中古品
¥ 800
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙カバーには擦り傷と端にはヨレがあります。本の中は比較的綺麗で書き込み、ページの折れ、汚れなどはチェックした限りでは確認できませんでした。もし、商品に問題があった場合は評価前にご連絡いただければ、返金等対応いたしますのでご一報ください。ご注文を頂き次第24時間以内に速やかに発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

四間飛車道場〈第8巻〉銀冠VS穴熊 (東大将棋ブックス) 単行本 – 2002/12

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 800
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 将棋| 将棋入門、手筋マニュアルなど将棋の指し方から、将棋世界(雑誌)など、幅広いジャンルの本をラインアップ。将棋の本ページへ。


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

四間飛車穴熊にとって銀冠は天敵といえる戦法だった。玉が堅いうえに発展性や攻撃力があり、穴熊側は作戦負けを強いられるケースが多かった。しかし、堅さよりもバランスを重視する6三金型が発見され、互角の戦いができるようになった。すると、今度は銀冠側が新手法を考案する。6筋で歩が交換され、中盤から一触即発の状態が続くのが最近の流行だ。本書にはそんな最新の攻防がびっしりと収められている。本書を読まずに四間飛車は語れない。

内容(「BOOK」データベースより)

四間飛車穴熊にとって銀冠は天敵といえる戦法だった。玉が堅いうえに発展性や攻撃力があり、穴熊側は作戦負けを強いられるケースが多かった。しかし、堅さよりもバランスを重視する6三金型が発見され、互角の戦いができるようになった。すると、今度は銀冠側が新手法を考案する。6筋で歩が交換され、中盤から一触即発の状態が続くのが最近の流行だ。本書にはそんな最新の攻防がびっしりと収められている。本書を読まずには四間飛車は語れない。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 221ページ
  • 出版社: 毎日コミュニケーションズ (2002/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4839908656
  • ISBN-13: 978-4839908652
  • 発売日: 2002/12
  • 梱包サイズ: 18 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 883,656位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

2002年12月28日
形式: 単行本
0コメント| 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告