通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
図解入門よくわかる痛み・鎮痛の基本としくみ (Ho... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

図解入門よくわかる痛み・鎮痛の基本としくみ (How‐nual Visual Guide Book) 単行本 – 2011/4/22

5つ星のうち 4.4 15件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,836
¥ 1,836 ¥ 1,151

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 図解入門よくわかる痛み・鎮痛の基本としくみ (How‐nual Visual Guide Book)
  • +
  • 図解入門よくわかる股関節・骨盤の動きとしくみ (How‐nual Visual Guide Book)
  • +
  • 図解入門よくわかる首・肩関節の動きとしくみ (How-nual図解入門Visual Guide Book)
総額: ¥5,508
ポイントの合計: 167pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ストレス鎮痛・内臓痛・トリガーポイントなど、注目トピック満載。痛みについて知りたいことがよくわかる。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

伊藤/和憲
明治国際医療大学鍼灸学部准教授。1972年生まれ。2002年明治鍼灸大学大学院博士課程修了後、明治鍼灸大学鍼灸学部助手・助教・講師、大阪大学医学部生体機能補完医学講座特任助手、University of Toronto、Research Fellowを経て現職。専門領域は筋骨格系の痛みに対する鍼灸治療で、特に筋肉の痛み(線維筋痛症・筋筋膜疼痛症候群)を専門にしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 232ページ
  • 出版社: 秀和システム (2011/4/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4798029467
  • ISBN-13: 978-4798029467
  • 発売日: 2011/4/22
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 15 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 129,136位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
此のての本は結論が無いので。良くない!素人考えだが!読むならばそのおつもりで。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
様々な角度から「痛み・鎮痛」を分りやすく説明したもの。
これから読み込んで、臨床に活かしたい。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
専門的に書かれており大変参考になりました。また、左半分は図解などで分かりやすく説明しているため、理解しやすかったです。
充実した内容でこの値段は有難いです(^-^)
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
痛みのメカニズムについて、入門レベルを越えるぐらい詳しく説明されています。次のようなことが書かれています。
1 うつ病などでセロトニン神経の働きが抑制されれば、セロトニンがほとんど分泌されないため、自己鎮痛が起こりません。それで怒りや不安などの感情的ストレスが加わると、普段より痛みを強く感じることになります。
2 皮膚や神経が損傷した直後の痛みは緊急性が高く、いち早く脳へ情報を伝えなければなりません。したがって痛みは局在が明瞭で鋭い痛み(一次痛)が中心となります。
一方、筋肉や内臓は、常に皮膚に覆われているため外界の危険を直接受けることはありません。緊急性は低く、やや曖昧でも問題ありません。したがって、筋肉や内臓の痛みは、局在が不明瞭で鈍い痛み(二次痛)が中心となります。
3 心臓疾患では左肩に、胆嚢や肝臓疾患では右肩に痛みが出現することもあります。
4 実際に損傷されている所と異なる所が痛む関連痛が起こる原因は、内臓から痛みを伝えてきた神経が、脊髄で他の部位(皮膚など)から痛みを伝えてくる神経とまとめられて脳に投射されるため、脳がどこからきた痛みなのか正確に判別することができず、誤認を起こすのではないかといわれています。
5 骨が折れたとき、骨本体が痛いのではなく、破壊に伴う炎症や骨折に伴う機械刺激などで骨膜の侵害受容器
...続きを読む ›
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
理学療法士です。痛みのメカニズムに関しての文献は読んでも小難しく、なんだか分かった様な分からないような感じでしたが、本書に出会って感動です。

今までモヤモヤしていた痛みのメカニズムを、絵を用いて非常に分かりやすく説明されています。

臨床で痛みを訴える患者様は非常に多くおられますが、本書のように分かりやすく患者様にも説明ができそうです。

必須の一冊ですね!
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
本書は痛みのメカニズム、種類、診断、治療法、投薬などを幅広く扱っています。
各テーマは要点のみに絞って、文章も図も数倍の内容から推敲を繰り返して
凝縮して書かれていると感じました。

痛みのメカニズムでは神経科学の基礎知識を押さえ、これを基礎に薬理学の
背景となるメカニズムの説明や各疾患の解説が続きます。
幅広い分野を対象にバランスよくポイントに的を絞った内容となっている反面、
この本しか読まない人は、専門用語の羅列に感じると思います。
個々の専門用語の解説よりも、その関連性に比重を置いています。

従って、より深い内容の本を読む際に必須ポイントを効率よく押さえて、基礎を
固めるためのサブノート的な使い方が適していると思います。
専門書を併読せずとも、用語の意味をネットで調べながら読む方法でも使えます。
私は本書を軸に色々な本を(全部読むのは大変なので)つまみ食いしながら乱読し、
細かな用語の詳細はネットで検索して補充しました。

内容的には、本書の参考文献の筆頭に挙げられている
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
かなり詳しく書かれていてすごいと思いました。感覚をキャッチする受容体、神経の種類、神経伝達物質、信号が脳などに伝わる回路など内容がすごく充実しています。

驚いたことは、現在解明されていることやその科学的根拠も書かれていることに加えて、未解明な部分の有力な説まで詳しく書かれていたことです。とても知識の幅が広がり感謝しています。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
専門家からそうでないひとまで幅広く使える本だと思いました。2ページ1話題の構成も興味のあるところから読めるので良かったです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告