Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 750

¥ 103の割引 (12%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[佐藤 優]の国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて―(新潮文庫)
Kindle App Ad

国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて―(新潮文庫) Kindle版

5つ星のうち 4.5 251件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 750
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,000 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 810 ¥ 1

商品の説明

メディア掲載レビューほか

国家の罠
 著者はロシア外交のプロとして鳴らした外交官であったが、2002年、いわゆる「鈴木宗男事件」で背任と偽計業務妨害の容疑により逮捕された。512日間に及ぶ拘置、独房生活の末、今年2月の第1審で下された判決は「懲役2年6カ月、執行猶予4年」。著者は即日控訴の手続きを取った。

 本書は、著者の目が捉えた事件の内幕を赤裸々に綴った手記である。逮捕前夜に渦巻いていた外務省内部の権力闘争や自民党の内部抗争、さらには本件を「国策捜査」であると明言したという検事とのやり取りを、冷静に再現していく。また、政治家・鈴木宗男を著者は極めて高く評価している。バッシングにさらされた“腹黒い政治家”というイメージとは対極にあるような意外な人物像が浮かび上がってくる。


(日経ビジネス 2005/05/16 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)
-- 日経BP企画

内容紹介

ロシア外交、北方領土をめぐるスキャンダルとして政官界を震撼させた「鈴木宗男事件」。その“断罪”の背後では、国家の大規模な路線転換が絶対矛盾を抱えながら進んでいた――。外務省きっての情報のプロとして対ロ交渉の最前線を支えていた著者が、逮捕後の検察との息詰まる応酬を再現して「国策捜査」の真相を明かす。執筆活動を続けることの新たな決意を記す文庫版あとがきを加え刊行!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 2250 KB
  • 紙の本の長さ: 317 ページ
  • 出版社: 新潮社 (2007/11/1)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B014J5TO7Q
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 251件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 10,489位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
読むのに重い内容である。 鈴木宗男氏の逮捕のために佐藤優氏がまず逮捕されたという。 その理由は事務次官らから許可を得て行った学会の費用の背任だという。 佐藤氏がなぜ一人背任なのか。 裁可した事務次官らも背任に問うべきである。 ここに検察のダブルスタンダードが見られる。 検察に睨まれればどんな無垢の人間も有罪に問われるという一般社会の常識がこの本で証明されている。 福島県知事の佐藤氏も収賄額0で訴追されている。 官僚のキャリヤーがノンキャリヤーの佐藤氏を追い落とすために検察の力を利用したと思われる。 外務省は今や害務省と国民から軽侮されている。 米国に右顧左眄するだけの日本の国益を忘れた売国奴的存在である。 広島、長崎の原爆投下を国際法違反ではないと海外の国際会議で主張してきた。 佐藤―ニクソンンの密約も公的文書ではないという。 非核3原則という虚偽で佐藤栄作はノーベル賞を受賞したがノーベル平和賞委員会は史上最大の誤りであった認めている。 外務省と検察の腐敗と堕落は顕著である。 裁判所もこれらに組している。 マスコミも鈴木、佐藤氏を外務省をかき乱す極悪人と報道していた。 すなわちマスコミも官僚の走狗なのである。 我々国民は現在のマスコミに正義を期待してはならない。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
情報専門家として国家の権力を知り尽くした著者は、「国策捜査に巻き込まれた以上、勝ち目は無い」と考える。その上で、
検察との心理ゲームにおいて、事実と異なる供述をすることなく、被害の最小化を図る筆者の胆力が、著者の情報専門家としての
キャリアや美学を良くあらわしている。
 検察側が用意した穴(検察が構築したストーリー)を著者が選択するシーンを読むと、「検察=正義の味方」といナイーブな
イメージを持っていたことを反省するとともに、それを助長している記者クラブに代表されるマスコミの問題点についても
考えさせられる。なぜ、マスコミは、裏も取らずに、検察からのリーク情報を垂れ流しにするのか?公務員である検察が
捜査・取調べ情報をリークし、世論を操作することは許されないはずだ。
今回の国策捜査の目的や背景に対する著者の見立てや、田中真紀子が外相となってからの外務省の混乱に関する記述も非常に興味深い。
また、川上弘美の解説も秀逸である。
今後のニュースの読み方を変える、価値のある本である。
コメント 49人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ホリエモンの逮捕、起訴と同様 国策捜査の側面をもつ著者への取り調べ。
外務省、大臣、外交官、大学教授、企業、検察相互間の駆け引き。
ざっとよむには 面白いが、日本の外交と政治の矮小さを あらためて印象づけられる。
近隣諸国から 言われ放題で 有効に対応、反論できない日本。
身内からも日本批判が。。 外務省のことなかれ主義と風見鶏体質。
拉致問題も慰安婦像対応も これでは できないと暗然とさせられる。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
外務省は、田中眞紀子外相の登場により組織が弱体化したことで、潜在していた省内対立を顕在化させることになり、機能不全を起こした。組織全体が危機的な状況へと陥った。その際、外務省はそもそも危機の元凶となった田中眞紀子女史を放逐するために、鈴木宗男氏の政治的影響力を最大限に活用した。そして、田中女史が放逐された後は「用済み」となった鈴木氏を整理した。この過程で鈴木宗男氏と親しかった著者も整理された。

国策捜査というものは、まず役者を決め、それからストーリーを作り、そこに個々の役者を押し込んでいく。その場合、配役は周囲から決めていき、主役、準主役が登場するのはかなり後になる。ジグゾーパズルを作るときに、周囲から固め、最後の欠片を「真っ黒い穴」にはめ込むという図式だ。ストーリー作りの観点から物証よりも自供が重要だ。国家権力を持ってすれば大抵の場合自供を引き出すことができる。ストーリーが実態からそれほどかけ離れていない場合、工作は成功する。
国策捜査は「時代のけじめ」をつけるために必要だという、担当の西村尚芳検事フレーズが気に入った。特捜に逮捕されれば、起訴・有罪もパッケージだ。万一無罪になっても十年裁判になる。最終的に無罪になっても被告人が失うものが大きすぎる。国策捜査で捕まるものは頭がいいから、皆それを読み取って飲み込んでしまう。
拘留中にこの「時
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover