中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆少し、カバーに使用感があります。少し、小口に使用感があります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

国富消尽―対米隷従の果てに 単行本 – 2005/12

5つ星のうち 4.4 14件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

2005年は、日本の政治、経済、社会を揺るがすようなニュースが連続した激動の年だった。ライブドアによるニッポン放送株大量取得をきっかけとしたホリエモン対フジテレビの攻防、「三角合併」の一年間凍結ならびにM&A防衛策の導入に対する国内外からの逆襲、「郵政民営化」ならびに総選挙での小泉総理の地滑り的勝利……。これらの出来事は一見バラバラに起きた個別の事件のように見えるが、その背後には、ある大きな流れがあるのではないか。
債権国でありながら米国債を買い支え、ドル防衛役を担い続けてきた日本の「マネー敗戦」構造を明らかにした吉川元忠氏。話題作『拒否できない日本』において、『年次改革要望書』という隠微なメカニズムによる米国の日本改造を世に問うた関岡英之氏。その両者が、昨今の「改革」ブームに酔い痴れる日本国民に警鐘を鳴らす。
「国富防衛」「対米自尊」の思想を最期まで説き続けた孤高の碩学・吉川元忠氏の遺作。

内容(「BOOK」データベースより)

時流に阿らず、毀誉を顧みず、信念を曲げず、「国富防衛」「対米自尊」の思想を最後まで説き続けた孤高の碩学・吉川元忠氏の遺作!『マネー敗戦』『拒否できない日本』に続く警世の書。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 299ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2005/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569644686
  • ISBN-13: 978-4569644684
  • 発売日: 2005/12
  • 梱包サイズ: 19.8 x 14 x 2.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 378,456位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ロビン トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2016/8/20
形式: 単行本 Amazonで購入
 日本の政治へのアメリカの内政干渉についてもっと知りたいと思い関連書を当たっている中で本書にたどりついたのですが、ご碩学の先生方に僭越ながら共感する部分が多々あり驚きました。著者の方はお二人とも法学部出身者で、銀行で働かれた経験がおありということで、M&Aやらデリバティブやら貸しはがしやらヘッジファンドやら株式持ち合いやら通貨バスケット制やらBIS規制やらの経済畠の用語が飛び交っていたので、単語の意味を調べながら読み進めました。おかげでかなり勉強になりました。 

目次

第一章 着々と進む日本企業買収の環境整備-2005年M&A狂騒曲の教訓
第二章 外資によるM&Aの新時代-危機に立つ日本的経営
第三章 郵政民営化の真実-狙われる日本の個人金融資産
第四章 深く静かに進む米国の日本改造-司法・医療・教育まで米国化されるのか
第五章 アメリカの対日圧力を振り返る-アメリカ型システムの押しつけはこうして制度化した
第六章 21世紀の日米金融バトル-日本は「マネー敗戦」の構造から抜け出せるか
第七章 日本のポスト・グローバリズム戦略-アングロ・サクソン的価値観への対抗軸を求めて

 まず、堀江貴文氏の日本放送株取得事件の功罪や村上ファンド事件に絡めてM&Aのお話から始
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 recluse VINE メンバー 投稿日 2005/12/24
形式: 単行本 Amazonで購入
なんというタイトルなのでしょうか!誰が、このタイトルを決めたのかわかりませんが、遺作となった吉川氏の切ないまでの憂国の情がこのタイトルにも良く現れているようです。今回は対談という形をとっているためか、非常にわかりやすく、その共著者の論旨が展開されています。コンフリクト・オブ・インテレストの危険性に対する意識なしに選ばれた経済諮問会議のメンバーが政策の大枠を米国の要望どおりに決めていくという自滅的な政策決定のプロセスに陥ってしまった日本に絶望する吉川氏が、最後の最後に達した結論は、アメリカのイデオロギーに対抗しうる”思想”の重要性です。思想こそがゲームのルールつまり戦略と戦術の選定を決定付けます。しかしながらこれこそ日本人が一番苦手とする分野であることは明白です。決して日本人に思想がないというのではありません。しかしながら”思想”を意識的に体系づけ整理しそこからすべての行動を演繹的に長期的な視野の下でデザインしていくことは、日本人が得意とすることではありません。数少ないグランド・デザインの経験も、大東亜戦争での悲劇的な経験に限られるだけです。本書の中の関岡氏の結論も、大東亜共栄圏の色彩を帯びている点は奇妙な符号でもあります。ところで関岡氏がアメリカに一度も行ったことがないというのは小さな驚きでした。
コメント 62人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 昨年末にこの本を読んで感激した。いままで分からないことがはっきりと分かった。衆愚政治の小泉政権下でこれほど率直に日本の国富が外国勢力に荒らされることを書いた本は少数である。

 小泉劇場去ってのちにこの本を読むと背筋がぞくっとする。改革派とは売国派だったのだ。

 私は親米、反中派であったのだが、ここまでアメリカにしゃぶりつくされると日本人としての寛容も限界である。調子に乗るなと言いたい。

 日本人及び日本を愛する外国人はみなこの本を読んで欲しい。
コメント 67人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
喩えようもなく白けた空気の中で郵政民営化が強行されることが決定し、

ついにアメリカ(と、いうよりマンハッタンか?)の

「奴隷州」と成り果てた祖国・日本。

「痛みをともなう構造改革」というカモフラージュのもと

巧妙に粉飾されながら、しかし営々と行われてきた売国行為。

小泉某という雇われピエロと、竹中某という悪辣番頭、

そして目先の利権のことしか頭にない一部の官僚群によって

まやかしのお祭り騒ぎのなかで着々と進められた残忍・狡猾な茶番劇。

アメリカには蹴られ、中国には殴られ

恫喝され収奪され、それでも眼が覚めない。

これでは、さしずめ 以前からいた旧いやくざを追い出して

代わりにもっと悪質な経済ギャングたちを引き入れただけではないか。

真の日本を取り戻したい諸兄、そして何より

まだ「憂国」の心を無くしていない諸兄は

ぜひ、本書と併せて

『拒否できない日本』や『騙すアメリカ 騙される日本』も

お読み頂きたいのです。

星5つでは、まだ足りないくらい。
コメント 81人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー