通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る 単行本(ソフトカバー) – 2012/6/30

5つ星のうち 4.7 9件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る
  • +
  • 売国者たちの末路
  • +
  • 日本の真実
総額: ¥4,860
ポイントの合計: 146pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

2009年8月、上告が棄却され東京拘置所に収監された植草一秀氏は、2カ月にわたる服役生活を終えたのち、10月に出所した。本書は植草氏の裁判(2006年の事件)を傍聴しつづけた貴重な記録から、“国策捜査"の構図を検証し、いかに司法権力が凶器と化すか、読者に警鐘を鳴らす。また、公判記録の分析とともに、副島隆彦氏と植草一秀による対論を収録。日本の権力構造に真っ向から立ち向かう両氏の言論は、司法権力批判にとどまらず、消費税増税、小沢一郎裁判、橋下徹旋風の落とし穴など、いま最もホットな政局分析にまで及ぶ。

内容(「BOOK」データベースより)

この国の“危険な流れ”を語ろう。衝撃の対論ふたたび。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 220ページ
  • 出版社: 祥伝社 (2012/6/30)
  • ISBN-10: 439661425X
  • ISBN-13: 978-4396614256
  • 発売日: 2012/6/30
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 69,666位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
植草氏が無実であるのに逮捕されたのは知っていました。

国策で罪をでっちあげられて警察と検察に攻撃されたのです。

日本の官僚組織の面々は金と権力の亡者になっていて、彼らを飼っている支配者に逆らう者に牙を剥いてきます。

日本の民主主義は無くなってしまい、恐ろしい恐怖政治の国になり果てました。

このままでは一般国民は家畜同然です。

国民は一刻も早くこの真実を知り、眠りから目を覚まして立ち上がらなければならない。

本書の89ページから始まる「橋下徹大阪市長の背後に「あの男」が控えていた」は読みごたえがあります。

日本を誰がどのように支配しようとしているのか、その構造がわかりやすく解説されています。

まだ知らない人には教えてあげましょう。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
この事件は当時ニュースですごく話題であったと記憶しています。メディアの流す通りに受けとめていました。ただ、何でこれほどの人がこんな事を?という疑問は持っていたとは思います。

裁判の内容となぜこのような目に会ったかを副島氏との対談形式で見解が書かれています。大きなストーリーが背後にあり、今の世の中にもすごく関係しているので今後の世の中を考える上でも参考になると思います。(本の内容が事実だとすると)怖いという気持ちとこんな事はあってはならないという2つの感情が湧くと思います。正直、日本国民としては全てがフィクションであってほしいです。

事件の真相は神のみが知るって事かもしれまん。ただ、植草さんの事を自分はなぜ信用しているかというとコンビニで立ち読みした雑誌に日経平均の予測が書かれていてドンピシャで当たっていました。事件と株価予測の信用は関係ないかもしれませんが現に自分はその信用によって今回興味をもちこの本を買いました。死ぬべき人ではなく(自殺しようとしたため)経済予測は鋭く絶対に今の世の中に必要な人だと思ったのでレビュー書きました。
コメント 94人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
高橋博彦氏は「植草一秀・京急事件」の本当の姿を読者に伝えんがために、構成に苦心したことが強く感じられる著作である。一体、裁判記録から真実を探ってゆこうとする書籍は著者が真剣であればあるほど、熱意を込めれば込めるほど詳細を述べねばならない部分が箇所的にも量的にも膨らんでしまうため読者が飽きて欠伸をし始めて結局、内容が上手く伝わらない、または最後まで読み通してもらえない、という本来的な難しさがある。
この欠点を良く知ったうえで、著者はまず裁判上の明らかな矛盾点を徹底的に絞り、またそれぞれの論点ついてこれまた徹底的な刈り込みを行って簡潔にして読む者の注意を逸らさないように努めている。
また植草一秀氏と副島隆彦氏との対談と裁判記録とを交互もってくることによって退屈を感じさせないようにする一方、事件のマクロ的背景説明を対談のほうに任せて裁判部分に過重な役割が課されることを慎重に回避しているように見受けられる。非常に効果的な、そして極めて巧みな構成であると言わざるを得ない。またこのような構成によって伝えたい概念が中断されて曖昧になってしまうことは一切なく、却って心地よく最後まで読了することが出来るのは有難い。

高橋氏が絞った第一の点は証人T氏の立ち位置を前方とする第一の計画が途中で変更されてほぼ真横とする第二の計画に沿って証言をしなければいけなくなった
...続きを読む ›
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
本書は、副島隆彦氏と植草一秀氏による対談部分と、高橋博彦氏(ブログ「神州の泉」の開設者である)によるいわゆる「京急事件」についての真相解明部分に分かれている。
高橋氏による「京急事件」の真相解明部分の方に多くの頁が割かれている。

評者自身は、植草氏が巻き込まれた「品川事件」(「品川事件」が捏造であることについては、植草氏の他書で述べられているため、本書では触れられていない)については早くから冤罪であると考えていたが、「京急事件」については、被害者や目撃者がいる以上、冤罪なのかどうか今一つ確信が持てなかった。
しかし本書を読んで、「京急事件」も国家権力により捏造された冤罪であることを確信した。
一言で言うと、関係者が皆「グル」だったということだ。

「京急事件」の全ての公判を傍聴し、検察側の主張の矛盾点を暴き出した高橋氏の努力には頭が下がる。

また、植草氏のような超一流の経済学者が国策調査の犠牲になり、対米隷属勢力が国民を犠牲にしているこの国は、現在たいへん不幸な状況にある。副島氏や植草氏の言論に一人でも多くの国民が賛同することを願わざるを得ない。
コメント 113人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー