通常配送無料 詳細
通常1~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
+ ¥350 配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【未読品】【未使用】・/2019年重刷発行/カバー帯付/A5判/カバーのフチに僅かなヨレ有、数枚下フチに僅かなヨレ有、カバーに僅かな薄いスレ有、他特に目立つ難なし。(新本でも見られる僅かなスレヨレ糊代隙間等がある場合有)/ 弊店記号⇒ aaa01.11.01/085
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
8点すべてのイメージを見る

図解 不祥事の予防・発見・対応がわかる本 単行本 – 2019/10/8


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2019/10/8
¥2,750
¥2,750 ¥1,998

本まとめ買いクーポン
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 図解 不祥事の予防・発見・対応がわかる本
  • +
  • 企業不祥事を防ぐ
  • +
  • コンプライアンス・内部統制ハンドブックII
総額: ¥10,780
ポイントの合計: 159pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

グローバル企業や上場企業で起きた大規模な不祥事が表面化し、企業価値を大きく毀損する事例が後を絶ちません。もはや企業にとっての不祥事は、「あってはならないもの」と遠ざけるのではなく、「必ず起きるもの」と正面から向き合うことが必要です。
本書では、不祥事を未然に防止する「予防」、発生した不祥事を早期に把握する「発見」、発見した不祥事への「対応」という3つの場面において、実在する最新のベスト・プラクティスをふんだんに紹介し、徹底的に実務目線で解説しています。見開き2頁で1テーマを扱い、ビジュアル的にも早わかりしていただけるよう工夫をしています。
「達成感や手応えを感じられない」、「ゴールのイメージが持てない」などの悩みを抱える経営者やリスク管理・コンプライアンス担当者等の必携書です!

【本書の構成】
第1章 総 論
01「不祥事の予防・発見・対応」
02「不祥事対応のサイクル」
03「2つのプリンシプルができるまで」
04「不祥事対応プリンシプル概説」
05「不祥事予防プリンシプル概説」
06「ガバナンスとマネジメントの区別」
07「リスク管理体制整備と役員の善管注意義務」
08「経産省法務機能の在り方研究会報告書」
09「ブレーキでなくヘッドライトに」
10「コンプライアンスと労働環境」
11「不正のトライアングルと性弱説」
12「コンダクト・リスク」
13「ESG/SDGsとリスク管理」
第2章 不祥事の未然防止(予防統制)
14「不祥事予防プリンシプル原則1」
15「不祥事予防プリンシプル原則2」
16「不祥事予防プリンシプル原則3」
17「不祥事予防プリンシプル原則4」
18「3つの防衛線1:概説」
19「3つの防衛線2:金融庁コンプライアンス・リスク管理基本方針」
20「3つの防衛線3:導入のポイント」
21「3つの防衛線4: 1.5線の選任と活用」
22「3つの防衛線5: 1.5線の活用(会計不正)
23「3つの防衛線6: 1.5線の活用(品質不正)
24「東芝の内部管理体制改善報告から学ぶ」
25「リスクマップ1:概説」
26「リスクマップ2:作成方法」
27「リスクマップ3:リスク管理委員会を活用したPDCA」
28「リスクマップ4:改正開示府令への対応」
第3章 不祥事の早期発見(発見統制)
29「発見統制の必要性とポイント」
30「リスク情報把握から是正までの一連のサイクル」
31「メインライン=職制上のレポートライン」
32「中間管理層研修でリスク・リテラシーを高める」
33「3つの防衛線による発見統制の強化」
34サブライン=内部通報制度の活用
35「経営陣から独立した内部通報外部窓口の設置」
36「内部通報認証制度と法改正の動向」
37「発見型コンプライアンス・アンケートの活用」
38「IT活用による発見統制の進展」
第4章 不祥事対応としての危機管理
39「信頼のV字回復に向けた行動原理」
40「事実調査の必要性」
41「事実調査の手法」
42「デジタルフォレンジックの活用」
43「件外調査の必要性」
44「件外調査の手法」
45「不祥事の根本的原因の解明(不祥事対応プリンシプル原則1)
46「真因究明の必要性」
47「真因究明の手法」
48「再発防止策の策定と実行(不祥事対応プリンシプル原則3)」
49「再発防止策の実効性」
50「迅速かつ的確な情報開示(不祥事対応プリンシプル原則4)」
51「不祥事に関する適時開示の遅延が招く法的リスク」
52「危機管理広報1:レピュテーションを管理する」
53「危機管理広報2:基本姿勢」
54「危機管理広報3:対応のポイント」
55「危機管理広報4:好印象で終える」
56「第三者委員会1:設置の要否(不祥事対応プリンシプル原則2)」
57「第三者委員会2:目的と機能」
58「第三者委員会3:社外役員の積極的関与」
59「第三者委員会4:日弁連ガイドラインによる規律」
60「第三者委員会5:顧問弁護士との役割分担」
61「第三者委員会6:弁護士秘匿特権との関係」
62「オールステークホルダー対応」
63「機関投資家とのエンゲージメント」
64「危機管理委員会の設置と運用」
65「危機を想定した訓練1:模擬危機対応」
66「危機を想定した訓練2:模擬記者会見」
67「日本版司法取引1:制度概要と適用事例」
68「日本版司法取引2:対応のポイント」
第5章 グループおよびサプライチェーンのリスク管理
69「不祥事予防プリンシプル原則5」
70「経産省グループ・ガバナンス・システム実務指針」
71「グループを貫く3つの防衛線」
72「海外子会社の管理」
73「富士ゼロックス海外子会社不正会計問題から学ぶ」
74「買収子会社の管理」
75「DeNAキュレーションサイト事業問題から学ぶ」
76「上場子会社とガバナンス」
77「不祥事予防プリンシプル原則6」
78「サプライチェーンの平時のモニタリング」
79「サプライチェーンの有事の危機管理」
80「サプライチェーンのESGリスクマネジメント」

内容(「BOOK」データベースより)

グローバル企業や上場企業で起きた大規模な不祥事が表面化し、企業価値を大きく毀損する事例が後を絶ちません。もはや企業にとっての不祥事は、「あってはならないもの」と遠ざけるのではなく、「必ず起きるもの」と正面から向き合うことが必要です。本書では、不祥事を未然に防止する「予防」、発生した不祥事を早期に把握する「発見」、発見した不祥事への「対応」という3つの場面において、実在する最新のベスト・プラクティスをふんだんに紹介し、徹底的に実務目線で解説しています。ビジュアル的に要点を早分かりしていただけるよう図解も盛り込んでいます。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 196ページ
  • 出版社: 中央経済社 (2019/10/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4502320714
  • ISBN-13: 978-4502320712
  • 発売日: 2019/10/8
  • 梱包サイズ: 21 x 15 x 1.8 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 19,565位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう