通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
図解入門業界研究最新クレジット/ローン業界の動向と... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【書き込みなし】 ◇◆amazon専用在庫◆◇ 折れ・多少の使用感がありますが、書き込み等なく、概ね良好な状態です。検品には万全を期しておりますが、万一見落とし等ありましたらメールにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

図解入門業界研究最新クレジット/ローン業界の動向とカラクリがよ~くわかる本[第4版] (How‐nual―図解入門業界研究) 単行本 – 2014/10/27

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2014/10/27
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 440

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 図解入門業界研究最新クレジット/ローン業界の動向とカラクリがよ~くわかる本[第4版] (How‐nual―図解入門業界研究)
  • +
  • カード決済業務のすべて―ペイメントサービスの仕組みとルール
  • +
  • 決済の世界はこう動く! 図解カードビジネスの戦略<第2版>
総額: ¥6,156
ポイントの合計: 184pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

個人消費手段の1/5占めるクレジット!20年五輪に向けてのクレジット国策!浮揚のカギ握るインターネットショップ!クレジットカード凌ぐ電子マネーの脅威!スマホがカード決済を脅かす存在になる!業界人、就職、転職に役立つ情報満載。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

平木/恭一
1955年千葉県生まれ。明治大学文学部卒。経済ジャーナリスト。金融業界の取材歴30年。週刊誌や経済専門誌に執筆多数。近年はノンバンクやIT分野などを手掛けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 191ページ
  • 出版社: 秀和システム; 第4版 (2014/10/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4798042005
  • ISBN-13: 978-4798042008
  • 発売日: 2014/10/27
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 5,449位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 Edgeworth-Kuiper Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2016/2/9
Amazonで購入
クレジットカードと信販会社について解説した本。2014年10月に出版された第4版。犯罪被害の増加。外国人観光客の増加。メガバンクの再編とクレジットカード会社。イシュアーとアクアイヤー。インターネットショッピングサイトとのポイントを通じた連携。CAT(Credit Authorization Terminal System)とCCT(Credit Center Terminal System)。CAFISとINFOXネット、GP-ネットやJCN。銀行の職域開拓で広がった銀行系クレジットカード。客離れを恐れて無理なシステム統合を避ける傾向。フランチャイジー問題。売り場とつながる流通系カードの強みと主婦のキャッシング増加で過払い金増加につながった皮肉。東南アジアを攻めるJCB。Squareやコイニーのようなスマホ決済。電子マネー。Tポイントカード。J-Debitに替わって普及するブランドデビット。ショッピングは経産省でキャッシングは金融庁という2重監督構造。信販会社が力を入れている保証業務と学費ローン。貸金業法による総量規制(年収の1/3が上限)。2010年の資金決済法によって100万円までの送金が銀行でもOKになったこと。ペイパル。ソーシャルレンディング。過払い金請求、ごくごく簡単な説明しかないがビットコインも取り上げられてはいる。2016年に入り、既に古いところもあるが、クレジットとローン業界の基本を押さえるには悪くない本だと思われる。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告