この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

国鉄解体―JRは行政改革の手本となるのか? (講談社文庫) 文庫 – 1997/2

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
¥ 616
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

戦後の大事件ともいえる国鉄解体は、どのような道筋を経て決定されたのか?第二次橋本内閣が行政改革を最重要政策課題として取り上げている今、十年目の分割、民営化を検証する。本書は土光臨調発足からJR誕生に至る六年間の政治過程を、一次資料と面接取材をもとに構成し、さらに現在のJRを分析する。

著者について

1947年東京都生まれ。71年慶應義塾大学法学部卒業と同時に松下電器貿易(株)入社。82年東京大学大学院社会学研究科修了、社会学博士。その後、国際大学助手、東京工業大学助教授。現在、慶應義塾大学総合政策学部教授。
(主要著書)『日米オレンジ交渉』『昭和40年5月28日』『大店法 経済規制の構造』(以上日本経済新聞社)『アメリカ議会と日米関係』(中央公論社)『ODA1兆2千億円のゆくえ』『日本の論争』(以上東洋経済新報社)など。


登録情報

  • 文庫: 306ページ
  • 出版社: 講談社 (1997/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062634961
  • ISBN-13: 978-4062634960
  • 発売日: 1997/02
  • 梱包サイズ: 15 x 11 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 688,254位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

2003年11月19日
形式: 文庫
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。台所収納 棚