¥ 5,940
通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
図説 サインとシンボル がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
9点すべてのイメージを見る

図説 サインとシンボル 単行本 – 2015/6/19

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2015/6/19
"もう一度試してください。"
¥ 5,940
¥ 5,940 ¥ 8,179

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 図説 サインとシンボル
  • +
  • タイポグラフィ・ハンドブック
総額: ¥10,044
ポイントの合計: 343pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

★モダン・タイポグラフィの名匠アドリアン・フルティガーの「記号の形態学」
★記号で使われる点や線や曲線などの一つひとつの意味と、その効果について多くの図を用いながら詳解する。
★ドイツ語原著、英語版、フランス語版、ポルトガル語版、ポーランド語版に続く、待望の日本語版。

モダン・タイポグラフィの名匠アドリアン・フルティガーが長年の実践と思索を経て完成させた「記号の形態学」。
視覚的表現としてのサインとシンボルが、人間の思考の記録と伝達にとって本質的かつ不可欠な手段であることを、多彩な実例を挙げながら詳説する。
その一点一点が見る者の興味を引きつけてやまない2500点以上ものフルティガー自身による手書きのイラストを収録。
古代の象形文字、中世錬金術のサインから現代の企業ロゴまで。中国の易経記号、日本の家紋からアメリカ先住民の動物素描、西欧の石工のサインまで――フルティガーは古今東西のグラフィック文化からエッセンスを抽出し、自在に論じていく。
アート、グラフィックデザインや装飾の分野のみならず、文字の歴史、記号論、視覚文化全般やイメージの読解に関心を抱くすべての人にとって必読の書。

☆英語版のSigns and Symbols:Their Design and Meaning (1989)を底本にしたが、ドイツ語原著の三部作および、巻頭の「記号の地図」は、Wanderungen(英語版 Explorations)をオリジナルとして、(独・英)相互参照の翻訳を行なった。
☆Monotype社タイプディレクターの小林章氏推薦(帯に「推薦文」掲載:「本書においてフルティガーは、サインやシンボルがなぜそう「読まれる」のかについて考察を重ね、スローモーションを見ながらの解説のように分析する」)

内容(「BOOK」データベースより)

視覚的表現としてのサインとシンボルが、人間の思考の記録と伝達にとって本質的かつ不可欠な手段であることを、多彩な実例を挙げながら詳説。古代の象形文字、中世錬金術のサインから現代の企業ロゴまで!中国の易経記号、日本の家紋からアメリカ先住民の動物素描、西欧の石工のサインまで!古今東西のグラフィック文化からエッセンスを抽出し自在に論じていく。2500以上もの自身によるイラストを収録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 480ページ
  • 出版社: 研究社 (2015/6/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4327377392
  • ISBN-13: 978-4327377397
  • 発売日: 2015/6/19
  • 商品パッケージの寸法: 21.8 x 15.2 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 362,846位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

 まだ通読したばかりで精読というには程遠いが、記号、サイン、文字、シンボルに関する、改めてのおさらいができるという点では、まことに適切かつ便利な教科書でもある。Part1「サインの認識、サインの形成」はもちろん認識論として必読であると思うが、歴史に興味を持つ評者としては、やはりPart2「話し言葉を固定するサイン」中の諸章、なかんずくⅣ「世界のアルファベット」が、やはりアルファベットを歴史的に通覧できて、面白く興味深かった。ここでは162ページの「芸術は素材でなく、間に宿る」という指摘について考えたことを記しておきたい。あたかもこの指摘は、日本や中国などの水墨画や禅画、俳画について語っているようでもあるが、それがここでは、われわれからすればしばしば無味乾燥のようにも見える、ヨーロッパで発展した文字の配置やバランスの決定的要因として述べられていることが、逆に興味深い。だが日本語で文章をタイプする際、MSWordでこれを、つまり「間の調整」をやられると、とくに評者としてはきわめて不快に感ずるのだ。それはなぜかと考えるに、日本では(つまり中国伝来の書式伝統では)、字は「升目」に入れるものであり、つまり「升目」そのものが、もはや「間」を決定しているからではないだろうか、などとあらためて考えさせられた。そのため、活字にきわめて近い用途を持ち続けてきた隷書・楷書体漢字、およびその派生文字として...続きを読む ›
1 コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告