中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。uu6650_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

回転寿司「激安ネタ」のカラクリ−ファン必読! 偽装魚&インチキ代用魚総覧85種 (別冊宝島) ムック – 2007/1/12

5つ星のうち 3.8 15件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ムック
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

著者について

『週刊文春』の元事件記者。著書に『食マフィアの棲む国 毒菜』(徳間書店)、『新宿歌舞伎町 マフィアの棲む街』(文春文庫)など多数の著作がある。今回の著作では、長年にわたる魚の飼育、釣りでの経験を生かし、いまだにタブーの多い魚介類流通について徹底取材を敢行した。


登録情報

  • ムック: 127ページ
  • 出版社: 宝島社 (2007/1/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4796656138
  • ISBN-13: 978-4796656139
  • 発売日: 2007/1/12
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 14.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 602,878位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: ムック Amazonで購入
身内が食品流通に関わっています。本書にある情報はあまりにもいい加減だと思います。

確かにチリアワビやオヒョウの縁側を素材として使っている回転寿司や居酒屋はよくありますが、但し書きがあるのが普通です。そして何より、ブラックバスなどの淡水魚の生での使用は絶対にあり得ません(わざわざ正規ルートが存在しないブラックバスを用いるとかえってコストがかかります)。また、水産用医薬品に関しての、「養殖魚は抗生物質漬け」なる記述は大幅な誇張です(経口での投薬はそもそも吸収率が非常に悪いものです。使用した量そのものの数パーセントしか、魚の体内に取り込まれませんし、そもそもが、人体に悪影響を及ぼさない投薬量を厳しく法が定めています)。

存在する最悪のケースばかりを、レトリックで大幅に誇張して一冊の本に寄せ集めるとこうなるのかもしれません。そもそもが確かなソースではなく、「某チェーン店店長」などの伝聞で構成された情報なので、その信憑性は疑問です。ただ、本のインパクトは大きいなぁと感心しましたので、星2つの評価です。

収録されている情報そのものには根拠がないと判断します。多少なりとも期待して購入したのですが、正直、期待はずれでした。
コメント 102人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 秋水 トップ500レビュアー 投稿日 2009/7/18
形式: ムック Amazonで購入
養殖の魚は、餌に抗生物質が使われていて危ない。天然の魚は、有害物質が蓄積していて危ない。
では、魚を食べてはいけないのか。

著者には、陸上で人工海水を使って養殖することも許せないようだが、この技術は内陸閉鎖式養殖と言い、既に確立された技術である。
初期投資とランニングコストが高価である欠点があるものの、養殖の技術としては問題はない。

日本人が高価で水産資源を買い付けるので、世界中で魚類が乱獲され、水産資源が枯渇しているのだそうだ。
では、水産総合研究センター開発調査センター(JAMARC)が水産資源として開発してきた魚はどうかというと、「深海魚はグロテスク」なんだと。

また、「アナゴの代用魚としてウミヘビが使われている」と書かれているが、これはウミヘビと言う異名を持つマルアナゴのことであり、爬虫類の毒蛇、海蛇のことではない。
しかし「アナゴの代用として海蛇を使っている」としか受け取れないような書き方をしており、読んだ人のほとんどは誤解するだろう。

JAMARCのサイトを見た方が面白い。
[...]
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック
Yahoo!ニュース(週刊SPA!)に掲載された回転寿司の偽装魚についての記事を読み、ここへたどり着きました。

まずは、著者の下記タイトルの本について、確認なさることをお勧めします。

【王国への追跡 〜地下鉄サリン事件から15年 オウム特別手配犯の潜伏先〜 】

内容紹介(amazonより引用)
オウム特別手配犯、逃亡15年の菊地直子はミャンマーにいる!!
全国29万の警察官に告ぐ! 未だ逮捕されないオウム特別手配被疑者、菊地直子、平田信, 高橋克也の3名は、もはや日本にはいない。
取材過程で次々と明らかになる新事実、奇想天外な国外逃亡の手口と逃走経路、数々の現場写真、そして外務省激震の在タイ日本大使館・領事部の不正ビザ売買疑惑を追跡すると、意外な追っ手が迫ってきた……。
       :
       :

このタイトルの出版後に逮捕された特別手配被疑者の逃走経路は上記内容と不一致であることが報道されています。
このことを踏まえた上で、寿司ネタの信憑性を検討されることをお勧めします。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック
あるとき、回転ずしに入ったら、店内全体、何となく消毒くさい臭いがした。

しかし、ちゃんと食べて帰ったのだが、身体のどこかで警報が鳴っていたのだろう。

この本の紹介記事に目が行き、すぐ購入を決めた。

しかし、買いに行ったのだが、ムックのせいかなかなか見つけられない。

店員にきいたら売り切れだという。

何軒か回ってやっと手に入れた。

地方では尚更、手に入りにくいだろう。

出版社の方には、流通を何とかしていただきたい。

 東京近郊や地方の都市では特に、回転ずしは家族皆で行く一家団欒の場所、となっているのだから。

さて、内容だが、マグロでなく、アナゴでなく、わけのわからぬ魚を食べさせられるのはまだいい。

美味しければ大したことではない、とわたしは思う。

しかし、色づけ、味付け、薬づけでは困る。

衛生的に問題があるのも困る。

発ガン物質などを使って、健康に影響が出るのはもっと困る。

皆の期待を裏切るような商いをしてはいけない。

 地球の温暖化
...続きを読む ›
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す


フィードバック