中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて 単行本 – 2005/3/26

5つ星のうち 4.5 250件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,711 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 810 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

メディア掲載レビューほか

国家の罠
 著者はロシア外交のプロとして鳴らした外交官であったが、2002年、いわゆる「鈴木宗男事件」で背任と偽計業務妨害の容疑により逮捕された。512日間に及ぶ拘置、独房生活の末、今年2月の第1審で下された判決は「懲役2年6カ月、執行猶予4年」。著者は即日控訴の手続きを取った。

 本書は、著者の目が捉えた事件の内幕を赤裸々に綴った手記である。逮捕前夜に渦巻いていた外務省内部の権力闘争や自民党の内部抗争、さらには本件を「国策捜査」であると明言したという検事とのやり取りを、冷静に再現していく。また、政治家・鈴木宗男を著者は極めて高く評価している。バッシングにさらされた“腹黒い政治家”というイメージとは対極にあるような意外な人物像が浮かび上がってくる。


(日経ビジネス 2005/05/16 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)
-- 日経BP企画

内容紹介

『自壊する帝国』で第38回大宅ノンフィクション賞受賞した佐藤
優、衝撃のデビュー作。外務省、検察庁、永田町を震撼させ「国策捜査」を日本
中に知らしめたた告白手記!
外務省元主任分析官は、政治と外交の最前線で何を見たのか?
有能な外交官にして傑出した情報マン──。国を愛し、国のために尽くしたにも
かかわらず、すべてを奪われた男が、沈黙を破り、「鈴木宗男事件」の真実と、
「国策捜査」の実態を明らかにする。
「背任」と「偽計業務妨害」容疑で逮捕され、東京拘置所での拘留生活は、なん
と512日にも及んだ。2005年2月に下された第一審判決は懲役2年6カ
月、執行猶予4年。しかし、男の闘いはまだまだ続く──。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 398ページ
  • 出版社: 新潮社 (2005/3/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4104752010
  • ISBN-13: 978-4104752010
  • 発売日: 2005/3/26
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.8 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 250件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 44,350位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
佐藤優氏が彗星の如く日本の論壇に現れたきっかけとなった作品。
非常に機知に富んでいて、読んでいて面白い。
自分も含めて日本人はメディア・リテラシーをもっと鍛えなければいけないと思う。

外務省の体質・北方領土問題・ソ連・イスラエル・拘置所・検察官僚・鈴木宗雄氏
などに関して今までは知らなかった知見を得ることができた。

ただ解説にも書いてあるとおり、
「うのみにしない」ということが肝要だが、
押し付けがましいところがない雰囲気が好印象である。

ー以下抜粋ー

「この国=日本の識字率は5%以下だからね。新聞に一片の真実が出ているもそれを読むのは5%。残り95%の世論はワイドショーと週刊誌によって形成されるのだ」。

「内政におけるケインズ型公平分配路線からハイエク型傾斜配分路線への転換、外交における地政学的国際協調路線から排外主義的ナショナリズムへの転換という二つの線で時代のけじめをつける必要があり、その交錯するところに鈴木宗男氏がいるので、どうも国策捜査の対象になったのではないか」
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Solem787 トップ1000レビュアー 投稿日 2009/1/12
形式: 文庫 Amazonで購入
身柄を拘束された被疑者が、次々に検察が掘った穴に陥落していくなかで、超人的な精神力を持って否認を続ける、佐藤優氏のパワーに驚かされる。取調べの担当検察官である西村氏とのやり取りも、スリリングで興味深い。佐藤氏は、512日に渡る拘留期間にもめげず、却って、これを読書をし思想をする良い機会と捉える。

国家という組織の力を持って、国策で逮捕されたならば、あとは、検察官の作った作文に従って落ちるしか道はない。執行猶予という「弁当」を付けてもらって、第二の人生を歩むしか道はないのだ。それが普通であるのだが、佐藤優は、国家、国体維持のため、国益を第一として行動する。自分の身を守るために、供述するのではなく、日本におけるインテリジェンスの専門家として、筋を通して、検察側と対立する。

最高裁まで行っても、有罪の判決が出ることは間違いないが、数十年後に明らかになる外交機密情報によって、自分の主張が正しかったと証明されることを見越した上で、否認を続けるのだ。

本人は起訴休職中の外務省に戻る気はないようだが、このような有能な情報マンを失った場合の、日本の国益の損失は大きい。ただ、本人もこの事件があったおかげで、本の執筆や講演活動を行うことが出来て良かったと、ある講演会で話はしている。実に大局的で、前向きの解釈をする人だ。
...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
「国策捜査」という言葉を初めて知った。そうか、国はこのような形で理不尽に事件をでっちあげることもやるのだ。
それが国のためになるとして確信犯的にスケープゴートである被疑者を追い詰める検察庁のありようも、初めて知った。しかし、検察側もいろいろなんだということも、知った。
「外務省」に代表される役所という組織の非情さの具体例を、初めて生々しくリアルに知った。その悲哀も。官僚としての仕事を本気で忠実にすると、官僚としては「やりすぎ」になり、失脚の憂き目にあうということも知った。
マスコミ報道など、絶対に信じてはいけなし、マスコミ自体が何も事実は知らないままに、これほどの出鱈目をやって平気だと、あらためて知った。
官僚とか役人とか、税金の寄生虫とついつい私たちは馬鹿にしてしまうが、国益第一の公僕として、ほんとうのプロである役人の、勉強ぶりと努力のすごさと、それができる優秀さを、あらためて知った。そして、こういう真の公僕だからこそ、役所から排除されていく構造も、垣間見た。
鈴木宗男さん、復活してください。田中真紀子さんに小泉さんは、無能な2代目らしく、親の遺産で食っていてください。もう政治はやるな。著者の佐藤さん、ありがとうございます。あなたは、静かな真の英雄だ。
昨今、人間の生き方や、政治や外交に関して、これほど学ばされた本はなかった。掛け値なしで名著である。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
情報専門家として国家の権力を知り尽くした著者は、「国策捜査に巻き込まれた以上、勝ち目は無い」と考える。その上で、
検察との心理ゲームにおいて、事実と異なる供述をすることなく、被害の最小化を図る筆者の胆力が、著者の情報専門家としての
キャリアや美学を良くあらわしている。
 検察側が用意した穴(検察が構築したストーリー)を著者が選択するシーンを読むと、「検察=正義の味方」といナイーブな
イメージを持っていたことを反省するとともに、それを助長している記者クラブに代表されるマスコミの問題点についても
考えさせられる。なぜ、マスコミは、裏も取らずに、検察からのリーク情報を垂れ流しにするのか?公務員である検察が
捜査・取調べ情報をリークし、世論を操作することは許されないはずだ。
今回の国策捜査の目的や背景に対する著者の見立てや、田中真紀子が外相となってからの外務省の混乱に関する記述も非常に興味深い。
また、川上弘美の解説も秀逸である。
今後のニュースの読み方を変える、価値のある本である。
コメント 49人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー