この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

図説 ヨーロッパの王朝 (ふくろうの本) 単行本 – 2005/2/11

5つ星のうち 4.1 9件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 17,384 ¥ 506
click to open popover


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

著者からのコメント

各国王朝の特質を明らかにしながら、ヨーロッパ王朝の全体像に迫ったのがこの本です。二度の世界大戦と共産革命の20世紀には、多くの名門王家が姿を消しましたが、この波乱の世紀を生き抜いた王朝もあります。なにが彼らの運命を分けたのでしょうか。一方ソ連崩壊後のロシアでは、ロマノフ家の双頭の鷲が国章として甦りました。また中世の百年戦争以来フランスはイギリスへの不信を深め、その影響は欧州統合の現代にまでおよんでいます。女王・女帝を認めた英露。かたやサリカ法典にしたがってこれを排除した仏独とスペイン。間接的ながら皇室も視野に入れ、現代という視点をとくに重視しました。なお巻末の略系図は、膨大な諸系図からこの本の内容に即してとくに作成したものです。本文や図版の理解に非常に役立ちます。有効にご活用下さい。

出版社からのコメント

ヨーロッパの各王朝は歴史的な連なりがあり、とても一国史だけではわかりにくいものです。その点、本書はヨーロッパ史という広がりの中で、各王朝の特性をわかりやすく描いている点で出色です。また、女性君主の継承問題やバルカン諸国の王朝史など、他書にない今日的視点も強く意識して書かれています。王朝から見たヨーロッパ史の入門書としても、広くおすすめいたします。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 143ページ
  • 出版社: 河出書房新社 (2005/2/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4309760597
  • ISBN-13: 978-4309760599
  • 発売日: 2005/2/11
  • 梱包サイズ: 21.4 x 16.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 346,504位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2016年1月14日
形式: 単行本|Amazonで購入
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年1月27日
形式: 単行本|Amazonで購入
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年2月12日
形式: 単行本|Amazonで購入
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
殿堂入りベスト500レビュアー2010年4月18日
形式: 単行本
0コメント| 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2008年11月2日
形式: 単行本
0コメント| 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年7月19日
形式: 単行本
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2005年5月7日
形式: 単行本
0コメント| 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2005年3月10日
形式: 単行本
0コメント| 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告