通常配送無料 詳細
残り17点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
国のために死ねるか 自衛隊「特殊部隊」創設者の思想... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、多少の傷み・小口ヤケがある場合がございますがご容赦くださいませ。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

国のために死ねるか 自衛隊「特殊部隊」創設者の思想と行動 (文春新書) 新書 – 2016/7/21

5つ星のうち 4.7 100件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 842
¥ 842 ¥ 99

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 国のために死ねるか 自衛隊「特殊部隊」創設者の思想と行動 (文春新書)
  • +
  • 株式会社の終焉
総額: ¥2,030
ポイントの合計: 62pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

新安保法制が施行され、自衛隊員の「戦死」がいよいよ現実味を帯びてきました。入隊にあたって、「事に臨んでは危険を顧みず、身をもって責務の完遂に務める」と宣誓してきた隊員たちは、命令一下、「死地」に飛び込むことが求められます。
ぎりぎりの状況に置かれた隊員たちの最後の願いは、自分の死が国家、もしくは公のために役に立つことです。つまり「私」を捨てきった境地にあるからこそ、「国のために死ぬ」ことを受け入れることができるのです。
しかし、その命令が、たとえば「他の国とのお付き合いのため」に発せられたものであったり、政治家の人気取りのためのものであったりしたら、その命令は本当に「正しい」ものと言えるのでしょうか。つまり、今の日本に、自衛隊員に「死ね」と命じる資格はあるのでしょうか。
1999年の能登沖不審船事件をきっかけに創設された自衛隊初めての特殊部隊「特別警備隊」の先任小隊長として、足掛け8年にわたって部隊を率い、国防のまさに最前線にいた筆者が、「国のために死ぬこと」の意味をとことん突きつめたのが本書です。
戦前、陸軍中野学校で教育を受け、蔣介石暗殺を命じられたが果たせないまま終戦を迎えた父親、上官を「こいつ」呼ばわりしながらも、最強の戦闘員ゆえに異例の出世を遂げた陸上自衛官X、自衛隊を辞めたあと移り住んだミンダナオ島で死線をくぐりながら一緒に戦う技術を練磨した美しき女性戦士など、多彩な人物が織り成す物語は、やがてあるべき国家像をわれわれの前に見せてくれます。

出版社からのコメント

これまで多くの自衛官に会ってきましたが、伊藤氏はいろいろな意味で、「最強」の男でした。その思想の堅固さ、肉体の強靭さ、どれをとっても瞠目すべき人物です。しかし、我々日本人が70年以上もおろそかにしてきた「国のために死ぬ」というテーマにおける伊藤氏の思想と行動はあまりに驚きに満ちていて、簡単に飲み下すことはできませんでした。これは愛国心なのか、それとも危険思想なのか。読者の一人ひとりに真剣に考えてほしい1冊です。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 256ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2016/7/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4166610694
  • ISBN-13: 978-4166610693
  • 発売日: 2016/7/21
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 11.3 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 100件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 6,019位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
素晴らしい。こういう方々がいるということがわかっただけで日本はまだまだ大丈夫だと勇気が出てきます。これがいま日本人が読まなければいけない本です。できれば高校くらいから授業で真剣に扱うべき内容であり国民一人一人が自覚すべきとても大切な内容です。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
国のために死ぬことは尊い。だがそのことを本気で考えない風潮が長すぎた。
だからと言って、国民全員に命を投げ出せと言っている訳では無い。
国防に関して大いに問題があるけれども、この国を守りたい。
そして、守ろうとするのは動物の本能であるとも主張している。
動物にだって、自分を犠牲にして群れを守る本能がある。その本能に従ってみる種類の人間なのだと分析している。

一方で、国防に必須の特殊部隊に関しては徹底的に合理的に考え抜いている。
戦い、相手の意志を屈服させ、国を守り切るために必要な技術、組織、政治。。。いろんなことを一気に考えさせる。
海自の特別警備隊の創設に関わった武人の想いが詰まっている本だ。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
他レビューたくさんあるので、自分が印象深かったとこを書きます

104Pの「プロとしての某国特殊部隊」とありますがこれはおそらく英国の事だと思います
「常に冷静で感情の起伏を見せない」これはイギリスに関する本を読んでて何度も目にしました
「産業革命以来、小さい国土ながら世界展開し~」欧州の数カ国に当てはまりますが、おそらく英国でしょう。

234Pの「危うい行動美学」では外国人が「日本人はだましやすいけど、ずっと騙してると突然殺しにくる」と言っていたのを聞いて
彼をふくめた日本人にそういった性質があると書かれていました
日本人は我慢して我慢して突然プッツンと切れて暴力に及んでしまいますから、外国相手にはこちらの「配慮」が通じない訳ですから
主張してったほうがいいと思います。
日韓合意でも日本人は「こちらはこれだけやってるのになんで分かってくれないんだ」って怒ってるように思えます
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
っていう感想は2の次。

公に生を捧げることを本能とまで言える筆者が憂う日本。今までの歴史史観、これからの日本の世界におけるスタンス、それらを考え直す良い機会になる。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
平和ボケした日本国民にほろ苦読んでもらいたい、知らないところで命をかけて働いている人たちがいることを・・・・。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
一気に読むことができました。
日本人の奥底にあるメンタルについて、ハッと気づかされる記載がありました。
40才をゆうに過ぎた我が身に久方ぶりに訪れた気付きに、嬉しさのあまり、つたないレビューを書き込んでしまった。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
筆者の経験から国防と日本の在り方を考えさせられた一冊。
幸せボケをしている我々日本人もそろそろ、真剣に向き合うところに来ているのでは、と考えさせられた。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
1999年に起きた能登半島沖不審船事件で船長だった著者が語る、当時の状況が生々しく、日本人として歯がゆい。
自衛隊につくった特殊部隊の訓練を通じて、退官後フィリピンで得た、戦いの本質。
平和ボケした日本人から最も遠い位置にある情報の数々に、心揺さぶられる。最近読んだ本の中では最も衝撃的な内容。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 39マイフレンド トップ1000レビュアー 投稿日 2016/10/1
形式: 新書 Amazonで購入
読み終えた後、感銘を受け、椅子から立ち上がる事が出来ない程奮い起つものを胸に感じました。
この本の中で伝えたい事、感じた事思った事は人それぞれで、解釈は自由であっていいと思います。その中で私が印象に残っているのは、黒人差別問題の会話でしょうか。あぁいった考えで黒人を差別する人がいるのか?少なからずいるのか?いや、いてもおかしくないな。と、考えさせられ、知る事が出来ただけでも、無知で白痴な私にとっては意味がありました。

素晴らしい国、日本。胸を張って言えますか。
他国を知らないから言えない。他国を知らないからこそ言えるとも言える。
どちらにせよ、日本を良くしようと考えるのは日本人である以上他人事ではないです。
感動のあまり長く書いてしまいましたが、まず北朝鮮拉致問題、解決したい。そう思いました。
恥ずかしながら私の中で他人事だった拉致問題。国民一人一人が意識しなくてはいけませんね。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー