お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 2,100MP3アルバムを購入

図鑑

5つ星のうち 4.7 33件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,132
価格: ¥ 2,372 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 760 (24%)
通常1~2か月以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の くるり ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 図鑑
  • +
  • さよならストレンジャー
  • +
  • アンテナ
総額: ¥6,585
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2000/1/21)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: ビクターエンタテインメント
  • 収録時間: 57 分
  • ASIN: B00005GXSB
  • JAN: 4988002396023
  • その他のエディション: MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 33件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 47,215位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
1:15
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
2
30
3:20
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
3
30
4:17
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
4
30
3:02
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
5
30
5:23
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
6
30
4:58
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
7
30
2:54
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
8
30
2:48
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
9
30
1:34
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
10
30
3:03
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
11
30
4:13
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
12
30
4:41
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
13
30
2:57
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
14
30
9:30
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
15
30
3:25
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 

商品の説明

商品の説明

図鑑 [CD] くるり、 岸田繁、 佐藤征史、 KONIYANG、 ジム・オルーク、 根岸孝旨; ナカコウ

Amazonレビュー

   パワフルでスピーディなサウンドに、ハイテンションな手拍子がフィットした<3>、電車が大好きというヴォーカルの岸田繁が、地元を走る京阪電鉄の車窓風景や、街への思いを歌ったバラード<11>、音響派の代名詞、Jim O'Rourkeとのコラボレーションで作り上げたテクノ感覚のインストゥルメンタル<5>など、3人組バンドの枠にこだわらず、多彩なアプローチと、ライヴバンドらしいアグレッシヴな演奏を披露する、くるりのセカンドアルバム。(武村貴世子)

商品の説明をすべて表示する

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
やっぱり「くるり」はいいですね。
曲の質が非常に高いと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
もう10年以上前のこと。
4年間付き合った恋人と別れて、悲しいのかどうかもよく分からないくらい
自分の感情がぐちゃぐちゃなときに、部屋でよくこのアルバムを聴いていた。

なんというか、もやもやとした衝動を胸に抱えながら、やみくもに全力疾走しているような。
足元がぐらぐらするような。

そんな不安定な気持ちになりながらも、なぜか心の奥底がかすかにわくわくしている自分がいたのを覚えている。

『図鑑』のくるりは、不安定で、歪んでいて、けれど圧倒的にすがすがしい。 
うまく言えないけれど、そんな感じだ。

それにしても、
「もしもあなたに出逢わなかったらとか/もっと前に出逢っていたらとか/考える自分に吐き気がする」(M−7)
なんてフレーズには相変わらずぐっときてしまうなあ。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
色褪せない。
色褪せないもの、時代も、もしかしたら国も取っ払っても通じるもの、それは「人間」の姿がそこにあるかどうかだと思う。
「今は只の平成12年だ」と「チアノーゼ」では歌われる。このアルバムが、平成21年の今もぐさりとささる。
まさに、不完全な、不完全だからこそ愚かで美しい普遍的な「人間」の姿がこのアルバムには宿っているのだろう。
愚かだが美しくありたいと願う「人間」の姿。
そして、私は今まさに20代前半を生きている。
漠然とした不安が心にはいつもモヤモヤとある。
そんな私の心に寄り添ってくれる、最高にロックで最高に優しい音楽。
まったく、音楽はこうでなくてはならない。
ありがとう、くるり。

そして私は、「街」の「夕暮れのスーパーマーケットの前で吸うタバコやそれを見て微笑む愛する君のまなざしも」というフレーズが、最高に好きだ。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
評価からいってしまえば、日本のロックでは数少ないためらいなく名盤と呼べる一枚だと思います。個人的にも大切なアルバムで、音楽観が変わる程の衝撃を受けました。
奇才ジム・オルークをプロデューサーに招いた効果か、1stからの成長ぶりは目を見張るほど。特にサウンドの変化はめざましく、①、⑤では電子音、⑧はピアノソロ、⑫ではプログレともいうべき複雑怪奇な曲構成にサンプリング、⑬ではテープ逆回転と様々なテクニックを見せると同時に音の多様化に見事に成功しています。これは例えて言えば、レディオヘッドのベンズからOKコンピューターへの変化に似ていると思います。その結果15曲という比較的多めの曲数であっても、最後までリスナーを飽きさせることのないアルバムに仕上がっています。何より素晴らしいのはこれだけ多様な音を詰め込んでもアルバム一枚に統一感、くるりの世界観が伺えることでしょうか。⑪以降のなだれ込むような展開も凄い。本当に凄まじいアルバムです。
俗に変態アルバムなどとも呼ばれるアルバムなので、最初に聞いたときは「なんじゃこりゃ?」と思うかもしれません。そういう時は1音1音集中して何度か繰り返し聞いてください。きっとあなたにとっても大切な一枚になるはずです。


衝撃の一曲でした。いまでもライブではよく歌われる一曲だそう。ロシアのルーレットも凄い曲なのでぜひ聞いてください。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
攻撃的なナンバー 『青い空』『マーチ』『チアノーゼ』『ロシアのルーレット』、サイケデリックな『ミレニアム』、哀愁漂う『屏風浦』『宿はなし』、狂気的バラード『街』など一枚のアルバムでこんなに自由奔放で好き勝手な事をやってのけるくるりはある意味スゴい!初期衝動というのとは違ったこの当時のくるりがやりたいことをやって詰め込んだ『おもちゃのカンヅメ』みたいなワクワクするでもってハラハラドキドキなアルバムです、是非御視聴あれ。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 midori 投稿日 2007/9/8
形式: CD
くるりが他の音楽とは違うと感じるのは、自分との境目をあまり感じないというところ。
そういう意味でのなまなましさがあり、自分の核心の部分を動かされてしまう。
図鑑というアルバムはくるりの中でも一番なまなましく、切実だと思う。
楽曲の前半はとても濃いイメージで、心が暴れだしそうになる。
けれどわたしは中盤から後半にかけての半無重力のような曲がとても好きで、
ロシアのルーレット、ガロン、宿はなし、は
前半のインパクトにやられてしまって飛ばしてしまいがちな曲なのですが
何度も無意識に聴いていくうちに、自分に溶け込んでしまっていることに気付いて
大好きな曲になりました。
くるりの曲は本当に、自分と一体化していくようなものが多いです。
その中でも図鑑は、とても貴重なアルバムだと思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す