通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
図説 西洋甲冑武器事典 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 赤木書店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 2000年発行 カバーにうすいヤケあり
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

図説 西洋甲冑武器事典 単行本 – 2000/2

5つ星のうち 4.6 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 5,184
¥ 5,184 ¥ 3,150

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 図説 西洋甲冑武器事典
  • +
  • 中世兵士の服装―中世ヨーロッパを完全再現!
  • +
  • 中世ヨーロッパの城塞: 攻防戦の舞台となった中世の城塞、要塞、および城壁都市
総額: ¥9,698
ポイントの合計: 292pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

先史から騎士たちの時代まで、素材・構造・製法を図解した西洋武具事典。使用された国の言語で表記し、各国の博物館から蒐集した、甲冑・武具の写真や分解図を含む図版460点を収録し、2400語の用語集、索引を付す。

内容(「MARC」データベースより)

ヨーロッパ各国の博物館から収集した甲冑・武具の写真や分解図を含む図版460点を収録し、さらに2400語もの用語集・索引を付す。先史から騎士たちの時代まで、素材・構造・製法を詳細に図解する本格的事典。


登録情報

  • 単行本: 385ページ
  • 出版社: 柏書房 (2000/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 476011842X
  • ISBN-13: 978-4760118427
  • 発売日: 2000/02
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 15 x 3.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 68,149位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 入手の動機は、中世を舞台にした小説の参考資料として、形状の描写に厚みを出すためだったのだが‥‥面白い。
 通常の資料集ではなかなかお目にかかれない記述に遭遇することが多々あるのである。
 甲冑の重さしかり、工法しかり、パーツに分けての構造の説明しかり。
 掲載されている写真の中には著者自らの手になる鎧、兜の類が散見されるが、こちらも興味深い。
 また、巻末記載の形状による変遷の体系表は、考古学的見地からみても非常に有用な資料ではないだろうか。
 事典としてのみならず読み物としても、是非とも一読を、とお勧めしたい一冊である。
コメント 88人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 とにかく甲冑(防具)に関する内容が非常に濃い。ただ単にそれぞれの甲冑がどのようなものであるかということだけでなく、その甲冑が使用されていた当時の時代背景や社会情勢(世界情勢)などともからめて解説されているため、かなり詳細で深い知識が得られる。

 武器に関してはそれほど濃い内容ではない。とは言っても紹介されている数が少ないというだけで、こちらもかなり詳細な情報が書かれてはいる。

 高価な本だが、全体的によくまとめられており非常に読みやすく、情報量も豊富なので、西洋の武具や歴史に興味がある方にとっては、値段だけの価値は十分にある。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 全体的には甲冑の解説がほとんどで、武器は若干扱いが薄い。かといって、石器時代の槍から火縄銃・大砲まで幅広く扱われており、数もそれなりに豊富。特に西洋の甲冑について一から知りたいというビギナーにはもってこいといったところでしょう。全編を通して時代背景や社会要因から本題に迫っていくといったスタンスで、巻末には武器・鎧の変遷と用語がリストアップされていて、本編で扱いきれなかったものにも一応簡単な解説がついています。また武器・鎧の各部名称には英語だけでなく、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、さらにはカタルーニャ語といったようにさまざまな言語での表記がなされているところがすばらしい。ただ、時代背景の解説は大筋で見ればしっかりしているものの、古い学説や俗説などが引用されているところがあり(武器甲冑がこの本の主題であるから許容すべきかもしれませんが)、そこが唯一個人的には引っかかったところでした。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
西洋甲冑についての世界で最高の本です。
これ以上の本が他に世界のどこかにあるのであればぜひ紹介してほしいです。
早速購入しますので。

読んで楽しい見て楽しい本です。
甲冑の分解写真や、美術館の有名な甲冑の写真がてんこ盛り。
しかし、そんなことよりも、事典としての使い勝手の良さがありがたいです。
わからない、確認したい用語をさっと調べられます。
本文は簡潔すぎる感じで、もっと蘊蓄を披露してほしいと思いました。

分解写真の表と裏を見比べて驚かされたのは飾り鋲の存在です。
表から見ると、その鋲によって鉄板同士を接続しているように見えるが、これは全くの飾り。
実際は大きな可動性を持たせるため裏側で皮帯に鋲留めしている。しかし、こちらの方の鋲は鉄板同士が重なる部分に隠れて表からは全く見えない。
あくまで鉄板同士を直接鋲留めしているように見せかけるためにわざわざ飾りの鋲を打つとは、そして皮帯に接続している鋲を見えない位置に配置するとは、そこに制作者の美意識がうかがえました。
こんなことが、写真から具体的にわかるのは本書くらいなものです。

残念なのは口絵を除いてはカラーでないことです。
全ページカラーにしたB5サイズのこの本を1万円ほどで出版してほしい!!!
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック