通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
図説 プロイセンの歴史―伝説からの解放 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 概ね良好です。 原則として、発送はクリーニング後ゆうメールやゆうパックで行います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

図説 プロイセンの歴史―伝説からの解放 単行本 – 2000/9

5つ星のうち 4.1 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 4,860
¥ 4,860 ¥ 3,123

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 図説 プロイセンの歴史―伝説からの解放
  • +
  • 図説 ドイツの歴史 (ふくろうの本)
総額: ¥6,804
ポイントの合計: 205pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



売れ筋ランキング (和書総合)
Amazon.co.jpで今一番売れている作品が分かる。ランキングは1時間ごとに更新。 >詳しく見る

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

部族に根ざした基盤もなく、信仰に則した原則もなく、自然の国境すらもなく、もっぱら人工的で「粗野な理性国家」としてのみ存続しえた国家プロイセンの波瀾にみちた物語。

内容(「MARC」データベースより)

部族に根ざした基盤もなく、信仰に即した原則もなく、自然の国境すらもなく、もっぱら人工的で「粗野な理性国家」としてのみ存続しえた国家プロイセンの波乱にみちた物語を記す。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 365ページ
  • 出版社: 東洋書林 (2000/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4887214278
  • ISBN-13: 978-4887214279
  • 発売日: 2000/09
  • 商品パッケージの寸法: 19.4 x 15.6 x 3.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 241,861位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 プロイセンと言えば、明治憲法体制の模範になったこともあり、よかれ悪しかれ、我々日本人にも親しみのある存在です。そしてその一般的なイメージとしては、ユンカーが支配する軍国主義的国家ということになろうと思います。
 しかし、我々はこの国の本当の姿をどれほど理解しているのでしょうか。プロイセン王国の成立は近々1701年のこと。この新興の中流国家が帝国の後継者たるオーストリアを尻目に「ドイツ統一」と呼ばれる政治プロセスの原動力となったのは、それから僅か170年後のことです。何故そんなことが可能となったのでしょうか。また、この国につきまとう軍事国家の面影は、どういった過程で生成・定着したのでしょうか。
 筆者は、プロイセンは歴史的な偶然によって生を受けた、人工的かつ雑然とした混ざり物の如き存在として捉え、そうした危うい構造物であったが故に、国家生存のための本能たる「国家理性」が「プロイセン・プログラム」とも言うべき国家目標を導き、ひいては軍事偏重の官僚主義的な統治制度と、驚くほど自由・寛容な社会支配体制を生み出したとしています。本書では従来低い評価に甘んじてきたフリードリヒ1世(3世侯)やフリードリヒ・ヴィルヘルム2世の治績に対し、極めて高い点を与えていますが、これもこうした考え方に立ったものとして興味深く読みました。
 また、ビスマルクは普仏戦争後に成立した
...続きを読む ›
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
プロイセン(最近まで英語読みでプロシア)王国は“ドイツ・プロイセン”と、「ドイツ」と抱き合わせでしか述べられず軍国的な負のイメージが多い印象ですが、意外にも宗教に寛容で文化的(国家に義務を果たせばという条件つきにせよ)自由な社会だったとは興味深いです。プロイセン王としては支配地の人口を増やし豊かにしたいという下心があったにせよ宗教による迫害にさらされた他国の農民を自国に受け入れ住まわせる政策をとっていたのは驚きでしたし、それが故に後年近代から第二次大戦まで活躍する著名な軍人で先祖は必ずしもドイツ人ではない人が多いのも納得できました。

政治家ではなんといっても世界史における“巨人”ビスマルクですが日本では国家外交を論ずる知識人は「ビスマルクの目標はドイツの統一であり、彼の行った政策・外交はすべて統一の為であったが故に成功した」と手放しで賞賛しておりますが、この本を読めばそれがいかに結果からしか歴史を見ないあまりにも底の浅い評価だと知れます。

たまたま国家を構成する民族の大部分がドイツ人であったために、また東や南の隣国が当時強力で巨大な帝国だったために、弱小なドイツ領邦を支配征服する大義名分に「ドイツ統一」を掲げ大成功し過ぎたがために消えていかざるを得なかった国家・・・・・

この本は非常に知的な刺激を与えてくれます。
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 プロイセンと言う国は、実は自由な環境であったと言うことを著者が訴えたいことが伝わってくる作品です。

 現在の我々の世界とは違い、どんな宗教(というより、同じキリスト教でも、宗派の違い)を信仰していたかで、社会的な差別を受けていた時代では、プロイセンの伝統とも言える宗教的寛容が、一時代に大きな影響を与えたことを、この本から感じ取れます。

 ただ、通史的な面があり、プロイセンの歴史に大きく影響を与えた人々(フリードリヒ大王、ナポレオン戦争時代の開明的な軍人、ビスマルク、モルトケ等々)について、深く知りたいのなら、別の本をお奨めします。逆に、それほど、日本では有名でない人達のことにも、しっかりと触れていますので、プロイセン全体の歴史に関心のある方は、ご一読してもらいたい本だと思います。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
プロイセンの軍国主義がナチズムを生んだ ― 果たしてそれは事実なのだろうか。反ナチス闘争に立ち上がった人たちの中にしばしばプロイセンの背骨を担った家系の人たちの名が見出せるのはどう説明をつけるべきなのだろう。
この本は歴史の偶然を自らの意思で必然に変えていった奇妙な人工国家プロイセンの歴史を描く。理性主義と合理主義によって立った国家プロイセンがいかにして、あらゆるドイツ諸邦を下してドイツ統一を成し遂げたか、成し遂げなければならなかったかを明らかにしてくれる。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック