¥ 810
通常配送無料 詳細
残り14点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
国盗り物語〈1〉斎藤道三〈前編〉 (新潮文庫) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

国盗り物語〈1〉斎藤道三〈前編〉 (新潮文庫) 文庫 – 1971/12/2

5つ星のうち 4.7 60件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 106
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 810
¥ 810 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 国盗り物語〈1〉斎藤道三〈前編〉 (新潮文庫)
  • +
  • 国盗り物語〈2〉斎藤道三〈後編〉 (新潮文庫)
  • +
  • 国盗り物語〈第3巻〉織田信長〈前編〉 (新潮文庫)
総額: ¥2,430
ポイントの合計: 75pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

貧しい油売りから美濃国主になった斎藤道三、天才的な知略で天下統一を計った織田信長。新時代を拓く先鋒となった英雄たちの生涯。

内容(「BOOK」データベースより)

世は戦国の初頭。松波庄九郎は妙覚寺で「智恵第一の法蓮房」と呼ばれたが、発心して還俗した。京の油商奈良屋の莫大な身代を乗っ取り、精力的かつ緻密な踏査によって、美濃ノ国を“国盗り”の拠点と定めた!戦国の革命児斎藤道三が、一介の牢人から美濃国守土岐頼芸の腹心として寵遇されるまでの若き日の策謀と活躍を、独自の史観と人間洞察によって描いた壮大な歴史物語の緒編。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 534ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1971/12/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101152047
  • ISBN-13: 978-4101152042
  • 発売日: 1971/12/2
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 11 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 60件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 14,188位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
本作品は一・二巻を斎藤道三編、三・四巻を織田信長編と題し、主人公である斎藤道三、織田信長、明智光秀らの戦国の英雄を中心に激動の時代を描いています。
斎藤道三編では、主人公道三が浮浪の身から豪商、そして美濃国主へと成長していく様子が描かれています。才能と野心に溢れた道三が自分の目指す"国盗り"に向け、政治軍事謀略織り交ぜて突き進む姿は男の生き方として憧れや尊敬の念を感じました。「神も仏も自分の野望の実現のためにある」とまで考える、戦国に生きる男のたくましさが存分に描かれています。
また、道三編後半で織田信秀も登場してからの"美濃の蝮と尾張の虎"の合戦や外交での激しいぶつかり合いも非常におもしろく、読み応えがあります。
そして織田信長編では道三の愛弟子である織田信長と明智光秀が主人公となり、本能寺までの二人の心理描写や時代の移り変わりが克明に描かれます。
信長の超合理的な思想のもとに織田家が天下布武を目指していく中、同じ道三の弟子としてのライバル心、中世的社会理念に対する考え方の違い、人材を道具として使い、不要になったら捨ててしまうという信長の苛烈な性格など、本能寺までの過程が細かく描写され、そして遂に謀反を決意します。。。
この信長編では光秀が中心に描かれているため、読んでいるうちに自然と光秀に
...続きを読む ›
コメント 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
NHKの「江」を見ていて、これまで戦国時代に詳しく触れたことがなかったことに気づきこの本(一〜四)を読んでみました。司馬さんの小説にしても幕末と近代ものしか読んだことがありませんでした。

一、二巻は一介の浪人から美濃(今の岐阜)の国主にまでなった斎藤道三の話、三、四巻は織田信長と明智光秀の話です。しかしきっちり分かれているわけではありません。全四巻を通して、時代的に斎藤道三の活躍〜本能寺の変(その後の明智光秀の死)という内容と捉えたほうがいいでしょう。斎藤道三は信長と光秀の師匠的存在として捉えられていることもあり、道三の影響を受けていたと言う意味で1からではなくゼロから信長や光秀の肖像を理解することができる内容です。

しかしやはり司馬さんの本は面白いです。緻密な取材に基づいた豊富な情報と、誰もが魅力的に思えてしまう人物の描き方、時にはそうだったのか!と思うようなトリビア的なエピソードがこの本にも全部入っています。今回ですと道三の超人的な活力的行動、織田信長の天才的かつ狂的な性格、光秀の能力の高さと小心、それらが目の前に見えるようです。学生さんで歴史を勉強する人は、10回教科書を読むんならこの本を1回読めばよく覚えられるし忘れないんじゃないかと思いますよ。

ちなみにこの「国盗り物語」と「新史太閤記」、「関が原」、「城塞
...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
道三、信長、光秀を中心に戦国の最も面白い部分を抜き出したような作品。
しかし、道三だけでよかった。
三巻以降は蛇足に思える。
主人公は信長、光秀という事で出来事にかんしては、一、二巻をはるかに凌ぐスケールである。しかしそれが小説になると、駆け足駆け足で深みに欠ける。
筆致もなんとなく一、二巻の鮮やかさが無い。
信長ってある意味乾いていたり、極端にいうとマシーンみたいなところがある。存在自体に哲学性や芸術性はあっても娯楽性に欠ける。
司馬遼太郎は信長を描くのが得意じゃない。
それにくらべ道三の章はブリリアント!!
その逸話には作り話も多いだろうけど、その分とにかく娯楽的で面白い。ハラハラもする。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 斎藤道三の物語。斎藤道三の生涯は謎が多いこともあり、本書は「小説性」が高い。1971年の本である。
 松波庄九郎は、もともと日蓮宗の僧侶。学識十分で、鼓も笛も名人で、刀槍弓矢の達人でもある。乞食をしながら出世のチャンスを探す。京都の豪商・奈良屋(油商)の荷駄隊の護衛隊長が殺されたのを知り、その下手人を殺したことで奈良屋とツテをつくる。庄九郎は、なんとなく貴種の雰囲気を演出する。この時代は、血統崇拝が深い。本当は、庄九郎は父の名も知らないのだが、いくばくかの金で松波家の系図に自分を書き足してもらっている。男の男たるゆえんは野望の有無、と考える庄九郎は、緻密に行動しながら、奈良屋の未亡人・お万阿の心に入り込んでいく。お万阿も細腕で店を守っている立場であるため、庄九郎は妥協し、奈良屋に入婿し、商人になる。アイディアマンの庄九郎は商人としても有能。
 庄九郎のおかげで奈良屋は大繁盛する。とはいえ、大山崎八幡宮が油の専売権を握っており、奈良屋はその専売権からライセンスを受けている立場。八幡宮の神人に嫉妬されて襲撃され、奈良屋は崩壊。庄九郎はうまく立ち回り、山崎屋を立ち上げ、あらためてライセンスを受ける。こうして、庄九郎は婿ではなく新生・山崎屋の主人となる。
 足利幕府は徳政を連発する。実質は官製の借金踏み倒しであり、足利家の家計を救うためのもの。庄九郎は腹が立
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー