中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

回天の門 (文春文庫) 文庫 – 1986/10

5つ星のうち 4.2 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 3,199 ¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

変節漢・山師・策士とひとは呼ぶ。清河八郎は今なお悪評と誤解のなかにある。八郎は仕官の途さえ望まぬ、一個の“草莽の士”であった。さらにその時代は、倒幕の機いまだ熟さず、彼は早すぎた志士として生きねばならなかった。郷里出奔から、麻布一ノ橋で凶刃に倒れるまで、この悲劇の孤士の生涯を余すところなく辿る力作一千枚。


登録情報

  • 文庫: 566ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (1986/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167192160
  • ISBN-13: 978-4167192167
  • 発売日: 1986/10
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.8 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 218,082位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 ふるむーん 投稿日 2007/5/9
形式: 文庫
「魁がけてまたさきがけん死出の山 迷ひはせまじすめらぎの道」

司馬遼太郎作品をはじめとする多くの幕末小説や歴史ドラマで描かれてきた清河八郎は、正当な評価、少なくとも好意的な評価を受けて描かれたとは言い難い。
マシな描かれ方をしたところで、せいぜい「100年に一人の逸材であるにも関わらず、自身の才能を恃みすぎ、また策謀を用いすぎるために、ついには大きな仕事は出来ない」というところか。
一言で言えば、清河八郎は「イヤなヤツ」だ。

でも、これまで私はどうにも腑に落ちなかった。
何がって、「魁がけて」の辞世が。
どうしてもそんなイヤなヤツの辞世とは思えない。
もちろん、ノリで作った歌がたまたま辞世になってしまっただけとも考えられるけど、上記のイメージ通りの清河ならもっと小難しい、回りくどい、小賢しい歌ばかり作ってそうなものだ。
にも関わらず実際に遺されたのは、清清しさすら感じる直球ド真ん中のわかりやすい歌。

そのギャップをキレイに埋めてくれたのがこの作品でした。
まさに時代を先駆けた男の人生を丹念に、かつ淡々と、それでいて温かく描いています。
彼に対するイメージが180度変わる人もいるかもしれません。

幕末小説が好きな人は必読の一冊ですね。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
幕末の志士、清河八郎を主人公にした物語です。

清河八郎には、紹介文で書いているように「変節漢」などという悪評が付きまとっています。しかし藤沢氏はそれに疑問を感じ、清河八郎の生涯を丹念に追っていき、その一貫とした意思と生き様を描いています。

この物語で清河八郎が志士として活動し始めるのは後半に入ってからです。それまでは淡々と時代背景が書かれたり、文武両道塾の開設にむけての八郎の努力が描かれています。この物語の半分は幕末の解説書と言っても過言ではないかもしれません。幕末の志士の活動を、新撰組などの華やかさとは別の角度から知りたいという方にオススメの歴史小説です。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
世の中に、こんな分厚い文庫本があるだろうか?否、それがし 見たことありませぬ。
2.5cmの超ど分厚い文庫本。
しかし、これが面白くてどんどん読めちゃうのである。「日本史」が大嫌いな私でも。
まさに、「清河八郎」物語。

幕末から明治、世の中が一変する頃、
官途へ一片の野心さえ持たぬ草莽(そうもう)の志士がいた。
それは、庄内、酒屋の遊郭狂いの跡取りドラ息子。斎藤元司=後の「清河八郎」。
「維新回天」の夢を一途に追うて生きた清冽な男の生涯。

幕末の15年、こんな天下分け目のものすごいことがこの世にあったのか?と素直に驚いた。「清河八郎? 誰?」ってな感じで、聞いた事など全くありませんでしたが、「へー、実在の人物なんだー」と。読んでいくうちに嵌っちゃいました。
昔 学校の「日本史」で習った言葉が次々に出てきました。
大政奉還1867・明治維新、ペリー来航1853、鎖国、アヘン戦争1840、江戸大地震1855などなど、登場人物も続々。思わず昔の年表を引っ張り出し、確認しながら読んだ。

・「回天」・・時勢を一変させること。衰えた国政を元に返すこと。
・「志士」・・りっぱな志をもつ人。身を捨てて国事に尽くす人。
こんな初めて聞く
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Gori トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/6/22
形式: 文庫
清河八郎は、羽州清川の人。江戸に上り、文武両道を修め、幕閣に、佐幕のための浪士組の結成を建白、
認められ新徴組を結成。京に上るが、突然尊皇を唱え、反発した近藤勇らは、新撰組を結成する。
この変節のため、清河は、策士、傲岸不遜、山師などの悪評をいただく。
本当にそうだったのか、同郷の作家藤沢周平が真っ向から異論を唱え、清河を描いた。
単行本発行時のタイトルは『回天の門 草莽の人・清河八郎』だったが、文庫本化にさいして、
「草莽の人・清河八郎」の部分が除かれた。なぜなのかは書いていない。
憶測だが、清河の世上の人気の低さや、
「草莽の人」である(政治的に立ち上がった野にある名もない志士たちの意,太平洋戦争後は,テロリストの意味も持った)ということが
清河の人物像としては受け入れられないと判断した故の結論だったのだろうか。

清河を描いた人物には、司馬遼太郎、柴田錬三郎、海音寺潮五郎、大川周明と、そうそうたる有名人が並ぶが、
その中で最も清河を愛しているのは藤沢周平である。愛しているだけに取材が丹念で、
その分疑問が起こらないので、すらすら読める。
清河の行動に、当時のぺリー来航、安政の大獄などの誰でも知っている幕末の出来事が、
オーバーラップして描
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告