通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
国家の崩壊―新リベラル帝国主義と世界秩序 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【帯付】良い状態です。多少の汚れ・擦れがありますが問題のない程度と思います。Amazon専用在庫です。ご注文後、「ゆうメール」にてすぐに発送いたしますのでよろしくお願いいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

国家の崩壊―新リベラル帝国主義と世界秩序 単行本 – 2008/7

5つ星のうち 3.8 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,160
¥ 2,160 ¥ 1,380

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

EUが外交と安全保障政策の基盤にすえる新しいグローバル戦略―「新リベラル帝国主義」とは、どんな思想で、世界の国々をどのように色分けするものなのか。日本や中国、北朝鮮をどう捉えているのか。武力衝突やテロの温床となっているアジアやアフリカの「プレ近代国家」に対して、どのような行動をとろうとするのか。単独覇権主義をかかげる超大国アメリカと、どのように向き合うのか…。この思想の提唱者で、英ブレア前首相の外交ブレーンとして活躍した著者が、21世紀の世界秩序を構築するための現実的な方策を、数多くの史実と鋭い政治的洞察を織り交ぜながら説く。世界18カ国で出版され、英国で政治に関する優れた著作に与えられる「オーウェル賞」を受賞した話題の書が、日本の読者向けに全面改稿されて、待望の邦訳。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

クーパー,ロバート
英国の上級外交官。EU理事会の対外・政治軍事問題担当事務局長。1947年英国生まれ。オックスフォード大学で学び、米国留学を経て70年、英国外務省入省。東京、ボンなどの大使館に勤務したのち89年から93年まで本省の政策企画局の責任者をつとめる。この間、イングランド銀行や内閣官房でも要職を歴任し、2002年までアフガニスタン英国特別代表。07年から現職。エリザベス女王の日本訪問に随行した功績によりロイヤル・ヴィクトリア勲章を、また後に、外交分野で傑出した功績のあった個人に授与される聖マイケル・聖ジョージ勲章(CMG)を授与されている。2005年、英国プロスペクト誌から「世界最高の知性100人」に選ばれた。『国家の崩壊―新リベラル帝国主義と世界秩序』で、英「オーウェル賞」受賞

北沢/格
中央大学経済学部准教授。1960年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科英語英文学専攻博士課程単位取得退学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 245ページ
  • 出版社: 日本経済新聞出版社 (2008/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4532353157
  • ISBN-13: 978-4532353155
  • 発売日: 2008/07
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.4 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 356,132位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
なぜ国際機関や、先進国の政府・メディアはソマリアの海賊や
アフガニスタン・イラク・パキスタンにこれほど関心や資源を割くのか。
その問に対する認識の1つが本書である。

まず、日本語版は山形浩生氏が評されたような改悪ではない、と私は考えている。
「序文」や「日本語版に寄せて」のクーパーの文章を読めば、
日本に対する彼の深い認識が伺えるはずだ。家康の「泣くまでまとうホトトギス」
を引用している文章を見たときは驚愕した。
(余談ではあるが、彼のパートナーは日本人ピアニスト内田光子氏である)

第3部はそんな彼が日本の読者のために改定・補筆してくれた文章であり、
質を低下させているようなものではない。
私も原著 Breaking of Nations で改定前の第3章を読んでみたが、
イラク戦争の結果がまだ不透明な状況かつ、
焦点が欧米関係に絞られている(それはそれで興味深いが)。

このように文章のアップ・デートおよび、日本人読者用に構成しなおした
日本語版のほうが「改善」されている内容である、といえる。

私が解釈した、本誌の要旨はだいたい以下の通り。

・現代の国際関係はポスト
...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 h.yamagata 殿堂入りレビュアー 投稿日 2008/11/26
形式: 単行本
 本書の日本版は不誠実な本である。そしてそれは、第三部を全面的に差し替えた著者の不誠実さである。
 そもそも本書は、プレ近代、近代、ポスト近代という枠組みありきで議論が展開し、何がその変化をもたらすかという原因の考察がないか、あっても倒錯している。たとえば植民地主義や領土拡張は国内の人口成長圧力が大きな要因。だから先進国で国境政治の意義が薄れてポスト近代化する原因の一つは人口減少だ。ところが本書は何と因果関係を倒錯させ、人口減少が政治的変化の結果だとする変な議論を持ち出す。その他、経済的要因に対する考察がきわめて浅く、根本の議論の説得力も一部は疑問。ソ連崩壊が、経済要因ではなく外交圧力によるものとでもいいたげな記述はひどいと思うし。そして最終的には「もっと相互理解を」「もっと話し合おう」という結論で外交官の我田引水的な印象も大いにある。
 だが最大の問題は第三部。原著では、EUもちゃんと軍事力があるというのが主張となっている。だから必要な時には戦争すべきであり、アメリカだけが意味ある軍事力を持つとするネオコン的な発想に対して、EUだって軍事力を行使できるし、アメリカの守護に甘んじずに積極的にそうすべきだ、という主張。原著の最終章の結論は、EUは通貨統合に続いて安全保障の統合と軍事統合を行うべきだ、というもの。そしてそれがあるからこそ本書は本国で、タカ派とハト派の
...続きを読む ›
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 著者のいう「国家の崩壊」とは、ちょうどEUのように国境という概念が消えているような形態を指している。したがって、本書の中で言う「ポスト近代国家」というような表題としたほうが正確である。

 著者は、明治維新後の鎖国から急発展した日本、そして敗戦後の日本の目を見張るような経済発展を賞賛している。その上で、日本こそアジアにおいて「ポスト近代国家」になりうる国であるとし、そのためには韓国や中国とともに「アジア共同体」というような意識を持つことが大切であるとも言っている。

 また、本書はアメリカについて多くを割いている。20世紀後半に、パックス・アメリカーナとして世界に平和をもたらしたアメリカの力は明らかに衰えを見せている。これからは、「パックス・グローバリズム」として、土台作りをはじめるときであるとしている。

 ひところもてはやされた「グローバリズム」に相通じる考え方であるものの、著者の分析はこれからの国家論とでもいうべきものである。

 今、わが国では、近隣諸国特に中国とは、経済の関係が深いにもかかわらず、互いにいい関係とはいえない。韓国とも同様である。過去の歴史から見て、難題は多いものの、相互依存を深める経済を考えれば、EUとまではいかないまでも、新たな関係作りを考えるときかもしれない。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 石井 治 投稿日 2016/2/5
形式: 単行本 Amazonで購入
出版を知らず購入が遅れましたが、私には必読のものでした。
中古品でしたが本体も包装も届けられた日時も満足できるものでした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック