この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

回帰線

5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:2¥ 7,479より 中古品の出品:9¥ 1,735より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


Amazon の 南正人 ストア


キャンペーンおよび追加情報


登録情報

  • CD (1999/9/22)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: BMGメディアジャパン
  • 収録時間: 62 分
  • ASIN: B00005EHM5
  • EAN: 4988017089552
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 172,945位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. Train Blue
  2. 夜をくぐり抜けるまで
  3. こんなに遠くまで
  4. 海と男と女のブルース
  5. It Can’t Be Over
  6. 愛の絆
  7. 青い面影
  8. 悲しみ忘れた悲しさ
  9. 果てしない流れに咲く胸いっぱいの愛
  10. ジャン
  11. 青い面影 (シングル・ヴァージョン)
  12. ヨコスカ・ブルース
  13. 赤い花

商品の説明

内容(「CDジャーナル」データベースより)

71年のデビュー・アルバム。「吠える」1枚だ。1曲目の出だしからやたらかっこいい。アルバムのラストになる⑨は,裸のラリーズの水谷孝をまじえた大サイケ祭だ。⑩~⑬はアルバム・リリース前に出されたシングル曲。⑬のギターは涙モノだ。


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
4
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(4)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 島崎茂 投稿日 2003/5/11
形式: CD
南正人は僕にとって唯一絶対の存在である。彼ほど明確にビジョンを持ち、周りの変化にも全く無頓着に活動しているシンガーは彼しかいない
 前に南さんの奥さんに聞いたことがあるが、いまだに年に200回ぐらいのライブを行っているということだ。
このアルバムは南正人の名前は決定的にしたアルバムである。収録されいる曲目はいまだに彼の重要なレパートリーであるし、また日本のフォーク、ロックの勃興期から現在に至るまで最大のアルバムであるといっても過言ではない。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
南正人はオンリーワンです。世界を構築する作業を芸術とするなら、この人は芸術家。
肉体の中に存在する音楽とその音楽を作り出す世界観が決定的に普通じゃない。
サウンドが荒い?演奏のタイミングが合っていない?そりゃそうかも知れないけど、そうしたものを飛び越えた世界観とその世界観を押し付けるのではなく、淡々と描きながら、相手を巻き込んでいく、そんなアルバムです。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hiraku 投稿日 2009/10/25
形式: CD Amazonで購入
南正人の「回帰線」です。はっきり断言しますが、名盤中の名盤です。アシッド・フォークという部類なのかもしれませんが、その正に様々な音楽性の「塩梅」が絶妙なサジ加減で配合されているのです。一聴しただけで、すべての曲が私の心に響いてきます。捨て曲なし。叙情性とキャッチーさ、曲と詩が奇跡的に絡みつく作品です。特出すべきは「裸のラリーズ」の「水谷孝」が9曲目に参加していることです。その事実も本作の名盤が名盤たる所以なのかもしれません。作品も持つ力、我々を吸いつける「吸引力」が違います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 紙瑠 トップ1000レビュアー 投稿日 2012/9/17
形式: CD
日本のフォークの90%はクズである。

と書くと、60〜70年代フォークにリアルタイムの思い入れがある方々は面白くないだろうが、事実なので仕方ない。もち
ろんこの「フォーク」は「ロック」や「ジャズ」や「パンク」に言い換えても成立可能だが、フォークは特にその傾向が強い。
英米フォークとは全く異質な、あのどうにもベタつく感触。政治家やメディアを威勢よく罵倒はするものの、その刃が自分
たちに返ってくることは決してない。ライヴ録音を聴くと特によくわかるが歌手と客の馴れ合いがひどく、感情を吐き出し
てスッキリしたところで自足して閉じてしまっているので、結局は共同体意識に基づくおままごとに過ぎない。デモに行
くより女と同棲したいと正直に認めた四畳半フォークの方が、プロテスト・フォークよりナンボかマシだ。

で、前置きが長くなったが、南正人だ。
上記のようなフォークのエリートたちが集う牙城であったURCの偽善的な選民意識と商業主義を看破した慧眼だけでも
好印象を持ってしまうが、やはり音楽家は作品がすべてである。その点71年発表のこのファーストは日本において数少
ない真のアシッド・フォークにしてアシッド・ロックであり、しかも出来が最高なのだ。シタールやファズ、テープエコーとい
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック