通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
国連による平和と安全の維持―解説と資料 (第2巻) がカートに入りました
通常配送無料 詳細
中古商品: 良い | 詳細
発売元 T.K. Factory
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 【商品の状態】表紙カバーに経年による若干のスレやヤケがありますが、本文に書き込みや折れ等はなく状態は良好です。【アマゾン配送センターより発送】安心・確実・迅速のAmazon.co.jp配送センターからの発送となります。【返金対応】万が一、商品が不良品の場合、返品・返金対応はAmazonカスタマーサービスがいたしますので安心してご購入いただけます。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

国連による平和と安全の維持―解説と資料 (第2巻) (日本語) 単行本 – 2007/2/1


その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥11,000
¥11,000 ¥3,336
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

出版社からのコメント

1997年以降の国連平和維持活動の資料と解説を収録しました。PKO
に関する重要文書である「平和への課題」「平和への課題の追補」「ブラヒミ報
告」「ハイレベルパネル報告書」「
アナン事務総長報告書」も併せて収録しています。なお、1996年までのPKOは第1
巻をご参照ください。

抜粋

 本書は、 国連による平和と安全の維持の分野の活動
(平和活動)
が冷戦後に活性化したことに注目して、 事例ごとに整理して解説し、
主要な第
一次資料 (国連決議等) の翻訳を行った資料集の第2巻である。 編者が代表
をつとめる国際機構論研究会は、 国連創設以来1996年末までの国連平和維
持活動 (PKO) と国連軍・多国籍軍を解説した資料集 『国連による平和と安全
の維持  解説と資料  』 (国際書院、 2000年) を出版した (以下、 本
書ではそれを 「第1巻」 と表記する)。 これに続き、 本書 (第2巻) は、
1997年から2004年末までの国連による平和活動の展開を、 各地における諸事例
と関連文書の双方にわたり扱っている。
 第1巻で触れたように、 国連は国連憲章前文にいう 「戦争の惨害から将来の
世代を救」 うために設立された平和維持機構であり、 国連の第一の目的は、
「国際の平和及び安全を維持すること」 (国連憲章第1条1項)
である。 し
かし、 冷戦期においては、 本来の活動領域である
「平和と安全の維持」 の分
野が機能麻痺状態となり、
国連憲章には規定されていなかったPKOを展開するこ
とになった。 ところが、
冷戦後の地域紛争の多発とともに安保理が本来の機能
を回復したことに伴い、 軍事的強制措置の発動とPKOとを組み合わせた複合型の
活動、 そして国連平和維持活動の量的拡大、 多機能化の時代を迎えた。 複合
型PKOの活動のピークとなった1994年以降、 1995年から1999年までは小休止
の時代を迎える。 ソマリアでの平和強制型PKOや多国籍軍の活動の失敗後、 ル
ワンダ内戦を典型例として、 PKO派遣に対する加盟国の消極的な姿勢が顕著と
なった。 第1巻では、
PKOが最も多用された1994年を含む1996年までの事例
を網羅した。
 第2巻の扱う1997年以降2004年末までの国連の活動の展開は、
PKOの小休止と
見直しの後、
東ティモール暫定統治機構など、 国連が国家の統治にかかわる移
行支援活動の事例など、 その役割が再び注目される時代となった。 同時に、
国連による平和と安全の維持全般について見直しを行う動きも、 以下に述べる
ように国連において盛んとなった。
 第一の動きは国連PKOの再検討である。 ブトロス・ブトロス=ガリ事務総長の
『平和への課題』 (1992年) およびその 『追補』 (1996年) では、 国連が
国際の平和と安全の維持のために実施しているさまざまな活動を、 「予
防外交」、 「平和創造」、 「平和維持」、 「平和構築」、 「平和強制」 に
分類し、 各分野の境界線が理論的には付された。 このように国際の平和と安全
の維持の諸活動の概念整理が行われたが、 現実の国連PKOは、 「平和維持」 を
主要な任務としつつもその枠を乗り越えて、
「平和創造」 や 「平和構築」、
「平和強制」 を含む場合も生じてきた。
国連PKOの中には、 人道援助の支援や
移行支援活動を行うものもあり、
国連憲章第7章のもとの強制権限さえ与えら
れる場合もある。 その場合、 「平和強制」 と
「平和維持」 という理論的な
境界を分かつことは必ずしも容易ではない。
コフィ・アナン事務総長が設立し
た2000年の国連平和活動検討パネル
(いわゆるブラヒミ委員会) は、 1990
年代の国連PKOの任務の拡大に関連して、
PKOに再検討を加えた。 今日の国
連PKOに対しては、 「平和維持」
に限られた活動を拡大し、 包括的な平和
活動の一プロセスとしての位置づけを与える提案を行った。
 第二は、 2004年12月のハイレベルパネル報告書
(『より安全な世界へ:われ
われの共通した責任』)、
およびそれを受けて提出された2005年3月のコ
フィ・アナン事務総長報告書 (『一層大きな自由の中で すべての発展、 安全
そして人権の実現に向けて』) においてなされた国連改革の動きである。 こ
の動きの背景には、 ルワンダ内戦への国連の遅きに失した関与、 1998年のコソ
ボ紛争に伴う北大西洋条約機構
(NATO) 軍による国連安保理を迂回して行われ
た軍事的強制措置、 同じく国連安保理を事実上回避して行われた米英によるイ
ラク介入があった。 上記二つの報告書において、
国連が平和と安全の維持のた
めの中心的な機構として再起するために、
大規模テロや国家の破綻を含む
今日的な
「新しい脅威」 を再定義し、 それらに効果的に取り組むうえで必要
な機構改革案が提示されたのである。 これらの報告書の中身は、 2006年9月の
世界首脳会議で採択された成果文書に反映されている。 こうした国連の構造に
踏み込んだ改革は、 ブラヒミ報告の諸提案を引き継ぐ側面とともに、 組織改
革、 国連憲章の再検討にもつながる面をもっている。

 このように、 国連の平和活動は、
厳しい現実の前に見直しをせまられなが
ら、 時代の要請に応じて引き続き活動を展開している。
ことに本書 (第2
巻)
が扱う1997年から2004年末までの国連の平和活動は、
伝統的な平和維持
(peacekeeping)
の活動内容と概念を大きく乗り越える形の変化をみせながら
現在も進行中である。
国連の平和活動のこのような展開を理解するためには、
個別具体的な事例を客観的事実に基づいて把握することと同時に、 そうし
た動きの指針や検討を行った平和活動全般にかかわる包括的な国連文書の内容の
理解と分析が不可欠である。
 第2巻は、 第1巻の方式を基本的には踏襲し、 1997年以降の個々の平和
活動の展開について、 第���ぢ部、 第���ぢ部において解説と資料を載せた。 さらに、
第���ぢ部において、 第���ぢ巻では扱わなかった国連の平和活動に関する重要な報告書
の解説とその概要の翻訳も掲載することとした。
 第2巻において、 第���ぢ部と第���ぢ部の構成は、 事例を地域別に分け、 さらに地
域ごとに原則として年代順に事例を取り上げ、 それぞれについて、
第1巻の方
式に従い、 (イ) 短い解説と地図、 (ロ)
関係資料の一覧表、 (ハ)
主要
資料 (国連安保理/総会決議、 事務総長報告書、 関係書簡など) の重要部分
の翻訳を載せる形をとった。 第���ぢ部については、 『平和への課題』 および
『追補』、 ブラヒミ報告書、 ハイレベルパネル報告書、 コフィ・アナン事務
総長報告書といった、 第2巻の活動の展開中に出された重要文書の抄訳も掲載
した。 したがって、 第2巻の内容は、 各地域における個別の事例の解説とと
もに、 国連による平和と安全の維持に関する活動全般に関連する資料の掲載と
解説にも力を入れ、 この分野の全体像を理解できるよう配慮した。
 本書の出版は、 第1巻に7年、 第2巻に8年と過去15年にわたる研究活動を
継続してきた成果でもある。 本書は、 日本学術振興会から平成18年度科学研究
費補助金 「研究成果公開促進費」 の交付を受け、 公刊の運びとなった。 国
連の平和と安全の維持に関心を寄せる学生、 研究者、 実務家への基礎的資料と
しての役割を果たすことができるよう念願している。

平成19年1月10日   
国際機構論研究会   
代表 横 田 洋 三 


登録情報

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません