通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
四畳半神話大系 (角川文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 神戸ブック
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ヤケ、擦れ、軽いヨレが見られますが、その他特に大きな損傷などなく概ね良好です。アマゾン掲載画像とカバーデザインなどが違うことが御座います。中古品の為、使用感がある場合もありますがご了承くださいませ。【検品担当者より】中古品の為、できる限りの確認作業を心がけておりますが、もし見逃しがあった場合はご了承下さい。※土日、祝日出荷作業は行っておりません。2営業日以内にゆーメールにて発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

四畳半神話大系 (角川文庫) 文庫 – 2008/3/25

5つ星のうち 4.2 131件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 267
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 734
¥ 734 ¥ 131

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 四畳半神話大系 (角川文庫)
  • +
  • 夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)
  • +
  • 究極の男磨き道 ナンパ
総額: ¥3,067
ポイントの合計: 43pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

妄想してないで、とっとと恋路を走りやがれ!
私は冴えない大学三回生。バラ色のキャンパスライフを想像していたのに、現実はほど遠い。できればピカピカの一回生に戻ってやり直したい! 四つの平行世界で繰り広げられる、おかしくもほろ苦い青春ストーリー。

内容(「BOOK」データベースより)

私は冴えない大学3回生。バラ色のキャンパスライフを想像していたのに、現実はほど遠い。悪友の小津には振り回され、謎の自由人・樋口師匠には無理な要求をされ、孤高の乙女・明石さんとは、なかなかお近づきになれない。いっそのこと、ぴかぴかの1回生に戻って大学生活をやり直したい!さ迷い込んだ4つの並行世界で繰り広げられる、滅法おかしくて、ちょっぴりほろ苦い青春ストーリー。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 405ページ
  • 出版社: 角川書店 (2008/3/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 404387801X
  • ISBN-13: 978-4043878017
  • 発売日: 2008/3/25
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 131件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,075位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
1話目を読んだ時点では、
特に面白くもなく、つまらなくもない話だと思ってました。

2話目を読んでいる途中から、
繰り返される回りくどい表現に引き込まれ、
3話目を読む頃には、もう止まりませんでした。

そして、全てをまとめあげる4話目。圧巻でした。

何よりすごいのは、ここまでの興奮を味わっておきながら、
同時になにか汚いものに触れてしまったような気分になること。

登場人物が誰一人尊敬できないし、
起こる事件は心の底からくだらないのです(笑)

でも、(残念ながら)それが親近感にも通じるわけで、感情移入を誘います。
最高の1冊でした。
コメント 189人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この本は何も考えずに読んでもまこと面白い本である。
中高生が読んでも、大人が読んでも等しく笑えることだろう。
だがしかしもっと意味の深い価値がこの本にはある。
この世は可能性に充ち溢れすぎている。
少年漫画は夢を叫び、幕府の縛りが大きかった江戸時代などとは違い自由で豊かで無限の可能性に充ちすぎな世界にあてられて、フリーターは夢を追いかけ過ぎ、社会人は分を超えて働きすぎて体を壊し、政治家でもないのに政治に打ち込み過ぎ、そして大志を抱きすぎたプライドの高い大学生は現実に打ちのめされ倒れる。
「可能性という言葉を無限定に使いすぎてはいけない。我々という存在を規定するのは我々が持つ可能性ではなく不可能性である。」
これは作中の樋口師匠という人の言葉だが、本当にそうだと思う。
人や和歌などの作品はほどほどの制限の中で作られてこそ輝く。不可能性という枠がなければ、人も和歌もあれもこれもと欲張ってよくわからない不定形なものになるだろう。
だから自覚しなくてはならない。自分はどれを無理にやろうとすると誰かに過度に迷惑がかかり、自分に害を成すかを。
主人公であるプライドが高すぎた学生の「私」は終盤ようやく気付く。
「不毛と思われた日常はなんと豊穣な世界であったのか。ありもしない夢ばかり見て自分の足元さ
...続きを読む ›
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
京大の赤本とセットで購入をお勧めします。
読み終えた頃には貴方も京大志望です。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
あの時、ああすれば…
人生で必ず思ってしまうことです。

さえない『私』の人生はどの道を選んでもやっぱりさえない。、けれども大切な人達には必ず出逢う。
後悔することばかりでも、友人や好きな人に出会えることは幸せなのかもしれません。

現実世界の自分も、もしかしたら今とは違う選択肢を選んでもやっぱり大切な人には出会えてたのかなーなんて思います。

ユーモアたっぷりの文体で笑えて、これだけ考えさせられる本はあまりないと思います。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
森見登美彦の「四畳半神話体系」を読了。面白かったです。イイ読書時間でした。内容について書くとネタバレになるので書きませんが、4つの短編を全部まとめて楽しむのがよろし。いろいろ考えながら読み進めましょう。ただ単純な構成ではないと思いますよ。

で学生生活を描いた作品ですが、私もこんな生活を過ごしておりました。「薔薇色のキャンパスライフ」を夢見て上京しましたが、結果は本書のようなものでした。でもその怠惰な時間が私の人生には必要だったと思います。もしあの時・・と思ったところで、全然変わらなかったことでしょう。。。

気持ち良い読書体験をいただきました。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 京大生なのにダメ男、というバランス感覚が好もしい。ダメな学生のダメダメな下宿生活が延々と綴られるが、不思議と飽きが来ない。古風な諧謔文学を装った文体の中に、時としてほのかなやさしさがにじみ出ているところもいい。この人には本質的な育ちのよさを伺わせる愛と公平さと謙虚さがあると思う。たいした描写が割かれているわけでもない「明石さん」がかわいい女の子であることがなぜか伝わってくるあたりも巧みだ。
 一見、コピペを駆使した手抜きとしか見えない同工異曲の「ヴァリアント」を並列させているようだが、実はまさにそこにこそ仕掛けがあるのであって、最終章でそれがあきらかになったときには思わず膝を叩いた。それに、終盤のパラレルな四畳半巡りの旅には、「学生であること」をめぐるいろんな寓意を読み取ることも可能で、意外に深いなと感じさせる。
 ただ、事実つい最近まで「学生」であったこの人が、「学生」でなくなったときに何をどう描くのか、という点は気になる。間違いなく実力はある人だと思うので、今後のスタンスの取り方に注視したい。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー