Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
    Apple
  • Android
    Android
  • Windows Phone
    Windows Phone
  • Click here to download from Amazon appstore
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

購入オプション

Kindle 価格: ¥ 300
Kindle Unlimitedのロゴ
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

Facebook Twitter LINE
Kindle App Ad
[深沢 武雄]の回顧1964~1967(上) アルト・ヌーシャテル: 我が青春の城の見える街

回顧1964~1967(上) アルト・ヌーシャテル: 我が青春の城の見える街 Kindle版


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版, 2018/6/19
¥ 300

紙の本の長さ: 417ページ

【Kindle Unlimited】
120万冊以上の本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

前著『三歳半の小さな戦争』の冒頭で述べたように、私は、1964年10月11日、それは奇しくも東京オリンピック開会式の翌朝であったが、前々から思うことがあってひとり横浜を発ち、冷戦の最中、ナホトカ、シベリア経由でヨーロッパに旅立った。大学卒業を横目にかくたるあてのない旅であり、それはいわば家からの脱出であり、大学からの脱出であり、高度成長の登り坂にさしかかっていた日本に背をむけての脱出行だった。帰国したのは1967年3月だった。その間、ヨーロッパのみならず、はからずも北大西洋航路各地の港まで転々として悲喜こもごも様々な出来事に出会った。これといって書き残すに価するようなことでもなかったが、50年たってみるとそのひとつひとつの出来事にあえて特別な意味を求めるのではなく、見たもの聞いたものごとをただそのまま写生することに面白みがあるのではないかと思うようになった。そして、その前に60年代の前提としてどうしても戦中戦後に遡って描いておかなければならなかったのが『三歳半の小さな戦争』だった。従って、本書は、少し時代にギャップはあるが、『回顧1941~1950 三歳半の小さな戦争』の続編である。約3年間の主としてヨーロッパで経験したできごとであるが書き出してみると上巻下巻あわせて800ページ以上の本になった。本書はその上巻で、冷戦下のソ連、東欧を経てスイスのヌーシャテルという街に至り、そこで約1年滞在した後、パリからハンブルグまでの約半年間に経験した出来事を記録した(著者)。
[主な内容]
序章:出立(1964年10月 横浜~ザルツブルグ)―1.横浜からナホトカへ/ 横浜港大桟橋・オルジョニキーゼ号;2.ナホトカ~ハバロフスク(シベリア鉄道)/ 特急列車ボストーク号;3.ハバロフスク~モスクワ/長距離大型旅客機TU114;4.モスクワ/ウクライナホテル・金髪のガイド・ロシア正教の古い教会・地下鉄; 5.ワルシャワ/ワルシャワの五人の少年少女たち・王宮広場・洗礼者ヨハネ大聖堂・戦場のピアニスト・ワルシャワのマックス・ミュラー・IBM とホロコースト・少年たちとの別れ;6.圧倒的な造形美(プラハ)/マラー・ストラナ;7.西欧の玄関口、ウイーン;8.ザルツブルグ/アンドレイという名の日本人・赤毛のレナート。第1章:ヌーシャテル(1964年10月~1965年4月)城見える湖畔の街―1.コロンビエのフォン・エルディ家/ベルボー14番地の下宿屋;2.大学入学・労働許可・仕事/教室での直談判・バイト探し・市民合唱団とその仲間たち・天理大帰りの柔道家と日本人の若奥さん・時計ガラス工場;3.パイプオルガン/ハンス・グローセンバッハの肖像・合唱団指揮者の交代劇;4.1964年の師走/ヴィンタートゥール・キブツ氏の計らい・アン、ドゥー、トロア・レストランマロイア・学生食堂の母娘。
第2章:コータイヨー(1965年4月~10月)―1.ムッシュー・ミュラーとの出会い/尖塔を戴く館・プティ・コータイヨー;2.プロミエール・マルス/逃げ出す家政婦・父娘;3.鉤十字;4.ハンブルグからの客人;5.破局/パリ行き・部屋替え・湖畔のダンスパーティー・大怪我・真っ赤に焼けたストーブ。
第3章:脱ヌーシャテル(1965年10月~12月)― 1. ボーザール二一番地/再び仕事探・レストランヌーシャテロア・カフェーテアトル・ミュラー氏とのやりとり;2.パリへ/初めて売れた絵。
第4章:パリの7日間(1965年12月)―1.ローム;2.シテ・ユニヴェルシテール;3.モンマルトル~ルーブル;4.留まるべきか去るべきか;5.脱パリ ポルト・ドゥ・パンタン~モー:6.アルト・ハイデルベルグ。
第5章:ハンブルグ(1965年12月~1966年4月)―1.フランクフルト~ハノーバー~ハンブルグ/クリスチアンヌの家;2.フラウエンタール通り16番地/アーント夫妻との再会・菩提樹・クリスマス・ワルサーPPK; 3.アルスターハウス/賭け五目;4.ローザンヌ室内管弦楽団との共演;5.ヌーシャテルからの客人/招かれざる客・救世主《コーラルスイー》

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 44455 KB
  • 紙の本の長さ: 417 ページ
  • 出版社: テクネ; 1版 (2018/6/19)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B07DW1D3NG
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 225,536位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

click to open popover

注文した商品はどこ?

配送と返品について

ヘルプデスク