通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
図説 英国執事 貴族をささえる執事の素顔 (ふくろ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★年中無休・局留対応・返品保証★埼玉県よりゆうメールにて毎日発送させて頂きます。配送は平日のみ、追跡番号はございません。局留めご希望の場合は、お届け先ご住所を郵便局の住所にして頂き、○○郵便局留めとご記入下さい。特に記述の無い場合、帯や初回特典等は付属しません。商品状態の詳細なお問合せはお受けできませんので、ご注文後納得いただけなければ返品お受けいたします。恐れ入りますが、併売商品もございますので在庫切れの際は速やかに返金をさせていただきます[book]
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

図説 英国執事 貴族をささえる執事の素顔 (ふくろうの本/世界の文化) 単行本(ソフトカバー) – 2012/6/20

5つ星のうち 4.8 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 1,499
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 図説 英国執事 貴族をささえる執事の素顔 (ふくろうの本/世界の文化)
  • +
  • 図説 英国メイドの日常 (ふくろうの本/世界の文化)
  • +
  • 図説 英国貴族の令嬢 (ふくろうの本)
総額: ¥5,886
ポイントの合計: 178pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

幻想に包まれた「英国執事」。その歴史と現実の生活をさまざまな図像と資料を用いて明らかにする、初めての一冊。

古き良き時代の、貴族と男性使用人たちの生活とは? 何を思い、どんな仕事をしていたの? 何時に起きて、給料はいくら? 出世の道は? 恋や結婚は? 御主人様や奥方様とのあやうい関係? ときには犯罪に走ることも……?

コミック『黒執事』作者、枢やな氏推薦!

【目次】
序章 執事の幻影
第1章 執事の起源
第2章 主人の生活
第3章 執事の出世
第4章 執事の日課
第5章 執事の生活
第6章 執事の余暇
第7章 執事の堕落
第8章 執事と主人

【本文より抜粋】
●第4章「執事の日課」より
「私は正面玄関までの階段をのぼり、ドアベルを鳴らしました。すると、お仕着せ姿のあかぬけたフットマンが出てきました。私は、執事のミスター・リーを呼んでくれるよう頼みました。
『あなたは下級執事の職に応募してきた人でしょう』と彼は物柔らかに言います。
『そうです』と私は答えました。
『では、通用口のほうにお回りいただけますか。空堀(エアリア)を降りて、そこにあるベルを鳴らしてください。こちらのドアはアスター卿夫妻とそのお客様専用です』
私は一フィート(*三〇・五センチメートル)ばかり身長の縮む思いをしながら、言われたとおりにしました。すると驚いたことに、下のドアを開けて現れたのは、さっきと同じフットマンだったのです。満面の笑みをたたえています。
『ずっと長いこと、これを言えるときを楽しみにしていたんだ』と彼は言います。
『俺がこの仕事を始めたとき、同じことをやらかして、いまみたいな歓迎を受けたものでね』
この男は、あとでわかったことですが、ゴードン・グリムレットで、彼と私は生涯の親友になりました」

●第7章「執事の堕落」より
スタッフの窃盗に目を光らせていたアーネスト・キング(執事)だが、そういう彼自身も、若き日にはちょっとした「過ち」を犯したことがある。温室で育てられた、その年初めてのイチゴを、誘惑に負けて食べてしまったのだ。がまんできずに二つ目を口元にはこんだところ、後ろから声をかけられた。「アーネスト、ほどほどに頼む! 私の分も少し残しておいてくれよ」──主人はそれだけ言って去っていった。彼にとって「生涯一度きりの窃盗」であった。

内容(「BOOK」データベースより)

みんなの心に、なんとなくのイメージはあるけれど、実態の見えてこない「英国執事」。何を思い、どんな仕事をしていたの?何時に起きて、給料はいくら?出世の道は?恋や結婚は?御主人様や奥方様とのあやうい関係?ときには犯罪に走ることも!?―。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 151ページ
  • 出版社: 河出書房新社 (2012/6/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4309761925
  • ISBN-13: 978-4309761923
  • 発売日: 2012/6/20
  • 梱包サイズ: 21 x 16.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 106,693位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
ありがちなおなじみ資料をさらっと使い大雑把な記述で終わる類書も多い中、
入念に調べられていて好きです。

男性使用人にはほとんど興味がなかったのですが、メイドや女性使用人ものには
目がないので、ついでに読んでみました。

悪くなかったです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
「図説 英国メイドの日常」に続く、

英国貴族社会の裏方を図説で描く、第2弾。

アニメーションの時代考証から、こちらの分野に手を伸ばされたのか、
それとも元々本人がお好きだった(興味関心が強かった)分野だったのか、

いずれにせよ、丁寧な筆致と、豊富な図版、
そして何よりも、
ご本人の興味・関心の掘り下げが、そのまま著書に反映されているようなツクリ。
(ご本人も、苦労されながらも、きっと楽しまれて編まれた一冊でしょう)

この本を片手にしながら、
カズオ・イシグロの「日の名残り」を読むと、
同書がビジュアライズして見えてくる気がします。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
ヴィクトリア朝を舞台にした日本有数の名コミック、森薫(著)「エマ」シリーズを愛読するようになって、英国の家事使用人に興味を持ち調べ始めた。 本書は、特に男子使用人を中心に、当時の出版物に掲載されたイラストを多数(写真もかなりの枚数)引用して執筆された本である。

戦後、華族制度が廃止された日本に育った我々にとって、ヴィクトリア朝の時代小説(翻訳物)を読むときに障害になるのが、英国上流階級の仕組み、家事使用人について知識が殆どないことである。

貴族の本場・英国における、爵位「コウコウハクシダン(公爵・侯爵・伯爵・子爵・男爵)」、その下の准男爵、ナイト、そしてジェントリ(上流階級)の定義・・・など、上流階級内の序列・相互関係・呼び掛けのルール、また、「メイド」に比べてあまり注目されない男子家事使用人の種類・階級、その仕事とプライベートの生活など、大変詳細で且つ分かり易い説明が満載の優れた本である。

このジャンルでは他に、版型・値段とも手頃ながら優れたハンドブックとして池上良太(著)「図解メイド」新紀元社 (2006/4/25)をファーストチョイスとしてお薦めする。メイドに限らず、男子使用人についても説明がある。

コミック系では、森 薫・村上リコ (著)「エマ ヴィクトリアンガイド」エンターブレイン (2003/12)がお薦め。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告