 発売日: 2019/4/1
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 434,840位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう