通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
国盗り物語〈第3巻〉織田信長〈前編〉 (新潮文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: きれいな国内正規品です、アマゾンから出荷されます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

国盗り物語〈第3巻〉織田信長〈前編〉 (新潮文庫) 文庫 – 1971/12/22

5つ星のうち 4.3 26件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 810
¥ 810 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 国盗り物語〈第3巻〉織田信長〈前編〉 (新潮文庫)
  • +
  • 国盗り物語〈第4巻〉織田信長〈後編〉 (新潮文庫)
  • +
  • 国盗り物語〈2〉斎藤道三〈後編〉 (新潮文庫)
総額: ¥2,635
ポイントの合計: 81pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

貧しい油売りから美濃国主になった斎藤道三、天才的な知略で天下統一を計った織田信長。新時代を拓く先鋒となった英雄たちの生涯。

内容(「BOOK」データベースより)

美濃を征服した斉藤道三は義理の子義竜の反乱に倒れたが、自らの天下統一の夢を女婿織田信長に託していた。今川義元を奇襲して鋭鋒を示した信長は、義父道三の仇を打つべく、賢臣木下藤吉郎、竹中半兵衛の智略を得て美濃を攻略した。上洛を志す信長はさらに畿内制覇の準備工作を進めてゆく…。信長の革命的戦術と人間操縦、その強烈な野性を、智将明智光秀を配して描く怒涛編。


登録情報

  • 文庫: 534ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1971/12/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101152063
  • ISBN-13: 978-4101152066
  • 発売日: 1971/12/22
  • 梱包サイズ: 15.2 x 10.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 26件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 8,345位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
国盗り物語(1)(2)が斎藤道三編に対して(3)(4)は織田信長編となっている。織田信長の記述が中心となっているが後半は明智光秀の視点で物語が進む。光秀がどのようなプロセスで本能寺の変に至ったかはいまだ諸説あるが、司馬遼太郎説は自然で説得力がある。

織田信長は人気が高く、後年数多く題材とされているが、資料を基に史実に即した小説として本作を超えるものはまだないのではないだろうか。40年以上前に書かれ、もはや古典といってもおかしくはないが、古さは全く感じない。後年の歴史小説(や大河ドラマ)にも多大な影響を与えたであろう本作は、今読んでも色褪せることなく、むしろ新鮮ですらある。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
陽と陰、幸運と不運、革新と保守、未来と過去・・・。対照的すぎる2人の性格は戦国の嵐の中で思わぬ展開をとげていきます。足利幕府再興を目指し、その尊敬できない人柄を不服としながらも義昭を擁立し名をあげようとする明智光秀。道三に憧れ、美濃を引き継ぎながら、困難な戦の一つ一つを、その強運に導かれ、根気よく精力的に立ち動く織田信長。
信長みたいに自信に溢れ、自らの価値観で破壊と創造をすることができたらどんなに楽しいだろう。その欲の強さや、直情的な行動は子どものように純粋で、どんなに残虐でも憎めない。
一方、過去とのしがらみを裁てない中で、物事の機微を感じ取るあまり悩みまくる光秀はとても人間的で身近。そのもろく弱い部分は誰の心にもあるし、時々励ましに似た気持ちで読んだ。
3-4巻を通じ、クライマックスに向けての布石がそこここにちりばめられ、まるで見てきたかのように自然に納得できる...一体なぜ、それが起きたのか。
教科書では理解できない、人間の心が創り出す「歴史」を体感できます。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 街道を行く #1殿堂トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2002/9/17
形式: 文庫
明智光秀は、長い間主君殺しという汚名に甘んじていました。
しかし、光秀というのは、足利義昭に目をかけられ、信長との取次ぎ役を果たし、信長から信用されて最初に城持ち大名になった武将です。
これまで、あまり正当な評価を与えられていなかったように思います。
司馬遼太郎は、明智光秀という武将を正当に評価し、織田信長と織田軍団の魅力を描きます。
信長に負けないほどの力量を持った光秀が最後に信長を討ちます。司馬史観は、信長は時勢であったと言います。
日本の歴史を一気に近世にまでもたらしたのは織田信長という英雄によるものです。
この革命的な思想家に対し、保守的な武将が明智光秀であったように思います。
こういう視点をもつことで、戦国から天下統一に向かった信長の時代が鮮やかに描き出されています。
本当に、素晴らしい作品です。
後半は信長を描いていますが、前半では、義理の父にあたる斎藤道三を描き戦国という時代を対照的に描いています。
こういう作品にめぐり合えることは、喜び以外の何者でもありません。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 電電虫 投稿日 2014/4/15
形式: 文庫
油商人から美濃へ進出し、次々と名前を変えながらとうとう美濃の国主となった斎藤道三の活躍と最後は息子との戦いに敗れ散っていった武将。
一般文学通算265作品目の感想。1987/05/04
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
斉藤道三が惚れた人物は2人います。1人は尾張の織田信長。もう1人は明智光秀です。道三に愛されたこの2人はご存知の通り、歴史的に有名な「本能寺の変」に最終的には至ります。光秀は、美濃(現在の岐阜県)で、斉藤道三からわが子のように可愛がれ、秀才で、優等生として周りから噂され育ちます。正反対に、信長は、うつけ者として、何を考えているかわからないという周りの評判でした。この2人、共に道三から大変に愛された2人ですが、周りの評判、モノの好みなど、全くと言って正反対です。また、光秀は道三から信長のことを聞いていて、噂だけで嫌な奴だという印象をもっていたようです。(信長は家来にするまで、光秀のことはまったく知りませんでした。)考え方や価値観が正反対の2人が歴史の手に導かれるようにめぐりあい、天下統一の旅に出て、その夢をかなえる寸前で、感情的なもつれによって、夢が夢として終わってしまう。この本は、天下統一という夢へと命をかけた男2人の人生が描かれており、歴史のめぐり合わせという面白さ、また恐ろしさが十分に詰まった物語だと思います。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー