通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
国富論 1 (岩波文庫 白105-1) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆小口に日焼けがあります。カバーに使用感があります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

国富論 1 (岩波文庫 白105-1) 文庫 – 2000/5/16

5つ星のうち 3.6 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫, 2000/5/16
"もう一度試してください。"
¥ 1,166
¥ 1,166 ¥ 25

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 国富論 1 (岩波文庫 白105-1)
  • +
  • 国富論〈2〉 (岩波文庫)
  • +
  • 国富論 (3) (岩波文庫)
総額: ¥3,347
ポイントの合計: 96pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazonランキング大賞 2016上半期】入賞発表!
和書総合は『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』 が堂々の1位。 和書総合ランキングへ

商品の説明

内容紹介

推薦者:吉原 毅氏(城南信用金庫 理事長)
古典を読むと、過去に生きた人々と対話することができます。現代と変わらぬ人の心、先人の優れた知恵、時代を超えた真理に驚かされます。

経済学最初の体系的叙述として、古典中の古典と称せられる不朽の名著。いわゆる「見えざる手」による予定調和的自由放任政策を主張した本書は、その実質において近代市民社会の科学的分析であり、後のあらゆる諸学説はここに源を発する。新訳。

内容(「BOOK」データベースより)

経済学最初の体系的叙述として、古典中の古典と称せられる不朽の名著。いわゆる「見えざる手」による予定調和的自由放任政策を主張した本書は、その実質において近代市民社会の科学的分析であり、後のあらゆる諸学説はここに源を発する。新訳。


登録情報

  • 文庫: 446ページ
  • 出版社: 岩波書店 (2000/5/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4003410513
  • ISBN-13: 978-4003410516
  • 発売日: 2000/5/16
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 37,866位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
単語の意味や構文の意味を日本語に置き換えただけの逐語訳でまるで読めない。
翻訳者は水田洋氏と杉山忠平氏の二名になっているが、杉山氏が訳出してる中に他界してしまったので水田氏に引き継がれた模様。
その際に、杉山氏の訳文が古めかしかったため、ほぼ全文書き換えたとあるので、実質水田氏による単独訳となっている。
水田氏はアダムスミスの研究者としては有名らしく、解説が詳しいかと思ったが、分量の関係で圧縮せざるを得なかったとのことで簡潔なものとなっているのは残念。
訳文は読めないレベルだが水田氏のアダム・スミス (講談社学術文庫)なんかは非常にわかりやすい解説書となっているのでおすすめしたい。
邦訳は他にも中公文庫版大河内訳と、新しく出た日経版山岡訳があるが、
中公文庫版
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 おろしあ 投稿日 2002/10/23
一見原文に忠実な訳で信頼が置けるように見えるが,中公文庫版に比べて難渋なことは否めない。しかも監訳者水田氏と英文学者・別宮貞則氏との間で論争された訳文の適否の箇所については,相変わらず改められていない部分も見られる(訳者の見解と言えばそれまでだが…)。
コメント 69人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
近代経済思想のおおもと、アダム・スミス。経済学はもちろん、政治学、哲学などの分野の人は読んでみるといいでしょう。市場原理や自由競争、また分業のすばらしさ(というか利点)が分かります。本書は一般的に「神の見えざる手」という言葉で有名ですね。ただしこの言葉は(岩波文庫の)二巻などの一部でしか使われていません。

貨幣の流通を見る際の思考の幅が確実に広がります。4巻までは長いですが、がんばってみて損はありません。市場原理や自由競争に疑問が投げかけられているいまだからこそ、またそれらに疑問を投げかける際に内在的批判ができるようになるためにも、読んで損はないと思います。

個人的には、訳が難しかったという印象はありませんでした。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
国富論を「自分の国」「自分の会社」や「自分の家の家計」と比較しながらゆっくりと読ませていただきました。世界にはこんなに深く経済を考えている人がいるという事に驚きを隠せませんでした。市場経済が一体何なのか、競争をする意味等を考えせていただく一歩になりました。私が内容を租借し、非文系の立場で社会にいかに貢献できるか、「無駄な仕事からの早期撤退や競争化における自分の立ち位置」を考え実践できるようになれればなぁと思いました。

※詳細についてはその道の専門家の方のレビューが役に立つと思います
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2000/12/3
アダムスミス国富論といえばだれもがしっている社会科学の古典だと思う。かといって内容がそれほど難解かといえば、それほど難しいわけではない。きちんとひとつひとつを整理して読めば十分理解可能だと思う。また読む価値もあると思う。社会科学の古典にふれる第一歩としてはおすすめです。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック