通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【帯有り】使用感やいたみは少しありますが、中古品としては概ね良い状態です。■Amazon専用在庫につきキャンセルはありません。 ■全品簡易クリーニング済み。 ■ビニール包装のうえ毎日発送しています。 ■通常はポスト投函なので、不在でも受け取れます(但し商品の大きさやポストの大きさによって一部例外あり)。 ■付属品がある場合には、その旨を明記しております。説明に無いものは付属しないものとお考えください。 ■シンプル梱包なのでゴミが少なく済みます。 ■Amazonの登録状況によってはカバーデザインが異なる場合があります。 ■不具合がありましたら対応いたしますのでご連絡ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

国際協力師になるために 単行本 – 2007/6

5つ星のうち 4.5 13件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,836
¥ 1,835 ¥ 185

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 国際協力師になるために
  • +
  • 世界と恋するおしごと―国際協力のトビラ
  • +
  • 世界で一番いのちの短い国―シエラレオネの国境なき医師団 (小学館文庫)
総額: ¥4,233
ポイントの合計: 130pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

国際協力を行うための専門知識をもち、生活するのに十分な給
料を組織からもらい、持続的にプロとして国際協力を行う職業人、すなわち
「国際協力師」たちを、一人でも多く育てたいと思い、この本を書いた。

著者からのコメント

 白水社から三作目の出版をしました。これで「本当に意味のあ
る国際協力」について書いた三部作が、「完結」となります。内容もそれにふさ
わしい充実したものとなりました。ただそのため、これまでの書籍群の中でも、
恐らく、最も難しい内容となりました。
 私が創設した団体「宇宙船地球号」は、三つの活動を行っています。1.プロの
国際協力師の養成。2.企業の社会的責任(CSR)の推進。3.賢い消費者の育成。以
上の三つです。いずれも人々を啓発し、世界や社会のために何らかの行動をして
くれる人々を増やす、という活動です。
 このためには、それぞれの活動において、(初心者から中級者、上級者へと進
んでいける)段階が必要ではないか、と考えています。それらは、以下の三つで
す。1.きっかけの提供(わかりやすく、感動させること)。2.最初の一歩(すぐ
にできることの紹介)。3.本当に意味のある行動への、ものの考え方の紹介。
 こうした三つの分野、三つの段階における啓発活動の中で、今回の本は、「プ
ロの国際協力師の養成」という分野の中の、第三段階の「本当に意味のある行
動への、ものの考え方の紹介」に、あたります。このため、最も難しい内容と
なっています。
 よって、国際協力に興味がある人が、まず読む本としては、お勧めいたしませ
ん。そうした方々には、シエラレオネ、アフガニスタン、カンボジアの各写真絵
本をお勧めいたします。また、もうちょっと詳しく知りたい人たちへは、読み
易い文章の書籍である「世界で一番いのちの短い国」や「アフガニスタンに住む
彼女からあなたへ」をお勧めします。そして、それらを既に読んだ人が、「本物
のプロの国際協力師になりたい」と思った時に読む本が、今回の本「国際協力師
になるために」と、前作「世界と恋するおしごと」だということになります。
 ご一読いただければ幸いです。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 254ページ
  • 出版社: 白水社 (2007/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4560031630
  • ISBN-13: 978-4560031636
  • 発売日: 2007/06
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 74,052位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
同じく山本敏晴氏が著者である「世界と恋するおしごと」の次に読んだ。
国際交流で自己満足するのではなく、
国際協力師として実際に社会貢献するには何が必要なのか、
実際にアフリカや中東で医師として国際協力した著者が、
必要な知識・スキル・キャリアプランについて平易な言葉で分かりやすく解説している。

自ら国際協力をしようとする者には、良い教科書となるし、
将来の進路を漠然と考え迷う若者には、
真にグローバルな視点で物事を捉える発奮剤になるだろう。

途上国での海外勤務はちょっと、、という消極派にも、
地球の現実を伝え、その場でできることについてアドバイスしてくれている。

未来の子供たちを思う大人は、この本を読んでみることをお勧めします。
自分の小ささがわかると同時に、視野が広がります。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
読んで、驚いた。
大学を卒業したら、すぐ、青年海外協力隊にいこうと思っていた。
ところが、どうやらそれでは、「自己満足」の国際協力しかできないらしいとわかった。
まずは、どこかの会社に入り、社会人としての常識やマナーを身につけてから
海外に行ったほうが良いらしい。
日本の常識さえ知らず、日本の社会ですら通用しない私が、いきなり海外にいっても、
世界を救う「国際協力」など、できるはずもない。
考えてみれば、当たり前だった。甘かった。
また、教育、医療、法律、経済、環境問題など、なんらかの専門性がないと
途上国にいっても、役に立たないこともわかった。
気持ちだけでは、迷惑になるだけみたいだ。
やはり、大学院などにいくか、会社で技術(スキル)を身に着けてから、
国際協力を始めようと思った。
そのための、具体的な経歴の作り方が、詳しく解説されていた。
本気で、将来の職業として、国際協力を行いたい人にとっては
ガイドブックとも言える本だと思う。
コメント 50人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「国際協力師」という専門性を明示している点でユニークかつ、非常に賛同できる本です。
☆一個減らした理由は、言わば「資格を取る」ことしか書いてないためです。
これは本の感想というよりも、国際協力を目指す人へのメッセージとして書いています。
どんな「士業」でも同じですが、資格を取るのはスタート台に立つことにしかなりません。本書では「プロの仕事はどんなものか」「上位資格にはどれくらいのレベルが求められるか」が明確になっていません。
ところが残念ながら、国際協力には「売上げ」がありませんから「どこまでできる」「何ができる」のが一人前か、どこまで行ったら一流か、という基準が、他の業界に比べると不明確です。誰にとってもそれを明確にするのは容易なことではありません。
その点を自戒しながら進んでいける人には、良いマイルストーンになる本だと思います。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
本書はこれから国際協力の仕事を志す人たちに向けて書かれた「職業としての国際協力」の案内書であるが、
結果として「国際協力とは何か」という大まかな理解を実に生き生きと伝える入門書となっている。

評者はかつて5年ほど国際協力の仕事に携わり、青年海外協力隊の活動現場を訪問したこともある。
そういう経験を踏まえて言うと、本書における青年海外協力隊に関する説明は極めて正確である。
「あぁそういうことだったのね(笑)。」と思い当たることが多々あり、実に裨益するところ大であった。

筆者が生き生きとまとめてくれている「国際協力という仕事の歴史的展開」などは、現場で仕事をしている実務者にこそ有益と思われる。
何より、少しでも国際協力の仕事を知っていると、メチャクチャ面白い本なのだ。
「国際協力という仕事は、こういうことだったのか!」と思うこと請け合い。
現場の実務者にもぜひ読んで欲しい本である。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
世界の舞台で活躍したい!
そんなふうに漠然と考えていたけれど、実際には何をしていいのやら?
国際協力系の本を色々読んで、
自分には到底別世界・・・とへこんでばかりいたけれど、
この本を読むと、自分ができることってたくさんあるし、
世界の舞台で活躍できる可能性も十分ある!!!

と、将来がひらけました!

【本当の国際協力】なところも
書かれているので、
夢見る夢子ちゃんになることもなく、
現実を受け止めることができました。

この本を読むと、
「将来の夢は?」「将来何になりたい?」
という質問に自信を持って答えられるようになります。
あと、自分がなりたいものに対して、
逆算して考えると
『今自分は何をすべきか』が
明確になり、毎日が充実しています。

この本で、人生変わりました!

絶対夢を叶えてやるぞ!!!!!
憧れていた自分になれそうな気がします。

ありがとうございました。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー