中古品:
¥ 9,900
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
中古品: 良い | 詳細
発売元 BlackCats
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【中古】商品の状態・付属品○配送中による箱にキズ、ヘコミがある場合もございますので予めご了承ください。 ○中古商品の場合、擦れ・日焼け・多少の汚れ等、経年による劣化ががございます。全ての商品はアマゾンコンディションガイドラインに準じて出品を行っておりますので、事前の状態・仕様のお問合せにはお答えしておりません。詳しくはAmazonマーケットプレイスコンディション・ガイドラインをご確認ください。○こちらの商品はAmazon.co.jp配送センターより発送となります。 お急ぎ便、各種お支払い(代引き等)、受け取り方法(コンビニ受取等)、即日発送全て対応しております。○記載が無い限り、特典や申込券等は原則付属しません事をご了承ください。※外箱・ディスクケースにスリキズ有ります。ディスクに薄キズ有りますが再生に問題有りません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

国盗り物語 DVD-BOX

5つ星のうち 2.7 3件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:7¥ 9,150より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。



登録情報

  • 出演: 北大路欣也, 伊藤英明, 渡部篤郎, 高島礼子, 菊川怜
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 4
  • 販売元: ビクターエンタテインメント
  • 発売日 2005/05/27
  • 時間: 510 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.7 3件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0008EMLIM
  • JAN: 4524106100069
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 121,537位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

「国盗り物語」とは…
年代にして永正14年(1517)から天正10年(1582)までの66年間、時代はまさに下克上―。斎藤道三、織田信長、明智光秀。
「国盗り物語」は、この3人のリーダーたちが天下へ挑戦していく激動の歴史ドラマ。テレビ東京系列にて2005年1月2日に放送。

【あらすじ】
第一部 道三・天下への野望
応仁の乱以後、今日の都は荒廃していた。足利幕府の権威は堕ち、諸国には強豪がひしめき合い、戦国時代に入っていた。そこに、身分もなければ金もない修行僧が「国盗り」を決意し、還俗した。その名は松波庄九郎、のちの斎藤道三である…。

第二部 蝮の道三・虎の信長
道三が美濃を去って、数ヵ月後。尾張の織田信長が木曽川を渡り、美濃に攻め込んできた。優秀な指揮官を欠いた美濃勢は大敗し、多くの領民たちが犠牲となった。みのが道三を必要としていた。その急報を受け、道三は美濃に戻った。美濃勢の士気が高まり、みるみるうつに形勢は逆転し、織田軍は四散した…。

第三部 信長・桶狭間の戦いから天下布武の道
織田軍は義竜郡に阻まれ、道三は討死した。道三の<国盗り>の夢は志半ばで終わった。しかしその夢は、二人の若者に受け継がれていく。娘婿の織田信長と、我が子同然に育ててきた明智光秀である…。

第四部 信長と光秀…宿命の本能寺
すさまじい進撃を続けた織田信長はついに上洛した。クライマックス「本能寺の変」へ。「敵は本能寺!」。天正十年(1582)、光秀は、本能寺で信長を襲う。信長は、妻・濃姫と共にここで最期を迎えた…。

【映像特典】
第一部 PRスポット
第二部 北大路欣也 インタビュー
第三部 伊藤英明 インタビュー
第四部 渡部篤郎 インタビュー

【キャスト】
「斎藤道三」…北大路欣也、「織田信長」…伊藤英明、「明智光秀」…渡部篤郎、「お万阿」…高島礼子、「濃姫」…菊川 怜、
「深芳野」…鈴木杏樹、「お槙」…酒井法子、「小見の方」…遠野凪子、「お玉」…石川梨華、「森蘭丸」…丸山隆平
「木下藤吉郎」…岡田義徳、「徳川家康」…沢村一樹、「足利義昭」…相島一之、「斎藤義竜」…倉田てつを、「明智弥平次」…平山広行、「明智頼高」…小野寺昭、「朝倉義景」…本田博太郎、「織田信秀」…伊吹五郎、「今川義元」…田村亮、「赤兵衛」…平田満、
「耳次」…照英、「土岐政頼」…原田大二郎、「細木藤孝」…杉本哲太、「荒木村重」…竹脇無我、「武田信玄」…中村敦夫、「土岐頼芸」…伊武雅刀

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

2005年正月にテレビ東京開局40周年を記念して放映された豪華キャスト出演による大型時代劇シリーズのDVD-BOX。戦国時代に登場した斎藤道三、明智光秀、織田信長。3人の複雑に絡み合う数奇な運命とその生涯を4部構成で壮大なスケールで描く。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

斉藤道三(北大路欣也)を。(第1話。第2話) 
道三の娘 濃姫(菊川怜)そして その旦那織田信長(伊藤英明)(第3話。第4話)
道三の教えを よく学んだ 明智光秀(渡部篤郎)の物語が展開 される。
物語構成力が 実にすばらしい。国を盗る夢が語られる。 

道三のもつ 不思議なチカラ 運の強さなど、実に楽しい物語だった。
しかし、人生 50年くらいしか生きられない。
国を盗る夢を 次のものに バトンタッチするしかない。
誰に託すのか?それをどこまで見抜くことができるのかである。
道三は エゴマを運ぶ商人が 野盗にあったのを見て、とりかえし、奈良屋に うまく恩を売る。
そして 奈良屋の 女将さんに 取り入るのである。
これがうまい。押してもだめなら引いてみな。
それは 波のように 満ち引きをする。時間をかけて 確実に標的を狙い落とす。
また ビジネスセンスもある。もうけたら 油にかかわる人間からの嫉妬。
それをうまく切り返す。
国盗りを始める。それが 美濃 だった。土岐の 兄弟の争いを うまく使いながら、
美濃の 当主に対して なるべく 努力する。側室のミヨシノをうまく 嫁に とってしまうが。
それが 結果として 道三
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 magic11 VINE メンバー 投稿日 2005/12/15
テレビ東京としては頑張ったのはわかります。しかし、やはりこの原作をドラマ化したNHK戦国大河史上最高傑作と比較され、正月戦国特別番組最高傑作である同じ司馬遼太郎原作の「関ヶ原」と比較されざるを得ない事は不幸です。「大河版・国盗り物語」の主役三人(平幹二郎、高橋英樹、近藤正臣)は各々キャリア最高と言っても良い堂々たる名演で、本編ではかろうじて北大路欣也・道三の晩年部分だけが互角かなと言う感じで、後の2人は完敗です。特に伊藤英明はこの役は荷が重すぎたですね。「海猿」とかでは将来性を感じさせている事だし、いつか時代劇を勉強しなおしてから再挑戦してもらいたい。ドラマとしての重厚感では「関ヶ原」見ちゃったらもうダメ。あれはバブルの頃だからこそ制作できた超豪華版で、端役に至るまで主役級のオンパレード。三船敏郎の、菊千代や三十郎をも凌ぐたぶん人生最高のはまり役・島左近も素晴らしい。あんな超ド級歴史ドラマは、それこそ「NHK開局100年記念」でもなければもはや実現不可能でしょう。「大河版」も「関ヶ原」も見ていなければ、それなりに楽しめるのかも知れませんが・・・
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 剣竜 投稿日 2007/9/24
非常に厳しく言えば原作に漂う戦国の世の緊迫感と烈壯感が皆無ってのがダメ。かつてNHK大河ドラマ版国盗りにはその雰囲気があったように思う。はっきり言って役者達のレベルの差と脚色の差でしょう。あんな声に威圧感のない信長は初めて見たわ。セリフ棒読みやしこんな大根役者も珍しい。光秀のアイツはまあまあやったな。秀吉役のアイツは論外。北大路はあんまり使えん役者やと昔から思ってるんで道三らしさなんか全く皆無。コイツの演技は何やらしても全部一緒。
まあ国盗りに挑戦したテレ東には拍手を送りたいがまずはもう少し配役面からよく考えてほしい。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す