中古品
¥ 671
中古品: 良い | 詳細
発売元 take book
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯なし、カバーに多少のスレキズありますが状態は概ね良好です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

国のない男 ハードカバー – 2007/7/25

5つ星のうち 4.6 22件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 1,980 ¥ 288
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

カート・ヴォネガット遺作、ついに刊行!

2007年4月に永眠したヴォネガットが2005年に本国アメリカで刊行し、NY Times
紙のベストセラーになるなど、往年の読者を超え広く話題となったエッセイ集。
2007年1月のインタビューで、本書が最後の1冊となることを明言したことで、
日本においても刊行が待ち望まれていました。

著者自身のイラストで彩られた本書は、ヴォネガットの憤りを含んだ言葉と、彼
の愛すべきアメリカや人類すべてへ向けた優しい文章が詰まっています。時には
ジョークで、また時には絶望的に、そして常に鋭く......。

翻訳には学生時代からヴォネガットを愛読してきた金原瑞人氏。またヴォネガッ
トへの愛を公言してやまない爆笑問題の太田光氏からも、すばらしい推薦のお言
葉をいただきました。往年のヴォネガット読者にはヴォネガットの最後のメッ
セージとして、また初めて読む若者には、現代を生きることの意味を考える道し
るべとして、必読の書です。

出版社からのコメント

<推薦文より>
この本の全ての言葉を自分の頭にインプットした
いと思った。
思わず吹き出したり、胸がつまったり、しばらく考えたり。
二十歳
の頃の若者のような、もう二度と出来ないと思っていた
"震えるような読書"
が再び出来て本当に幸せだった。
私を嘘つきだと思っている人も、これだけは信
じてほしい。
                 爆笑問題 太田 光

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ハードカバー: 160ページ
  • 出版社: NHK出版 (2007/7/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4140812516
  • ISBN-13: 978-4140812518
  • 発売日: 2007/7/25
  • 商品パッケージの寸法: 21.1 x 13.7 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 22件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 10,388位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: ハードカバー
小説は別として、ヴォネガットのエッセイはスラスラ読めた経験がなかったのですが、今回は一気に読みました。
死を間近にしていることを意識していたのでしょうか。
この世界に絶望しつつも、人の心のどこかにある優しさに期待する、彼の一貫したトーンが際立っています。
20年以上、時々書店の海外文学コーナーを覗いては
「そろそろヴォネガットの新作出ないかな」と心待ちにしていました。
『アースクェイク』が最後かと思っていたのですが、こうやって彼が亡くなった後に彼の新刊が読めるなんて。
この上ない幸せです。カートさん、いままでどうもありがとう。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー Amazonで購入
ヴォネガットの本は、思想的に固まっていない若い時期に読むのがいいのではないか。

読んでいると必ず眠くなって、何度も途中で読書が途切れてしまった。
それはなぜかをずっと考えて出た結論がそれだ。

内容には全く問題はない。
戦争を商売にしているアメリカへの批判。
環境問題をなおざりにしてきた人類への批判。
その裏にある人間への愛情。
どれも納得できるものだし、これこそがヴォネガットなのだろう。

でもなぜか読んでいると5分もせずに眠くなってしまう。
僕は読書が嫌いな方じゃない。
むしろ読み始めたら止まらなくなって、食事も忘れるような人間だ。

眠くなった理由は恐らくみっつある。
ひとつは、自分が最初に読んだヴォネガットの本だったということ。
ヴォネガットに対して全く先入観のない状態だった。
裏を返せば、ここで絶賛している方たちのようには、
彼に対する敬意であったり、その思想に対するシンパシーが
なかったということだ。

ふたつめは、ヴォネガットの影響を受けた思想家たちの本を読みまくってきたこと。
ましてやこの本はヴォネガットの遺書のようなもの。
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
人間主義者ヴォネガットは、アメリカ人間主義者協会の名誉会長だったとか。
人間主義者って?「実際に親しみを持っているものに仕える」人びとと説明している。
(つまり、親しみを持てないものには仕えない、ということか。)
だから、このかけがえのない地球に仕えるどころか傷めつけるばかりの人間は、
「ここが好きではなかったのだ」(レクイエム、145頁)となる。
さくさく読める(訳者に感謝したい)けれど、
ぐっと胸にこたえるヴォネガットの遺書である。
反語が勢いのいいバネのように効いてくる。
毒舌、諧謔、皮肉がいっぱい、でも希望がある。救いが待っている。深くあたたかい。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ringmoo トップ1000レビュアー 投稿日 2007/11/1
形式: ハードカバー
今年4月に亡くなったカート・ヴォネガットの遺作です。82才と思えない力があって、胸に迫ってくる作品です。

文章は、ユーモアに溢れ、アイロニックな表現で、アメリカをブッシュをこき下ろします。その筆の冴えに、喝采を送りたくなります。
文明の進歩を批判し、地球への、そして人間への愛情を感じさせてくれます。彼は、「人間主義者」と自らを評しています。人間を愛し、他人を助け合う社会にしたいと彼は言います。人は、一人でも多くの繋がりを持ちたいのだと。だから、結婚もし、家族を作るのだと。「コミュニティ」の復活が、彼の望んだことなのでしょう。
その裏には、ドイツ系アメリカ人として、「国のない男」として、アメリカへの失望が大きかったのでしょう。
そんな彼が讃えるのは、リンカーンであり、マーク・トゥエインです。彼らの文章が沢山引用されています。

それにしても、これだけアメリカを批判した本がベストセラーになる、これが良くも悪くもアメリカなのでしょう。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
 「訳者あとがき」でヴォネガットの言葉が引かれ、「ここにあげた抜粋、これだけで十分に、いや十二分にこの本の魅力と危険性は伝わると思う」って言葉が添えられているんだけど、まさにその通り。ここでは、それ以外の言葉を紹介する。
 「人間はこの地球がどうなろうとちっともかまわないと思っているということだ。わたしには、みんなそろってその日暮らしのアル中のようだとしか思えない」⇒日本では少子化が深刻で、「将来が不安で生んでも子供が可哀想だから」なんていう人がいるけど、どっちかっていうと「自分だけがかわいいから」ってほうが理由として説得力がある。
 「ばかな年寄りがいる。わしらが経験したような大きな災難を経験しないうちは、人は大人になれない、なんてのたまうやつらだ」⇒日本だと“平和ボケ”って言葉を使う人たちのことだね。これはヴォネガットが別の章でネタにしている、縦軸が幸・不幸の幸福軸、横軸が時間軸っていう小説作法の図(上下動が大きいほどドラマチックな物語)ってのとも関連している。ヴォネガットはこの図は真実を語っていないと言う。そりゃそうだ、人生=“単線の振幅”ってアナロジー自体が間違ってるもんな。
「人生というのは限りない貸し借りの連続、ギブアンドテイクの繰り返し以外の何ものでもない」⇒こっちのほうが、ずっと真実に近い。
 「彼らはサイコパスだ」⇒彼らとは
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー