Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 596

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[是本 信義]の図解 クラウゼヴィッツ「戦争論」入門 (中経の文庫)
Kindle App Ad

図解 クラウゼヴィッツ「戦争論」入門 (中経の文庫) Kindle版

5つ星のうち 3.3 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 596
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1

紙の本の長さ: 255ページ

商品の説明

内容紹介

クラウゼヴィッツの『戦争論』は、中国の『孫子の兵法』と並ぶ不朽の兵法書。
戦争を「戦略」、「戦術」、「ロジスティクス」の観点から理論的に解明し、さらに「将帥」(トップ層)の精神力を最重要視した点に特徴がある。
企業マネジメントにも通じる『戦争論』のエッセンスを、戦史上の事例をケースにしながらわかりやすく解説。

※本作品は、『図解 クラウゼヴィッツ「戦争論」は面白い!』(小社刊)を改題、新編集したものです。

内容(「BOOK」データベースより)

クラウゼヴィッツの『戦争論』は、中国の『孫子の兵法』と並ぶ不朽の兵法書。戦争を「戦略」、「戦術」、「ロジスティクス」の観点から理論的に解明し、さらに「将帥」(トップ層)の精神力を最重要視した点に特徴がある。企業マネジメントにも通じる『戦争論』のエッセンスを、戦史上の事例をケースにしながらわかりやすく解説。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 12725 KB
  • 紙の本の長さ: 161 ページ
  • 出版社: KADOKAWA / 中経出版 (2016/12/24)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01MXUMEDS
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 63,773位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
クラウゼヴィッツの戦争論は、言い回しがくどくて難解であり、また当時は陸軍しかなかったため、航空機を用いるようになった時代の戦争にはそのまま当てはめにくい記述も多くみられます。

本書は入門書として、クラウゼヴィッツの記述の要点を挙げ、それを具体的な戦史で解説しています。しかもその事例が織田信長であったり、山本五十六であったり、日本陸軍・海軍であったりします。

またそれぞれの事例が簡潔にまとめられているので、電車等で読むのには最適な本です。ただ「図解」といいながら、多くはフローチャートです。もちろんその単元を読んだ後の知識の整理には役立ちますが。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
戦争論に関する本はこれが初めて読んだ本だったんですが、
「入門」というだけあって初心者にも分かりやすい構成になっています。

まずは戦争論の成り立ちから書かれているので、
ヨーロッパ史に疎くてもスムーズに読んでいくことができます。
カタカナばかりでとっつきにくいということはありません。

中身の部分は冒頭に戦争論の文章を引用しそれの説明と事例の流れになっています。
冒頭の文章はやや難解な部分もありますが、
自分なりに理解してみてから説明と照らし合わせてみると、
そのまま説明を読むよりも理解しやすいと思います。
説明を読んだあとは日本やヨーロッパの事例で理解を深め、
最後にフローチャートで復習すれば頭の中にスッキリ入ります。

次は戦争論自体にチャレンジしたくなる良書です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
クラウセビッツの戦争論を読んだことがあるが、冗長な感じで嫌気がさした。
が、当著書は過去はカルタゴ、現代戦の事例を図表を交えながら解説してくれている。ビジネス応用としても分かり易く、ランチェスター理論と併せて、有効に使えることを実感できた。
著者は防衛大学校の教官を務めていたらしいが、ビジネスセンスも有るんじゃないかと、想像してしまった。感謝!
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
 『戦争論』には他の兵法書には無い特徴がある。それは敗戦後の対応についての詳述が
あることだ。

 他の兵法書には、敗戦を防ぐために撤退することまで書いてあることが殆どである。
あとは、戦略レベルで敗戦からの立ち直りを述べている程度である。しかし、著者が
捕虜になった経験もしっかりと活用している為、戦術レベルでの敗戦対応が書かれている
点が勉強になった。

 新規開拓。新規事業立ち上げ。種々の偵察戦。それらにおいて、失敗と敗北は切り離せ
ない。ただ、失敗と敗北を「どういうもの」にするかによって、それらは思わぬ宝となり
うる。

 ちなみに本書が、原著の内容のどれぐらいの範囲をカバーしているのかが、わからない。
あくまで「入門書」としての位置づけになる。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover