通常配送無料 詳細
残り13点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
図解入門よくわかる物理数学の基本と仕組み (How... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆保証付。アマゾンから迅速発送◆表紙に若干のスレがありますが、紙面の状態は概ね良好です。【検品担当者より】カバーに日焼け・傷があります。ページ側面にヨゴレがあります。全体に歪みが少しあります。 丁寧な検品、迅速な発送を心がけております。アマゾン配送センターより毎日迅速発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

図解入門よくわかる物理数学の基本と仕組み (How‐nual Visual Guide Book) 単行本 – 2004/2/16

5つ星のうち 4.4 9件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,160
¥ 2,160 ¥ 1,556

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 図解入門よくわかる物理数学の基本と仕組み (How‐nual Visual Guide Book)
  • +
  • 物理数学の直観的方法―理工系で学ぶ数学「難所突破」の特効薬〈普及版〉 (ブルーバックス)
総額: ¥3,283
ポイントの合計: 99pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

数学の公式が物理や工学の分野でどのように使われているのか、やさしく、ビジュアルに解説。収録内容:ベクトルと行列/微分と積分/ベクトル解析/複素関数論/変分法/関数空間

内容(「BOOK」データベースより)

数学の公式が物理や工学の分野でどのように使われているのか、やさしく、ビジュアルに解説。数学の応用力がつく一冊。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 290ページ
  • 出版社: 秀和システム (2004/2/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 479800698X
  • ISBN-13: 978-4798006987
  • 発売日: 2004/2/16
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 23,747位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
物理数学の面で大切な数学的内容が書かれている。
表紙の見た目の印象より中身は詳しいと思われるが、
図等がわかりやすく負担は少ない。
直感的な記述と数式的な導出のバランスが良いので、
手元にあると便利。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
学生時代を思い出して、購入。電磁気学を再度学習しましたが、式の展開が思うようになりません。このような本は、非常にありがたい。物理を学ぶには、
イメージとしての現象の理解もあります。しかし、その現象を知るには、表現している数式の理解がなくてはいけません。そのためには、数式の展開を
するための力量が必要なのです。
今回、この本の数式を展開しながら読まさせてもらいました。学生時代を思い出しながら。こんなことをやって、レポートを書いたもんだと。
評価よりも、お願いです。日がな一日本を読み重ねれば、現在の最先端の物理学まで理解できるような本を書いて欲しい。途中の数式展開を端折らずに記述して
いただければ、少々の値段でも購入し、読み漁りして、痴呆防止にさせていただけたらと思う次第です。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
図解入門シリーズなので当たり前なのだが
ほぼ毎ページに図が入っている。

なので特にベクトル関連などはイメージがつかみやすい。
数学で式は重要だけど、イメージとして腑に落ちているというのも劣らず重要だと思う。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
理工系大学学部1、2年で習う数学が
これ一冊にまとめられていて大助かりです。
線形代数、微積分、ベクトル解析、複素関数論、
変分法、ラプラス・フーリエ変換、
これらをしようと思って本を買い揃えたら
どれだけお金かかる事か、、。
(しかも一つ一つの本が大抵本書1冊より高い)
導入はこれ一冊十分だと思います。

ただ、物理数学という学問の特性上、
どうしても実際の物理現象を題材に取り上げるのは
やむを得ない事かもしれませんが、
量子力学を題材に説明している箇所は
初学者が見たら面食らうかもしれません。
その点で、星4つとしました。

自分が学生時代に、こんな本があったら、、、
今の学生は本当に恵まれています。
この恵まれた状態で勉強しないなんて、
そういう人は学問に向いていないと思います。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Makoto Ichikawa トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2008/8/8
形式: 単行本
 教養課程の物理学のテキストブックとして使用される本は無味乾燥なものが多く、そこで使用される数学の理解の如何により、学生に無為な時間を過ごさせてしまう可能性があります。
 そんなことを考えていた時に見つけたのが本書でした。本書の「まえがき」の「〜 どういう目的で数学が考え出されたかということから出発して、(略)、公式が何に使われるか、何のために学ぶのかといったことを理解した上で学習することは(略)」は、私が考えていたことに応えるものでした。本書の内容自体は、私の「こうであったら」と考えていたものとは異なりましたが、本書の存在により、理工学の基礎となる物理の面白さに目覚めてくれる学生が増えるのではと考えるとうれしくなります。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告