Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 540

¥ 272の割引 (33%)

ポイント : 5pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[灰原 薬]の回游の森
Kindle App Ad

回游の森 Kindle版

5つ星のうち 4.4 13件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 540
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 812 ¥ 1

紙の本の長さ: 224ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック


商品の説明

内容紹介

この疚しさは、罪ですか?少女愛を秘めた男、愛した男に復讐をたくらむ女、蛇しか愛せない青年、親友に恋した少女……「秘密」を隠し持った人間は、極上の"疚しさ"を紡ぎ出す。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 52363 KB
  • 紙の本の長さ: 225 ページ
  • 出版社: 太田出版 (2013/10/16)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00G2675K4
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
「応天の門」から入り、購入に至ったが純文学性がある漫画だなあと思う。

オムニバス形式で、各ストーリーを糸のように繋いでいるのは後悔や未練、傲慢など負の感情が紡ぐ思い出たち。
でも決して楽しいだけが人生ではないのだから、私も各話の登場人物たちと同じように無意識に日々のマイナスをこうやって分からないように見えなくなるまで埋めてしまっているのだろうなと感じた。
抱えるには大きすぎるものも、宝物のような感情も、今はいらないと思うもの全てを私たちは仮想の海に流して、回游させているのかもしれない。

でもふとある時に湧き上がるのは、手放したものたちを全部持ち続けていたらというもしもの将来や完全な幸せを得た未来像で、でも結局は思うだけにとどまる。
憧憬を埋め続けるのか、後悔が育ちきるまで待つのか、きっと死滅するまで回游は終わらない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 かずのこ 投稿日 2010/2/9
形式: 単行本
元々この作者の絵が好きだったというのもあり、内容は良く知らずに買ったのですが、話にすっかり引き込まれてしまいました。
ファンになったきっかけは、とかげという作品で女性がとても妖艶な魅力を持つ絵、それに尽きました・・話はイマイチだった・・

しかしこの作品、回遊の森は絵もとても魅力的なのですが、どの作品も話が魅せる力を持っています。

人に言えない性癖、愛情、憧れ、嘘、等・・
それを抱えて生きている主人公たち

そして読者に残る、若干の後味の悪さと独特の背徳感
読み終わった跡が心にしっかりと残る作品になっていました。

灰原薬さんはとても良い漫画描きなられたんだと思います。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
灰原さんの画にはやはりこういう暗めの作品がぴったし合うと私は思います。

偏った性癖や恋愛感情を題材とした短編集です。登場する主人公達の関係が少しずつ繋がっている事もあり1冊スラスラと読み終えられました。

きっと誰しもが、人には決して打ち明けることが出来ない、他の人には理解できないような感情を持っていると思います。
その想いが深ければ深いほど、その深い森から抜け出すことは困難なこと。
そんな感情を抱きながら悩み苦しむ主人公達には疚しさよりも寧ろ人としての美しさのようなものを感じました。

この作品に登場した様な人が周りにもいるのかなと考えると少し楽しいカモ。
また機会があればこっちの路線で作品を出して頂きたいデス。
ダークな作品がお好みの方には是非、『回遊の森』で自由な恋愛に溺れてみては如何でしょうか。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
歪んだ愛を抱く人をメーンにしたマンガにしては重のい内容。
好き嫌いが分かれる絵柄と内容ですが私はアリです。
正当的な秩序に生きられない偏愛を抱え、それが正当ではない事を自身も理解しているうえでの背徳感。
淫靡、甘美、背徳、混沌、人間の奥底にある歪んだ想いがそこにあります。
一歩間違えば中2病的な心情を登場人物の設定と結末を巧みに操作して誰しも紙一重に抱えるかもしれない闇を感じました。
ミヨという少女が最初と最後に登場します、女子高校生という何とも含みのある存在にあるしたたかさと脆さを最初と最後に持ってきたのは良かったです。
個人的には爬虫類しか受け入れられない男の話が好きでした。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 あゆう 投稿日 2010/8/10
形式: 単行本
前作のとかげでセンスの良さが滲みでていたので、今回も『灰原薬』の名を見た瞬間飛びついてしまいました。
誰にもでも人には言えないような事があって、共感出来ない寂しさや虚しさがあったりします。
絵の妖艶さと相まって、惹きつけられてしまいます。
主人公が異なる短編で連なっているのですが、別の話に登場していた人物がいたりとリンクも見えて嬉しいです。
各話に共通するのは『秘密』。
その単語が最初と最後で繋がった時、ゾクッとさせられました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
購入動機は作者買い。
でも思った以上の収穫でした。

まさに「言葉にでき」ませんが、あえて言うなら読後の清涼感が異常です。
短編連作のオムニバス形式でどの主人公も一癖あり。
フェティシズムや思春期特有の葛藤など誰もが抱く「秘密」が、やがて「疚(やま)しさ」に変化していく様が淡々と描かれていて、ゆっくりと波紋が広がるように心が浸食されていくような。
けれど、それが心地いいと感じてしまう。

一読者としては本当に「ヤられた」という感じです。
支離滅裂な説明でアレですが(汗;)
これはもう実際に読んでみなければ理解できないと思います。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover