通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
図説坂本龍馬 がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ●ページは良好な状態です。●カバーなどの外観は、中古のため多少の使用感や擦れ、ヨレ、細かな傷があることがありますが、良好です。●帯なし
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

図説坂本龍馬 単行本 – 2005/4

5つ星のうち 5.0 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 528

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 図説坂本龍馬
  • +
  • 龍馬の手紙 (講談社学術文庫)
  • +
  • 龍馬史 (文春文庫)
総額: ¥4,176
ポイントの合計: 127pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

当代人気の執筆陣22名と、全国の龍馬会会員の熱意で編まれた
龍馬に関する定本を目指した決定版です。特に370枚に及ぶ
古写真、図版、地図はビジュアルも資料性も充分。初心者から
研究者まで、今までになく話題を集める龍馬本です。

内容(「BOOK」データベースより)

すべての龍馬ファンに贈る決定版。370におよぶ写真・図版と詳細な解説を収録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 191ページ
  • 出版社: 戎光祥出版 (2005/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4900901504
  • ISBN-13: 978-4900901506
  • 発売日: 2005/04
  • 商品パッケージの寸法: 21.4 x 16.4 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 223,782位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
7
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(7)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
幕末志士の写真の多さにまずは驚かされました。歴史好きで特に肖像画、古写真の類が好きなんですが、この本は亀山社中の面々についても
写真が掲載されているんですよ。はじめて見る顔、顔・・・肖像画フリークには絶対オススメです。歴史関係のビジュアル本って河出さんとか、沢山でていますが、この本も同じように楽しめますよ。
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
まさに坂本龍馬の肉声が聞こえてきそうな一冊。聞けば編者は龍馬記念館長の小椋氏であるそうだ。「エヘンの手紙」などの現代語訳や土佐・江戸・京都・神戸・萩・薩摩などの龍馬とその土地を描いたコラムなど情報が満載である。その他にも「大久保利通と坂本龍馬」などの新発見も収録されている。坂本龍馬という人間が立体的にえがかれてゆく。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本は初心者の私でも龍馬のことがよ〜くわかりました!
まずカラーページが多いことが何よりうれしいです。
龍馬の手紙や辿った足跡もたくさん紹介されてます。
そして志士たちの写真もたくさん載っていて、名前は知ってたけど顔は?っていう志士の写真もたくさん載ってるので買う価値ありです♪
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
ボクは個人的には、考え方や行動が理解しやすい
近藤勇とか高杉晋作の方が好みです。
坂本龍馬は正直わかりにくい。
当時の人物の相関関係に、きれいに収まってくれない。
だから、昨今耳に届くようになった、
「単なるメッセンジャーであった」「武器の商人として
暗躍した」はては「フリーメーソンの手先だった」
というような新説、珍説を楽しんでいました。
そうした捉え方の方が、幕末の状況に、
きれいに収まるような気がしていたからです。
でも、この本を読んで、龍馬の魅力が
少しわかったような気がしました。
はみ出していたから、なのかな。
あの自由な発想と行動力は、当時の日本人には
期待できないものだし。一般には理解もされなかったでしょう。
でも、日本を変えようと、もがいていた人たちには、
魅力的に見えたのかもしれません。
現代に生きる私たちにとっての魅力は多くの謎。
何を目指していたのか、なぜ暗殺されたのか。
モナリザじゃないけれど、
伝聞が完璧じゃないから、かけているから。
よけいに、引き付けられちゃうんですね。
軽い気持ちで読んだのですけど、イヤ、まいりました。
本を
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告