通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
四段式狂気 (角川ホラー文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【良い】外側全体的に綺麗な状態です。中のページも書き込みは無く綺麗で、全体的に状態は良好です。あくまでも中古品という事をご理解の上ご検討頂ければと思います。アルコール消毒後梱包。郵便局のゆうメールにて発送させて頂きます。Amazon 専用在庫の為、売り切れはございません。十分に検品しておりますが、稀にチェック漏れが有る場合が有りますので、お気づきの際にはご連絡くださいませ。速やかに返品・返金にご対応させて頂きます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

四段式狂気 (角川ホラー文庫) 文庫 – 2014/8/23

5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 562
¥ 562 ¥ 198

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 四段式狂気 (角川ホラー文庫)
  • +
  • 18禁日記 (TO文庫)
総額: ¥1,210
ポイントの合計: 18pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ストーカーに悩むマユリと、マユリを守りたいリョウタ。噛み合わない2人の行動はやがて複雑に絡み合い、狂った現実が明かされていく。4度反転する世界で、正常なのは誰なのか――。

内容(「BOOK」データベースより)

女子高生のマユリはストーカーに悩み、親友に相談する。マユリを守るためにリョウタは身辺警護を始めるが、2人の行動はなぜか噛み合わない。やがてマユリは犯人に辿り着き、衝撃の真実が明らかになる。しかし、それは新たな狂気の始まりにすぎなかった―。逆転につぐ逆転の連続で、目の前の現実が揺らいでいく。醜く歪んだ世界の中で、正常なのは誰なのか。必ず4度ダマされる。驚愕必至のミステリー・ホラー!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 255ページ
  • 出版社: KADOKAWA/角川書店 (2014/8/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4041019702
  • ISBN-13: 978-4041019702
  • 発売日: 2014/8/23
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 471,544位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
前半の意外性は、既視感バリバリの叙述トリック。うんざりするほど、いろいろな作品でやっている手法。ただ、真相が、意外で、気持ち悪い。そりゃ無理だろうって感じ。後半の展開は、アクションあり、面白い。ラストのオチは想像できる。でも、最終ページの、深海の底に落ち着くような静かな余韻は、清々しささえある。読後感は、乱歩の夜の夢こそ~みたいで、好感。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
一冊で「4つの違う物語」を味わったような読み応えは、まるでホラーのコース料理。
一段ずつ潜るごとに登場人物達の表情は変わり続け、大いに狂気を体感できる。
もしかしたら私の認識する真実と現実も合致していないんじゃないか?…という戦慄の余韻がまだ続いている。
純粋に恐怖だけで泣いたのは初めて。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
青春小説のような始まりから、ラストの狂気は考えられません。ただ、それさえも狂気なのか。途中先の展開が読めるものの、終盤に向かうまでページをめくるのが止まりませんでした。人間って怖いですね。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 f14 投稿日 2016/8/21
形式: Kindle版 Amazonで購入
やっぱり、二宮敦人はこうでなくちゃ。
単なる推理物ではない、ホラー、猟奇的要素も含めて、一気読みしたくなるような。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
五段式狂気・・・ですね。最後には読んでる自分が発狂します。毎日の平凡な生活に飽き飽きしてるそこのアナタ、是非この本を読んでみてください。きっといつもとは全く違う別世界にのめりこめること間違いなしです!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告