通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
国をつくるという仕事 がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: スレ・薄ヤケ・縁ヨレ・汚れ等少々ありますが、概ね良好です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

国をつくるという仕事 単行本 – 2009/4/7

5つ星のうち 4.4 46件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,687 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 国をつくるという仕事
  • +
  • あなたの中のリーダーへ
  • +
  • 世界を動かした21の演説――あなたにとって「正しいこと」とは何か
総額: ¥6,156
ポイントの合計: 186pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



売れ筋ランキング (ビジネス本)
Amazon.co.jpで今一番売れている作品が分かる。ランキングは1時間ごとに更新。 >詳しく見る

商品の説明

内容紹介

【前・世界銀行副総裁が語る リーダーシップの真実】
貧困のない世界を夢見て・・・23年間の闘いから見えてきたもの

◆はじめて訪れたエジプトの貧民街。少女ナディアが自分の腕のなかで息をひきとったとき、自分の人生が決定的に変わった――。基本的な医療があれば救える病気で命を落とす子どもたち。想像を絶する貧困の一方で、富があふれる都会があり、貧しい人々の苦しみを気にもかけない政治がある・・・。衝撃と怒りで一睡もできなかった帰路、著者は貧困と闘う仕事に取り組むことを決意する。

世界銀行に入った著者は、南アジア各国、アフガニスタン、パキスタン、バングラデシュなど数多くの途上国を担当。貧困地域に自らホームステイして現場の問題を探り出し、安易に援助を行うのではなく、地元のリーダーを支援することで自律的な貧困脱却を促す。民衆を顧みない権力者には、「それでもあなたは政治家か」と怒り、一歩も引かずに闘い抜く。現場を軽視した施策は改め、ほんとうに必要な支援を追求する。

貧困や悪政と闘いつづけた 23年間。それは、この世界を変えたいと願う、あらゆる職場のリーダーたちと共に歩んだ道のりだった。農民や村長、貧民街の女性たちや売春婦、学生、社会起業家、銀行家、ジャーナリスト、政治家、中央銀行総裁、将軍や国王に至るまで――。本書は、「国づくり」の現場で出会った本物のリーダーたちの姿を情感込めて綴った回想記であり、今なお貧困や悪政の渦巻く世界を変えていくための、未来に向けたメッセージである。

◆著者・西水美恵子氏は、女性としても日本人としても初めて世界銀行地域担当副総裁となった人物です。貧困との闘いにおいて、現地の人々自身のリーダーシップを支援することで成果をあげた他、自ら貧村にホームステイを行うなど、つねに「現場」に根ざした「国づくり」を推進しました。また、各国の為政者と信頼関係を築き、時には喧嘩も挑むなど積極的に政治改革を支援。ブータン国王・雷龍王4世やパキスタンのムシャラフ元大統領はじめ、多くのリーダーのエピソードが本書に綴られています。貧困との闘いの一方で、世銀内部の組織改革にも取り組み、その手法はピーター・センゲ教授はじめ経営学界でも高く評価されています。

◆本書は2005年1月~2008年12月に月刊誌『選択』(選択出版刊)に連載された「思い出の国 忘れえぬ人々」に若干の加筆修正を行ったものです。

◆著者の意向により本書の印税はすべて「雷龍の国」ブータンのタラヤナ財団に寄付され、貧しい家庭の児童の教育費等に役立てられます。

◆田坂広志氏(社会起業家フォーラム代表、多摩大学教授)――「読み進めながら、何度も、胸が熱くなり、読み終えたとき、深い感動と、静かな余韻が訪れる著作。そうした著作に巡り会う経験が稀有になってしまった時代。この著作に巡り会えたことに、感謝をしたい」(「解説」より)

内容(「BOOK」データベースより)

前世界銀行副総裁が語るリーダーシップの真実。貧困のない世界を夢見て…23年間の闘いから見えてきたもの。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 320ページ
  • 出版社: 英治出版 (2009/4/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4862760546
  • ISBN-13: 978-4862760548
  • 発売日: 2009/4/7
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.6 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 46件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 100,495位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
各国の要人がどのように考え、行動したか
そんなところはよく語られていたと思うが
この西水さんご本人が何をしてきたのか、という
部分がいまいち伝わらない。

どなたかも書かれていたが、言い回しがどことなく
詩的であったり、自分に酔っていらっしゃるような
感じもそこかしこに見受けられる。

世界銀行が金融機関で金貸しである、というのなら
その金がどう融資されて、その国の人民のために
どう使われたのか、そういったところが
一番知りたかった。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
正直、それほど感銘を受けなかった。
もちろん、実績から言って優秀な人なのだろうし、立派な人なのだろうが、貧しく、虐げられた人は、100%善良で、本当は立派で誇り高く、一方100%の悪がある、という図式が単純すぎるように感じる。

そもそも、それほど、貧しい人が立派なら、そういう国にはなっていないはずだし、立派なリーダと比べて日本を嘆いていることについても、客観的にいって、それならばなぜ、日本の方が豊かで安定した社会を享受しているか説明がつかない。

また、勧善懲悪の図式で、しかも著者が完全に善の側に立っている、ということが、しかも、詩的な書き方でつづられていると、なんだか善に酔っているように見えてしまい、あまり受け付けなかった。(エッセー集のようであり、あえてそのようなトーンで書いたのだろうが。)

個人的には、本来は実務家なのだから、実務家として、現実世界の複雑さと、その中での可能性と限界についての話を期待していたので、残念だった。

ただ、ブータンやモルディブ、ムシャラフについての記述など、普段目が行かない部分についての記述があり、これについては、視野が広がり興味深かった。
コメント 59人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
原題「思い出の国、忘れ得ぬ人々」として、雑誌に連載されていたとの由、
道理で、人間模様(貧しい人々に会い涙を流した、不正を働く国家指導者を怒鳴った等)で溢れている訳です。
結果、理想に燃えた世銀副総裁(しかも日本人だし)回想録として、とても面白い。
特に各国指導者の人間性の描写は、 本書に彩りを添えています。

ただ、「国をつくる仕事」、要は途上国における国家建設について、
の具体的な話を期待していた私のような少数派?は、 題名と中身の整合性に若干違和感を持つことになりました。
それは、一つには人間模様に特に焦点が当てられているため(仕方ない、原題を見れば明らか)、
もう一つには、著者の副総裁時代の話がメインで、実務面での話がほとんど出てこないためです。
(大抵の組織の重役クラスは、実務の観点よりも、大所高所からの観点が主になってしまうものです。)

なお世銀ですが、私自身、こうした機関の存在意義はとても大きく、
(著者も記述するように、カリブ海に別荘を持てるくらいの)群を抜く厚遇に見合うだけのものと考えます。
ただ、本書は世銀の存在及びその業務につき、極端にデフォルメしていると言わざるを得ない。
筆者は各地を行脚し、民の目に立ち、強きを助け弱
...続きを読む ›
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
世銀に入行して23年、筆者は「貧困のない世界をつくる」夢を追い続けています。常に現場主義で、貧村の家庭にホームスティし、アマ(お母さん)たちから娘のように可愛がられ、アマたちから教えられた情報をその国の政策に生かさせています。

「世銀での現場体験を振り返ってみると、やはり、権力者の腐敗と悪統治を敵にまわして戦うリーダーたちの、補佐に徹した年月だった。自分の仕事は「憎まれ役」だと笑って盾になり、『どうせやるなら大々的に』と喜んで喧嘩を買い続けた」
ともあります。

パキスタンのクーデターの成功に「腐った政治が終わった」と躍り喜ぶ男たちの姿に、
「その腐った政治家を選んだのはいったい誰なのだ」
とテレビの画面を怒鳴りつけた、ともあります。シャリフ政権の悪政と戦いながら改革する人たちを支援し、あとはトップの説得だと、彼らの要望でシャリフ前首相に直談判し、シャリフファミリーの債務の返済が始まったところで起きたクーデターだったのです。

わずかですが、筆者の世銀改革にについても触れています。

「世界銀行を草の根に近づけ、行員の意識改革をねらい、まず、南アジアを模範にと断行した。各国担当局長を現地在留にして業務全権を譲り、従来の本部指導型をひっくりかえした。専門職員の現地採用を常識
...続きを読む ›
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック