中古品
¥ 343
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★ ブックカバーに少し使用感が感じられますが、中身は非常に良い良好な状態の綺麗な本です。★【発送】 日本郵便・ゆうメールにて迅速に丁寧な発送を心がけております。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

国境をこえた子どもたち―国際養子縁組の家族 (あかねノンフィクション) 単行本 – 2000/11

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 343
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

人の心に国境はいらない…!なぜ、子どもたちは養子となって、生まれた国をはなれていったのだろう。

内容(「MARC」データベースより)

なぜ、子どもたちは生まれた国をはなれ、国境を越えて養子になっていったのか? 国際養子縁組の家族をフィンランドに訪ね、地球上で厳しい現実に置かれている子どもたちの幸せを探る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 127ページ
  • 出版社: あかね書房 (2000/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4251039122
  • ISBN-13: 978-4251039125
  • 発売日: 2000/11
  • 梱包サイズ: 21.2 x 15.4 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,236,722位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 国際養子縁組というのがあるのをご存じだろうか?この本は、ふとしたことからそれに関心をいだいた著者夫妻が、フィンランドのリスティマキ一家のもとを訪ねた記録である。
 一家には四人の子どもがいるが、そのうち三人までが国際養子縁組によって引き取られてきた。家族といえば「血縁」と考えてしまいがちな私たちには、まさに驚きである。しかし、国境も肌の色も越えた愛情で家族が結ばれている姿を目の当たりにすると、「子どもは実の親に育てられるのが一番だ」という通念にすら疑いをいだいてしまう。
 カルカッタの捨て子だった長子ミロは、生後三ヶ月でリスティマキ夫妻のもとにやって来た。フィンランド人として生き、インドの言葉も知らないかれだが、故郷に対する誇りを決して失うことのなかった。この事実が著者夫妻をミロの故郷インドへと向わせ、かれらはそこでストリートチルドレンたちの生き生きとした姿に出会うことになる。
 「家族」とは、「豊かさ」とは、「愛情」とは・・・、私たちにさまざまな問いをなげかける本である。ぜひ家族で一緒に読んでほしい。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告