通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
囲碁殺人事件 (講談社文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

囲碁殺人事件 (講談社文庫) 文庫 – 2017/2/15

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 734
¥ 734 ¥ 431

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 囲碁殺人事件 (講談社文庫)
  • +
  • 将棋殺人事件 (講談社文庫)
  • +
  • トランプ殺人事件 (講談社文庫)
総額: ¥2,290
ポイントの合計: 73pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

山梨で行われた囲碁タイトル戦・第七期棋幽戦第二局二日目、〈碁の鬼〉槇野九段が、近くの滝で首無し屍体で発見された。IQ208の天才少年棋士・牧場智久と大脳生理学者・須堂信一郎は事件の謎に挑むが、犯人の魔の手は牧場少年にも襲いかかる。ゲーム三部作第一弾開幕! 文庫特典:短編「チェス殺人事件」併録。

内容(「BOOK」データベースより)

山梨で行われた囲碁タイトル戦・第七期棋幽戦第二局二日目、“碁の鬼”槇野九段が、近くの滝で首無し屍体で発見された。IQ208の天才少年棋士・牧場智久と大脳生理学者・須堂信一郎は事件に挑むが、犯人の魔の手は牧場少年にも襲いかかる。ゲーム三部作第一弾開幕!文庫特典:短編「チェス殺人事件」収録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 336ページ
  • 出版社: 講談社 (2017/2/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062935937
  • ISBN-13: 978-4062935937
  • 発売日: 2017/2/15
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 76,006位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
囲碁のタイトル戦の途中、ほぼ勝利の確定していた棋士が、無惨な首なし死体で発見されるミステリ。メタミステリだのアンチミステリだのと称されるされることの多い竹本作品のなかでは、きわめて真っ当な普通の本格推理ものになっている。

囲碁にかんする蘊蓄が満載だが、それが無味乾燥な知識としてでなく、緊張感のある対局や、碁に人生をかけた者の確執や懊悩のドラマのなかで描かれるため、囲碁に不案内な筆者にもとても興味深く読むことができた。前半の息詰まるタイトル戦の場面などを読んでいると、ミステリでなくていいから個性的な棋士たちの盤面バトルを描いた囲碁小説でも、竹本氏に書いてもらいたいと思ってしまうほどだった。

後半は、驚天動地のトリックなどはないものの、巧みな発想の転換などツイストのきいた推理や、主人公の天才少年が犯人に付け狙われるサスペンス、最後まで囲碁にこだわった印象的な犯人指摘の演出など、飽きさせず一気に読ませる面白さがある。三百ページにとどかない短めの長編であるため、大作感に欠けるのがやや勿体ないと思えたが、読みどころがギュッとつまった作品で、文句なく楽しめた。

併録されている『チェス殺人事件』は、密室での拳銃自殺と思われる事件をあつかっているが、チェスとポーの歴史的有名作品をからめた趣向がとても面白い好短編。法月綸太郎の精緻に分
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
著者の作品に於いて、
『匣の中の失落』以外でまともに読んだことがある書籍は何かと考えると、
実のところ最近の『涙香迷宮』しかないのですけれど、
その関連が読みたくなったことから、購入をo(・x・)/
牧場智久に対して、
絶対的な探偵観に立ち、時系列的な事柄等もないもの、
と想像していたのですが、
その成長も表現したシリーズだったんですね_φ(・_・
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 もず 投稿日 2017/3/6
形式: 文庫
囲碁とミステリーの融合という設定は面白いのですが、囲碁のルールがわからないとわかりにくいかなと思います。ただ、シリーズ3部作ということで次の2作品もチェックしてみたいと思います
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告